モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

PDエアロスペースの宇宙ハウス募集説明会

PDエアロスペースという会社を知っていますか?

私は、なにかの機会に偶然PDエアロスペースの会社のメルマガを購読したのですが、ズバリ「宇宙ビジネス」に取り組んでいる会社です。

具体的には有人宇宙飛行機を飛ばすための機体を開発している名古屋の会社なのです。すでにANAやHISなどから出資を受けて事業に取り組んでいるそうです。

今回、そんなPDエアロスペースにてボランティアスタッフを幅広い分野で募集するということで、子供の頃から宇宙開発に興味があった私は説明を聞いてみることにしました。

説明をしてくださったのは、PDエアロスペース社長の緒川修治さん。

長年、自宅の倉庫を改良した場所でエンジンの実験をしていて、ここ数年でようやく会社の規模も大きくなって専用の実験ができる会社の建物も確保したのだそうです。

そんなPDエアロスペースさんのやっているビジネスの説明と、ボランティアの募集に関する説明が今回の説明会では行われました。

写真を撮影してSNS等で紹介しても良いということだったので、少し遅くなりましたがブログにまとめてみたいと思います。

4つの宇宙飛行タイプ

f:id:moriya-shinichiro:20190903201832p:plain
宇宙飛行機のタイプは主に4つあるそうです。

①人工衛星のように地球の周回飛行

②打ち上げて戻ってくる弾道飛行

③地球以外の天体に向かっていく軌道間遷移飛行

④地球上の2地点の間を宇宙空間を介して移動する極超音速機

PDエアロスペースさんは①、②、④の分野にまたがっての宇宙飛行機を作ろうとしているようです。

海外と日本の宇宙ビジネスに取り組む会社

海外を見ると、それぞれ4つのタイプの宇宙飛行機を作る宇宙ビジネスを行っている会社はベンチャー企業だけでも何社もあります。

f:id:moriya-shinichiro:20190903202057j:plain

有名なのはイーロン・マスクのスペースX、Amazonのジェフ・ベゾスが出資している会社などですね。

一方で、日本では大企業の三菱重工とIHIを含めても、わずか7社しか輸送系の宇宙ビジネスをしている会社はないのだそうです。

f:id:moriya-shinichiro:20190903202133j:plain

PDエアロスペースさんは、その中の貴重な1社ということですね。

宇宙ビジネスの市場規模

宇宙ビジネスの市場規模は、約1,869億円(2014年度)だそうで。

これだけ見ると、まずまず大きい数字なのかなと思いますが、日本の主要産業である自動車産業などと比べたらごくごくわずかな規模です。

今回の説明会で、日本の各産業の市場規模の比較図を見せていただきましたが、宇宙産業の市場規模は図で示したら豆粒程度です。

f:id:moriya-shinichiro:20190903202218j:plain

これを、まだまだ伸びる余地があるチャンスと見るか、これだけしか市場規模がないのはチャンスが少ないと見るかですね。

パルスデトネーションエンジンを使ったロケット燃焼

PDエアロスペースで作っているロケットエンジンは、パルスデトネーションエンジンを使っているそうです。

これ、ちょうど私が大学生のときに行きたかった研究室が、パルスデトネーションエンジンの研究をしていたので、凄く奇遇だなと思いました。

結果的に、私は抽選に外れて行きたかった研究室には行けなかったのですが、こうしてパルスデトネーションエンジンの実用化を目指している会社があるというのは凄いことだと感じました。

週末の宇宙開発ボランティア「宇宙ハウス」とは?

そんな、パルスデトネーションエンジンを実用化して、宇宙飛行機を作ろうとしているPDエアロスペースさんですが、まだまだ新しい会社であり小さな会社で人的リソースが足りないそうです。

そこで、宇宙ビジネスに携わりたいボランティアの人を、広く募集しているとのこと。

その宇宙開発ボランティアのプロジェクトを「宇宙ハウス」と呼んでいるそうです。

f:id:moriya-shinichiro:20190903202324j:plain

ロケットエンジンの開発に携われる人はもちろんのこと、営業、法務、事務、企画や広報など多岐にわたる分野で必要とされる人材がいるとのこと。

宇宙ビジネスに携わりたいけど、いきなり今の仕事を辞めてまで、宇宙ビジネスの会社に行くのはちょっとなぁ。という人もいると思います。私もその一人です。

そんな人にとって、うってつけのプロジェクトですね。とても夢があります。

私の専門分野である、WEBマーケティングの分野も、広報の一部として必要とされていそうなので、ボランティアに応募してみようと思っています。

そろそろ締め切りになるはずなので、書類を書かないと。

ドラえもんの誕生日らしいから藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた感想を書いてみた

最近、子供がドラえもんにめちゃくちゃハマってます。

パソコンを使ってAmazonプライムのドラえもんを見せていたのですが、あまりにもパソコンを使われる時間が長くなるので、Amazonの Fire TV stickを買って、テレビでドラえもんを見てもらうようにしました。

