モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

「NHKから国民を守る党」の研究

えらいてんちょうこと、矢内東紀さんの著書『「NHKから国民を守る党」の研究』を読んだ。

f:id:moriya-shinichiro:20191231213746j:plain

ネット上ではえらてんさんと呼ばれていますね。

イベントバー「エデン」をフランチャイズ展開する経営者であると同時に、YouTuberとしても活躍しています。宗教ネタなどが人気コンテンツのようです。

一時期、私もえらてんさんのYouTubeはよく見ていましたが、あまりにも批判の発言が多いので、ここ一ヶ月くらいはやや距離を置いて見ないようにしていました。正直、見ていて嫌になります。

一方で、独自の視点から世の中に切り込んでいく姿勢は、興味深くもあります。

そして、「NHKから国民を守る党」の立花孝志さんのYouTubeも一時期見ていました。

興味を持って見ていた、えらてんさんが「NHKから国民を守る党」を語る本を出すということで、発売が決定したらすぐに予約。

12月になってようやく届いたので要約と感想をまとめてみます。

立花孝志さんとはどんな人なのか?

本書の第一章では、「NHKから国民を守る党」の党首である、立花孝志さんはどんな人なのかが語られています。

多くの党員が所属する「NHKから国民を守る党」ではありますが、事実上立花さんが独裁をするワンマン運営の政党です。

N国党を知るなら、立花さんのことを知る必要があるというのは間違いありません。

立花さんが学校を卒業して、NHKの職員となり、その後退職してパチプロとなり、YouTuberとなり、議員に至るまでの概要がまとめられています。

本書の一貫して伝えていることとして、立花孝志さんおよび「NHKから国民を守る党」は危険性を持った人物、および団体であるということです。

立花さんのYouTubeを見ていると、とにかく次から次へと新しいことを始めて、面白いなというのがいち視聴者として感じるところです。

立花さんに限らずYouTuberというのは、そうしてどんどん新たなエンターテイメント要素を盛り込みながら発信していくことが、人気を獲得するためには必要になるものです。

だからこそ、しゃべるのがうまい人、独自の考え方を持っている人は支持を集めることができます。

YouTube活用の可能性について

YouTuberでもある、えらいてんちょうさんならではの視点として、YouTuberとしての立花さんについて解説をされています。

この立花さんの活動と「NHKから国民を守る党」の躍進を見る限りでは、YouTubeという媒体の可能性を思い知らされます。

無名の人であっても、検索や関連動画などから動画再生数を増やすことができ、接触頻度を増やして視覚と聴覚両方から訴えかけることでファンが増えていく。

それが、ほとんど無料でできてしまうというのが凄いところです。

たしかに立花さんは頭の回転が早くて、しゃべりもできる人だからこそ、YouTubeに向いていたというのはあります。

「とにかく喋り続ける能力に長けている上、ユーチューブという媒体に残すことによって、「いつでも喋っている」という状態を実現できる。ユーチューブは多くの場合一人で視聴するため、同じ主張、同じ論理を繰り返し長時間聴くことで、立花のコピー人間がつくられていく、という具合である。

本書からの引用になりますが、ここがポイントですね。

YouTubeは大きな可能性を持った媒体ではありますが、「喋り続ける能力に長けている人」に有利な媒体ではあります。

トーク力が弱い人だと、もちろん編集などを入れることでYouTubeを活用していくことはできるでしょうが、その分クオリティを上げていく労力がかかります。

編集ほとんどなしの一発撮りで、ある程度のクオリティの動画が作れてしまう人であれば、それこそスマホ一台あれば見るに耐える動画を量産することができます。

この手軽な発信を継続して、YouTubeを通して集客と信頼構築ができてしまう仕組みというのが本当に革命レベルで凄いことなのです。

正直、私はYouTubeに一発撮りで動画を上げられるほどトーク力があるわけではないので厳しいのかなとも思いますが、これだけの可能性がある媒体ですから、どこかで活用していったほうが良いとも感じます。

他団体、人物との比較

第三章では山本太郎さんの「れいわ新選組」、オウム真理教、ナチスドイツ・ヒトラー、余命三年時事日記、トランプ現象、連合赤軍、毛沢東の文化大革命、イスラム国「グローバルジハード運動」などと比較してN国党との共通点や違いが語られています。

