フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

「75の整理術」を読んで部屋が片付いた話

数ヶ月ぶりに自宅の机と、その周辺がきれいに片付きました。

そのきっかけの1つは苫米地英人さんの著書「75の整理術」を読んだことであったように思います。

苫米地さんの著書にはコーチングや脳科学の知識を元にしたものが数多くあります。
というか、ほとんとの著書がそうですね。

そして・・・

「75の整理術」ではコーチングや脳科学の視点から「片付け」がどういう意味を持つか。

さらには、どのようにすれば片付けや整理整頓をできる自分になれるのかという話。

その上実は、片付けや整理整頓が夢や目標の実現にも大きく影響していることを主張している1冊でした。

そのことを知ることで、「片付けなきゃ!」と進んで片付けたくなったので、きっと私の部屋はきれいになったのでしょう。

そんな、「75の整理術」を読んで私に起こったことをまとめてみます。

片付けをしようと思ってもやる気が起きない理由

あなたは片付けをするときに、どんな気持ちでやりますか?

片付けたほうがいいんだろうなと思っても、どこから手を付けたらいいかわからなかったり。

そもそも、片付けるやる気が起きない。ついつい日常の仕事や家事のタスクを優先させてしまう。

そんなことってありませんか?

片付けをやる気が起きない理由の1つは「汚い部屋を何とかしてきれいにしなければいけない」という義務感であると「75の整理術」の中で苫米地さんは語ります。

実際、義務感は感じていたかもしれません。

「しなければいけないけど、とても面倒なもの」

と思ってしまうと、片付けは面倒なものとなり、やる気も当然起きません。

片付けるために断捨離をしても元に戻る理由

さらに驚くべき、部屋が片付かない理由。

それが、「自分の役割が定まっていない」そもそも「自分の夢(なりたい自分)」が設定されていないから。

という理由によって、部屋が片付かない。

なりたい自分が定まっていないと、部屋を片付けてもすぐにまた散らかってしまう。

そんな驚くべき理論を「75の整理術」の中では伝えられています。


私自身、以前こんまりさんこと近藤麻理恵さんのベストセラー本「人生がときめく片づけの魔法」を読んで断捨離に目覚めたことがあります。

こんまりさんのメソッドは、たしかにとてもきれいになって断捨離にも成功できたように感じました。

片付けの方法論も非常に明確に書かれていました。

ですが、引っ越して新しい家に住み始めると、また散らかった部屋に逆戻りしてしまいました。

もう1回、こんまりさんのやり方で、片付けをする気にはなれませんでした。

苫米地さんの考え方で言えば、私は「なりたい自分」を見失っていて、自分の役割も理解できていなかったのかもしれません。

部屋をきれいに片付けて夢を実現するためのワーク

部屋が片付かないことは自分の役割が明確に決まっていなかったり、役割が他人から押し付けられたものであるため。

そして、自分の役割を決めるためには夢(ないたい自分)を設定すること。

という、驚くべき関係を「75の整理術」では伝えているものでした。

ですので、片付けをする前に「なりたい自分」が決まっていない人はなりたい自分を決める必要があります。

私はちょうど、「75の整理術」を読む少し前に、「なりたい自分」を明確にする機会がありました。

だからこそ本を読むだけで「片付けよう」という気持ちになれて、実際に片付けることができたのかもしれません。

ですが、まだ「なりたい自分」が決まってなくても、決めるためのワークも本書の中では提案されているのでご安心ください。

・過去に達成した出来事を書き出す

・夢を達成して味わいたい感情を知る

・自分の夢を設定する

・自分のアファメーションをつくる

・各部屋の役割を決める

・各部屋にあるモノの役割を決める

・捨てるものと取っておくものを分ける

・表に出しておくものとしまっておくものを分ける

といたワークを順番にやっていくことで、部屋は片付きどんどん夢の実現にも近づいていくそうです。

なんだか、ワクワクしてきませんか?

してきたら、早速ワークをする時間を確保しましょう!

もちろん、本を手元に置きながらの方が、ワークは進めやすいかと思います。

「75の整理術」はKindleUnlimitedでKindle版の電子書籍が無料読みできるので、KindleUnlimitedを導入するのはおすすめです。

KindleUnlimitedの30日間無料登録はこちら

↓ ↓ ↓

※スマホやPCからでもKindleの電子書籍は読めます。


苫米地英人さんの本の多くはKindleUnlimitedで無料で読むことができるので、興味を持ったらこの機会に何冊か読んでみると、苫米地さんの主張やノウハウを体系的に学べるので良いと思います。

片付けに関する本はたくさん出版されています。

そんな中で、私にとって即効の効果があったのが「75の整理術」でした。

進んで「部屋を片付けたい!」と思えて、実際に行動にうつすことができるパワーを貰えた1冊だったので、おすすめです。