そんな状況なので、ドラえもんミュージアムこと、藤子・F・不二雄ミュージアムにつれていったら子供が喜ぶかなぁと思ったので行ってきた感想や写真をまとめたいと思います。

今日9月3日はドラえもんの誕生日だそうで、なかなかブログを書けてなかったけどちょうど良いタイミングかなと。

藤子・F・不二雄ミュージアムのチケットの取り方

f:id:moriya-shinichiro:20190903131621j:plain

藤子・F・不二雄ミュージアムのチケットはローソンで買うことができます。というかローソンでしか買うことができません。

「日時指定制」で 10:00 / 12:00 / 14:00 / 16:00 / のどこかを選択して入場することができます。

価格は 大人1,000円、中高生700円、子ども(4歳以上)500円 です。

早い時間帯から売れていくことが多いようです。

前日でも予約がとれる場合もありますが、土日祝日は混むことが予想されるので、なるべく早めにチケットを確保したほうが良いと思います。

私も翌日のチケットはすべて売れていたので、数日後の12時からのチケットを購入しました。数日後でも10時スタートのチケットは完売でした。

インターネットや電話で購入してローソンで発券を行うか、直接ローソン店頭のLoppiで予約をする方法があります。

当日販売のチケットは、ローソン店頭でしか買うことができないので気をつけましょう。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム ローチケ[ローソンチケット]

藤子・F・不二雄ミュージアムへの行き方

最寄りの駅はバスだったら小田急線およびJR南武線の登戸駅から運行している直行バスが便利です。(大人210円、小児110円)

あるいは、「向ケ丘遊園駅(小田急線)」「宿河原駅(JR南武線)」から15分程度歩いて向かうことになります。

私は川崎市在住なので、自宅の最寄りの駅からミュージアムの近くまでのバスがあったので、そのバスに乗っていきました。

一般的には登戸から専用のバスに乗るか、15分程度歩いて向かうことになります。

お子さんと一緒に行くなら、登戸からバスで行くのがオススメです。

ドラえもんやキテレツ大百科など、藤子・F・不二雄さんの人気キャラクターが描かれたバスに乗ることができるので、お子さんも喜ぶと思います。

夏場は暑いので子連れで徒歩は大変です。というか、夏場じゃなくても普通に大変ですね。暑い季節は熱中症防止のためにもバスを使うことをおすすめします。

藤子・F・不二雄ミュージアムの入場方法

私はお盆シーズンの後半に家族で行きましたが、12時からのチケットを入手して30分前くらいには到着しました。

しかし、すでに入り口にはたくさんの人が並んでいました。

ミュージアムまで到着できれば、迷うことはないと思いますが、早めに到着して列に並ぶ覚悟はしておいたほうが良いかも。

入場時間は決まっていますが、退場の時間は決まっていないので、じっくり見て回ることができます。

とはいえ、展示物を一通り見てカフェに行く時間を考えても、せいぜい2、3時間あれば全部まわれるくらいの規模です。

混雑時期は到着したらまずはカフェの予約を!