まさに『「NHKから国民を守る党」の研究』という本のタイトルにふさわしい、研究結果とも呼べる章になっています。

結論としては、立花さんやN国党はオウム真理教でもヒトラーでもありません。

ただし、その共通点が一部あるという点で、方向性を間違うと世の中を悪い方向に動かす可能性がある。

それを指摘した章だと言えます。

エンターテイメントと洗脳

多くの人はYouTubeをエンターテイメントとして活用しています。

私の4歳の子供ですら、YouTubeを見せると延々と見続けます。

ちょっとやばいと感じたので、今は動画を見せるのは辞めさせています。

しかし、大人になったら大丈夫かと言われたら、決して大丈夫ではないのです。

動画というのは音声、画像、テロップがある場合は文字という、情報がとにかく入ってきやすい媒体です。

ブログであれば、能動的に読もうと思わないと情報が得られません。

一方で、YouTubeであれば、ただ眺めているだけで情報が入ってきます。

しかも、文字による言語情報だけではなく、しゃべる人物の声、動き、そのすべてが情報として入ってきます。

さらには関連動画として、1つの情報に触れたら、次々と似たような情報に長時間触れることになりかねません。

それは楽しいものではありますが、ハマり続けることの危険性は考えないといけません。

単に時間を浪費しているだけならまだ良いかもしれません。

特定の人物のYouTubeを見続けることで、その人の思想に染めることは決して難しいことではないのです。

その思想が良いものであるとも限りません。

楽しいので、ついつい動画を見てしまいますが、単に視聴者として見るだけではなく、最終的には発信者として発信する側にまわることで、得られるものは多い。

そんな、エンターテイメントとして優れていつつも、洗脳ツールとしても使えてしまうYouTubeの可能性と危険性を、本書を通じて改めて感じました。

情報発信者としては、このYouTubeというツールは発信に活用しない手はありません。

特に、しゃべるのが得意な方は、これほど心強い発信ツールはないと行っても過言ではないでしょう。

「最近話題のN国党ってどうなの?」という方にはおすすめです。

なお、本書の補足として著者のえらてんさん(矢内さん)および、N国党の党首である立花さんのYouTubeチャンネルは合わせてチェックしておくことで理解が深まることでしょう。

えらいてんちょうさんこと矢内東紀さんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com

立花孝志さんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com

堀江貴文さんの「時間革命」より「行動量は情報量に比例する」

ホリエモンこと堀江貴文さんの「時間革命」を読んだ。

f:id:moriya-shinichiro:20191230231934j:plain

【バカに恵む時間はない!1秒もムダに生きるな】

というサブタイトルのとおり、強烈な堀江さんの持論が展開されている1冊。

久しぶりに読んだ堀江さんの本ですが、いつもどおりな内容だなという感じ(笑)

そんな中、印象に残ったこと。これはやろうと思ったこと。それは「行動と情報」の関係性について述べられたことでした。

行動量は情報量に比例する

堀江さんは『「行動力」などない』と断言します。

常識を疑い、自由に行動することが自由な時間を増やすコツ。

常識から解放されるためには「動き続けること」が大切だと堀江さんはいいます。

そこでよく言葉にされるのが「行動力がない」と悩む人。

堀江さんが、すぐ行動できる人とそうでない人の違いを生み出しているのは「情報量」だと考えています。

動き続けるためには情報量を増やしさえばいい。

情報量を増やしたら混乱して逆に動けなくなりそうな気がするので、この発想は逆転の発想でした。

堀江貴文さんがほかの人と違うところ

堀江さんがほかの人と違って飛び抜けていることの1つ。

それは圧倒的な量の情報に触れて、それを処理していることだといいます。

浴びる情報量は桁が1つか2つ分くらい違うとのこと。

普通の人の情報に触れる量がどのくらいなのか知りませんが、きっと凄い量の情報と堀江さんは接しているのでしょう。

このたくさんの情報に触れるということを、本書を読んでやってみることにしました。

情報のソースや質はどうでもいい

情報収集に使うツールは普通のニュースアプリで良いとのこと。

LINEニュース、SmartNews、NewsPicks、グノシー、antenna、Twitterなどが例として挙げられていました。

これらをひととおり巡回して膨大な量の情報に触れる。情報の分野も興味のあるものだけでなく、食わず嫌いはしないで何でも見る。

記憶する必要もなく、単にシャワーのように浴びるだけで良いとのことです。

アウトプットをすることで定着する

ただし、意識したほうがいいのは、インプットだけで終わらせずにきちんとアウトプットをすること。

NewsPicksの場合はコメント機能があるので、気になったニュースには一言コメントを加えるているそうです。たしかに、NewsPicksでよく堀江さんのコメントを見かけます。

NewsPicks以外のアプリの場合、ツイートボタンがついているものが多いので、気になったニュースに関してはTwitterと連携して一言感想を言ってツイートすると良いアウトプットになりそう。

ニュースアプリを使ってみた結果

実際、ニュースアプリをいくつかダウンロードして、スキマ時間にチェックするということを始めてみました。

まず感じたのは「目が疲れる」ということ(笑)

あまり長時間やるのは物理的に厳しいし、そもそも長時間やるようなことではないので、スキマ時間にささっとやる習慣にするのが良さそう。

一方で、やり始めたからといってすぐに結果が出るような行動でもないと思うので、継続して情報と接し続ける中で、知識が増えて行動が加速されていくのだろうかと思い続けてみることにします。

時間革命を読んで「多動力」を身につけるためにしていくこと

まずは、ニュースアプリをダウンロード。(最低3つ)

