フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

どうやって独立したのか?企業に一度も就職することなく自然に独立したプロセス

私はライターやWebマーケッターとしてフリーランスの活動をしています。

大学を卒業後、大学院に進み、その後大学院を中退して独立することになりました。

そんなこと言われたら、「一体、お前はどうやって独立したんだよ?」って疑問を持たれるかもしれません。

学生さんや会社員の方からしたら、難しそうに思えるかもしれませんが、当時の私からすると決して簡単ではなかったものの、「自然に」独立しました。

試行錯誤はたくさんしましたが、そんなに苦しかったという感覚もありませんでした。

そこで今回は、私がどのようにして独立していったのか?流れを書きたいと思います。

目次


1.どうやって独立したのか?

私が独立したのは23歳の大学院1年から2年に学年が変わる前後のところでした。
正式に言えば、いきなり大学を辞めて独立したわけではなくて、1年休学して大丈夫そうだなと思ったので退学しました。

休学時に独立したと考えて問題ないと思います。実質、その時点でフリーランスとして仕事をしていたので。

今、私は35歳なので、ちょうど12年前の話ですね。
結構前の話です(汗)

そもそも、自分でビジネスをやろう!
と思ったのが大学3年生のときの4月くらいなので、2年くらい準備期間があったことになります。

具体的に何をして独立したのか?

といいますと、ズバリ「アフィリエイト」です。

当時、自分にもできそうだなと感じた稼ぎ方は、有料で売ることができる自分のコンテンツ(情報商材)を作って販売する「情報起業家」になることか、代理店のように他人の商品を売って稼ぐ「アフィリエイター」の2つのどちらかだなと考えていました。

ただ、自分の商品を作るのは何を作っていいかわからなかったので、すでに売る商品が用意されていて、自分は集客に専念できるアフィリエイトがやりやすそうだなと思って始めてみました。

その後、何十冊も本を読んだり、アフィリエイトで稼ぐための情報商材を買ってみたり、ほかの人の見よう見まねでブログを立ち上げてみたり・・・

いろいろやってみたのですが、最初はうまくいきませんでした。

売れるようになったきっかけは、集客方法を学んで実践したことと、稼ぎやすいジャンルに取り組むようになったことでした。さらには人との出会いが大きかったですね。

最初に月10万円以上の収入を得られたのは、株式投資の情報発信をするブログとメルマガを立ち上げて、そこで証券会社の口座開設のアフィリエイトをしたり、投資系の情報商材をアフィリエイトで販売していたりしました。

その実績を元に、初心者向けにインターネットビジネスで稼ぐ方法を教えるブログとメルマガを立ち上げ、そこにも収入の柱を作りました。

扱っていた商品は情報商材が多かったです。情報商材というと、今では詐欺師が扱う代表的な商品みたいに考えている人もいる気がしますが、まじめにやっている人は本当にきちんとした商品を販売してサポートもしっかりやっています。

私は自分で購入したり、販売者の方からモニターで提供してもらった商品の中から、これは本当に使えそうだなと思ったものをレビューして紹介していました。

当時、メルマガを使った集客がとてもしやすくて、さらにメルマガの反応率も良かったので、ブログもしていましたが主な収益源はメルマガからのアフィリエイト収入でした。

2. どんな失敗談があったか?

失敗はたくさんしましたが、始めてはみたけど稼げないブログはよく作りました。

例えば、「早起きして意識の高い生活するぞ!」という趣旨で「大学生の早起き日記」というタイトルのブログとメルマガを書いていたのですが、当然そんな発信をしてもアクセスが集まるわけありません。早起きも挫折しちゃいましたし(笑)

今でこそ朝活とか睡眠にフォーカスがあたり、多少は早起きに対する世の中のニーズはあるかもしれません。

が、早起き日記ではダメなのです(笑)

でも、そうして発信したことがきっかけで、あるメルマガ発行者の方から大学生向けのイベントの紹介依頼が届き、それをきっかけに交流するようになり、今でも付き合いがあるという繋がりができたので、お金こそ稼げませんでしたが前進にはなっていました。

あながち失敗談でもなかったのかもしれませんが、稼ぐのには失敗してしまいました。

3. 成功につながった行動は?

失敗が続いていた中で、成功につながった行動。
それは、うまくいっている人に会いにいったり、つながりを持ったということがあります。

まずは、自分が「こういうふうになりたいな。」思える情報発信者の人にメルマガの感想メールなどを定期的に送る習慣をつけました。

さらに、セミナーや飲み会など、うまくいっている人と会える機会があったら可能な限り会いにいくようにしました。

そうすることで、うまくいっている人の情報が入ってくるようになり、自分自身のモチベーションも高まりました。

そういえば、先日こんなツイートを読みました。


これは本当にそのとおりだと感じています。

私も独立する前後は、めちゃくちゃ繋がりを作りましたね。

知り合いレベルであればフリーランスの知り合いは100人以上いたと思いますし、自分が何かしようとしたときに紹介してくれる人というのも、その中から出てきました。

独立するために必要なスキルやノウハウ以前に、同じ方向に向かう仲間がいて情報交換ができて、独立して稼ぐことが当たり前だと思える環境に身を置けたのはとても良いことでした。

環境が整えば、ほかの必要なものもあとからついてくる気がします。

4.これから独立したい人へ

私がやって良かったなと思ったことを3つ提案します。

4-1 スキル高めるために学ぼう

自分の行うビジネスに関する知識やスキルは最低限必要なので、必要だと思ったことはとことん勉強して実践していく必要があります。

特に集客のスキルは必須です。何をやるにしても集客が必要です。どうしても商品やサービスを一生懸命作ることに目が行きがちですが、集客をしなければどうにもならないことは知っておきましょう。

無料公開されている記事だけでも、集客に役立つノウハウってたくさんありますので、何を始めたらいいか分からない場合はこういったところから始めてもいいですね。

以下、最近読んだ中で集客に関していいなと思った記事を3つ紹介します。

ブログの書き方

Twitter集客の方法

アフィリエイトで稼ぐ方法

3つ同時にやるのは大変なので、どれか1つ集中してやってみると良いですね。

4-2 アウトプットしよう

勉強家の方はインプット過剰になりやすいので、アウトプットを意識すると良いです。アウトプットというのは、体を動かしているかどうかですね。

キーボードを叩いて手を動かす、しゃべって口を動かす。など、体を使って発信していればアウトプットです。本を読む、セミナーに行く、音声や動画を視聴するのはインプットです。

収入が発生したり、自分の成長はアウトプットをすることで加速していくので、徹底的にやりましょう。

4-3 仲間を作ろう!

同じ方向に向かう仲間と出会い、一緒に進んでいける環境に身をおくこと。今ではオンラインサロンのようなコミュニティがあるので、参加して同じ方向に向かう人たちと一緒に学び実践していける環境を作っていくことができます。

特定のコミュニティに所属しないにして、定期的に会える同じ方向に向かう仲間やアドバイザーの人はいると心強いです。
そういった人と出会えるよう意識して行動してみてください。

おわりに

最後に、一応警告しておきたいのですが、私は会社を辞めて起業したり、学校を出てから就職することなく独立することを決しておすすめするわけではありません。
むしろ、十分に準備せず勢いで独立してもうまくいかないケースも多いです。

ですが、「学校を出たらまずどこかの会社で働く」という価値観があまりにも強く、それ以外の選択肢はなかなか選ばれないことも多いのではないでしょうか?
それ以外の選択肢もあるよ?と提案をしつつ、希望する人にはその道を示していきますね。