混雑しているシーズンの場合、まずは入場したらすぐにカフェの予約をすることをおすすめします。

カフェの受付カードをもらってから展示物を見るとスムーズにカフェに入場できます。

とはいえ、私が行ったときは結構混雑している時期のお昼時でしたが、10分くらいの待ち時間でカフェに入ることができました。

カフェの近くが広場になっていて、記念撮影などをするには良いスポットです。

待ち時間が30分以上あるようなら展示物を見てくるといいと思いますし、10〜20分程度の待ち時間なら広場を散策するとちょうど良いと思います。

ちなみに、カードの番号を呼ばれたときにいないと、次の順番を待っている人を先に通されてしまい、あとから入るのにだいぶ時間がかかってしまいます。

遊ぶのに夢中になってカフェに入るタイミングを逃さないようにしましょう。

藤子・F・不二雄ミュージアムのカフェ

ちょうどランチタイムだったので、子供にはお子様ランチ「四次元ポケットプレート」を注文しました。

f:id:moriya-shinichiro:20190903131819j:plain

大人用の食事はちょっと物足りなそうな感じだったので、飲み物と軽食にしてあとで別のところで食べることにしました。

f:id:moriya-shinichiro:20190903131910j:plain

ドラえもんとドラミちゃんのロールケーキ:ドラドラロール

f:id:moriya-shinichiro:20190903132001j:plain

ドラえもんのラテアート付きカフェラテ(ラテアートにはいろんなキャラクターのバージョンがあります。)

f:id:moriya-shinichiro:20190903132049j:plain

コースターの特典と、ドラえもんに変身できるストロー付きのドラえもんブルー

ほかにもたくさんの可愛いドラえもんメニューがあるので、ぜひミュージアムカフェに行ったらチェックしてみてください。

藤子・F・不二雄ミュージアムの見どころ

1、1階のメイン展示

1階のメイン展示コーナーはまさにミュージアムという名にふさわしい展示の数々。

入り口で、ドラえもんの道具みたいな電話型の機械を渡されますので、その電話から各展示物の解説を聞くことができます。

季節によって展示内容が違うこともあるようですが、私が行ったときはドラえもんの漫画連載当初の話が掲載されていました。

ドラえもんの絵柄や口調が、今と全然違うので驚きです。

2、Fシアター(3F)

入場時にもらったチケットを使うと、Fシアターという映画館みたいな施設で短編の映像作品を見ることができます。

ドラえもんを始めとした、藤子・F・不二雄のキャラクターが勢揃いの作品で、見ていて楽しくなります。

子供も大喜びで見ていました。

2、はらっぱ(屋上)

カフェを出たところにある屋上の広場は「はらっぱ」になっていて、記念撮影スポットがたくさんあります。

どこでもドアの模型や、ドラえもんではおなじみの「空き地の土管」を再現したスポットや、恐竜に乗っているのび太とドラえもんの大きな模型を見ることができます。

f:id:moriya-shinichiro:20190903132230j:plain

3、2階の展示スペース&休憩場

2階の展示スペースでは、のび太の家を再現した模型があったり、ガチャガチャが設置されているスペースがあります。

また、ドラえもんの漫画を読むことができるスペースもあるので、結構長居できてしまうかもしれません。

子供にガチャガチャをねだられて大変でした。

綺麗なジャイアンを見ることができる「きこりの泉」も2階の外部庭園にあります。

原作でもインパクトのあるエピソードなので、覚えている方も多いのではないでしょうか?

人気の記念撮影スポットになっています。

ミュージアム周辺にはカフェや飲食店はない

藤子・F・不二雄ミュージアムの周辺には飲食店やカフェなどはなさそうでした。

ランチなどを食べるならミュージアム内のカフェで食べるか、最寄りの駅まで行って食べるかの二択になりそうです。

ミュージアム内のカフェは、量が少ないわりにはまあまあ高いです(笑)

ただ、ここでしか食べられないキャラクター要素満載のメニューは見ていて楽しいです。

せっかく来たからには、カフェに立ち寄るのがおすすめです。

午後からのチケットを予約して、ランチは事前に食べてくるのも良いかもしれませんね。

藤子・F・不二雄ミュージアムは子供が大喜びで大人は懐かしくなる空間だった

私も子供の頃はドラえもんはめちゃくちゃ見ていました。

ドラえもんを見て育った人は多いと思います。

大人になってからは、いつしか見なくなってしまいましたが・・・

子供ができて、今度は子供がドラえもんを見るようになりました。


そんなドラえもんを見て育った親にとって、親子でドラえもんを体感できる藤子・F・不二雄ミュージアムは、子供も喜ぶし大人も懐かしくなる良い場所だなと思いました。

ドラえもん好きのお子さんがいらっしゃるなら、一度は来てみてください。

fujiko-museum.com

f:id:moriya-shinichiro:20190903132356j:plain

「ビジネスで勝つネットゲリラ戦術」を読んでの気付きとやってみたいこと

前回感想を書いた「しょぼ婚のすすめ」に続いて、えらいてんちょうさんの「ビジネスで勝つネットゲリラ戦術」を読んだ。

ビジネス界のルールは変わっている。

それなのにルールブックがまだできていない。だったら作ってしまおう!