スキマ時間に大量の情報インプットを目指す。

インプットした情報は記憶しようと思わず、とにかく大量の情報に触れることを目指す。

インプットだけで終わらせないで、コメントやツイートなどを駆使してアウトプットをしていくことで使いこなせるようにする。

この繰り返しで「多動力」がつくのかなぁ。

まずは、継続していくことを目指します。

【書評】私たちは子どもに何ができるのか 非認知能力を育み、格差に挑む

f:id:moriya-shinichiro:20191115225412j:plain
メンタリストDaiGoさんのYouTubeの中で紹介されていた「私たちは子どもに何ができるのか」を読んでみたので書評を書きたいと思います。

読みものとして、とても興味深い内容だなとは感じました。

主に世界の貧困層の子供と富裕層の子供の教育格差を無くすには?

というテーマのもとで、子供の教育に本当に必要なのはどんなことかを科学的根拠(エビデンス)に基づいて考察していきます。

これは先生など子供の教育に関わるお仕事をしている人。

また、子供の教育に関わる行政の関係者や政治家の人などには、ぜひ読んでほしい1冊だなと感じました。

具体的な子育てノウハウというよりも、広い視野に立った教育論ですね。

正直、「こうすればいい」という具体的な指針にはやや欠けていると感じました。

その中でも、ここは抑えておいたほうが良さそうだというポイントをいくつか挙げてみます。

非認知能力って何?

まず、本書のタイトルにある「非認知能力」とは何なのかを知っておかないと話を理解できません。

非認知能力というのは、「粘り強さ」「誠実さ」「自制心」「楽観主義」など、困難を乗り越えて成功するために役割を果たす【性格の強み】とも呼ばれる気質であると定義しています。

これらの気質は環境を整えることで伸ばすことができるというのです。

人の気質は遺伝的なものによっても決まりますが、その多くは環境によるということなんです。

貧困な家庭と裕福な家庭で学力が違うのも、環境が違うから結果として非認知能力に違いが出て、学力に反映されていくと考えられるのです。

動機づけの方法

必ずしもやりたくないけど、やらなければいけないことにどう取り組むか?

これは、子供に限らず大人であっても、成功する人としない人の態度の違いとして大きな要素のように思えます。

「好きなことを仕事に」といいますが、どんなに好きな仕事であっても、進めていく中でやらなければいけない、苦手な作業だって必ず出てきます。

そこで大切になってくるのが「自律性」「有能感」「関係性」の3つ。

それぞれ、以下のような状況において、伸ばしていけるようになります。

「自律性」→自分で選んで、自分の意志でやっているのだという実感を最大限に持たせる。管理、強制されていると感じさせないとき

「有能感」→やり遂げることはできるが簡単すぎるわけではないタスク、現在の能力をほんの少し超える課題を与えられたとき

「関係性」→好感を持たれ、価値を認められ、尊重されていると感じるとき

この3つのキーワードと、それぞれを伸ばしていく考え方は、子供の教育において意識していくと良さそうです。

失敗を乗り越えるための信念

動機づけをもっと掘り下げていくと、「失敗を乗り越える」ためのマインドセットが確立しているかどうかが大切になってきます。

どういう考え方を持っていると、失敗を乗り越えることができるのか?

それは、以下の4つになります。

①私はこの学校に所属している

②私の能力は努力によって伸びる

③私はこれを成功させることができる

④この勉強は私にとって価値がある

そう思えるような声がけと介入をしていくこと。

それが、非認知能力を高める環境であるということになるのです。

これも、子供に限らず大人も同じだよなと感じることではありますね。

では、それぞれの信念をどうやって伸ばしていくか?

それは本書からは私は読み取ることができませんでした。

いわゆる進学校の場合、この4つの信念が平均的に高い集団になっていると言えそうです。

だからこそ、子供に良い影響を与える環境を選んであげることが大切。

一方で、家庭でも、この4つの信念を強化するような声がけがどんなものかを考えて話しかけていくと良さそうですね。

まとめ

私たちが子供に何ができるのか?

それは、「粘り強さ」「誠実さ」「自制心」「楽観主義」などの非認知能力を高められるような環境を作ってあげること。

失敗を乗り越えることができるマインドセットが持てるように、声をかけて自信が持てるような子供にしていくことが大切なのです。

さまざまな事例やエビデンスが満載で、確実性の高い子供の教育に関する情報がまとめられた1冊になっています。

本書の内容を国や地域における教育に盛り込んでいけば、国や地域の教育レベルが向上することになるでしょう。

一方で、個人レベルで見たら、子供の環境を整備することがどれだけ大切かということがわかります。

具体的な行動に落とし込んでいくためには、さらに掘り下げて考えていく必要はありますが、エビデンスに基づいた正確な情報という意味で、とても信頼性のある本だと言えます。

中古本は今のところ結構高いです。電子書籍も良いですが紙の本の新品をAmazonで手に入れるのがおすすめです。読み終わったらメルカリで売れば結果的にかなり安く情報が手に入ります。