そんな理由で出版されたのが本書「ビジネスで勝つネットゲリラ戦術」です。

SNSを始めとしたインターネットメディアの流行によって、個人でも「ゲリラ戦術」によって大企業に部分的に勝てる部分が出てきました。

大企業でなくても立ち回ることができるネットゲリラ戦術を語った一冊でした。

本書からの学びを簡単にまとめたいと思います。

気付き1 勝てる戦場を探してそこにすべてのリソースを注ぎ込む

個人は大企業に比べて人的にも資金的にも負けています。

だから、大企業のような強者と同じことをしていては勝てません。

あれもこれもやって分散させるのではなく、リソースを一点に集中して勝てる戦場で確実に勝つこと。


例えば副業をしたい人、育児をしながらネット収入を得たい主婦の人などは時間がありません。

そんな中、あれもこれもやっていたら、どれも中途半端になって結果が出ません。

ですので、注力するのは1つだけです。

「今はこれを全力でやる」

というものを1つ決めて、それに集中するのが最速で結果が出やすいということです。

その、決めるべき1つを選ぶためにいろいろやるのはOKですが、あくまでもずっと複数のことをダラダラやらないということですね。

これは時間のある人にとっても、時間があるからといってあれこれやらずに1点に集中することはおすすめです。

複数のことをやりたいなら、1つのことをある程度やりきってから1つ1つ完成させるのです。

気づき2 贈与による価値提供で関係性を築く

本書の中には「贈与」という考え方が出てきます。

ものやお金を他人にあげることを「贈与」と言うのが一般的ですが、ここでは相手が価値あると思えるものを提供することを指します。

価値提供をすることで、相手に認めてもらいお互いに協力し合える体制にしていく。

それが、「贈与」を行うべき理由です。

ただでなにかを提供するなんて損な気がするかもしれませんが、実際には長い目で見たら得をしているということなのです。


私自身も、最初は無償で手伝って実力を示したら、その後長期的に仕事ができるようになった。

という、場合もありました。私のまわりにも、無償で働くことで信頼を蓄積させる主義の方が何人かいます。

もちろん、直接的になにかお金やモノを提供する「贈与」もできますが、行動によって相手の感情を動かす「贈与」のパワーを使うことの価値が語られていました。


【実際にやってみたいこと】

行動1:実績を宣伝する

なにか結果を出したら、その結果を自信を持って発表して宣伝することがおすすめされていました。

これ、自分では「こんなこと大したことないよな」と思ってしまっていたり、他人が結果を出しているのを発表している人を見て、「こんなしょぼいことを鬼の首を取ったように発表して恥ずかしくないのかな?」と思っていた時期が私にもありました。

ですが、これは自信を持って結果を発表している人が、断然得をしていたということがわかりました。

評価をするのは自分ではなく他人ですし、SNSにおいては多くの場合、良かったことは承認される傾向にあります。

多少なりとも結果が出たら、それは大きな声で発言して、実績として宣伝していくことが次に繋がる立ち回りになることが多そうです。

行動2:無名の人を発掘する

次は人間関係の話について。

凄い人と仲良くなるというのは、難しそうに見えるのですが、「凄くなる人」と無名の時期から仲良くなっていくのは比較的簡単という話です。

でも、「凄くなる人」とピンポイントで仲良くなるのは難しいんじゃないかと思われるかもしれませんが、それは接点を持つ人の数を増やせばその中で誰かは高確率で凄い人になる。

という確率論が語られていました。

元も子もないような話に聞こえますが、シンプル過ぎて意外とやる人は少ないんじゃないかという気がします。

別に、頑張って人脈を作ろうという話ではなくて、自分と価値の合う仲間をSNSで作っていく中で、少し意識していくだけで良い関係性を作ることができそうだと感じました。

行動3:大きさよりも頻度

人と接点を持って仲良くする際には、少しずつ何度もやり取りをしていくことが大切。

ということも、行動してみたいことの1つでした。

Twitterでも、何度もやりとりする人は会ったことない人でも覚えますよね。

そんなふうに、ちょっとしたコメントでも何度も回数を重ねると、覚えてもらいやすいということになります。

別に、一気に高価なプレゼントをする必要がなく、むしろ安いプレゼントを何度も送ったり、小さな行動の回数を重ねていくことが大切なのです。