モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

「ちゃんとやらなきゃ」が行動を止める

昨日、ブログを1ヶ月ぶりくらいに更新しました。

ブログを始めて、どこかで感じているのは、

「ちゃんと書かなきゃ」ってこと。

この「ちゃんとやらなきゃ」の思考はブログに限らずいろんなところで悪影響を及ぼしている気がします。

f:id:moriya-shinichiro:20190411230755p:plain

行動が遅くなる原因

せっかくブログを書くからには、いい内容にしたいなって思ってしまいます。

だから、ネタを考えたり丁寧に書こうとしたりしてハードルを上げてしまうと、なかなか最初の一歩を踏み出せない。

へんな文章書いてアップするくらいだったら、書かないほうがまし。

と思っているわけではないのだけど、結局何も書けずに時間だけが過ぎてしまう。

それは、結果として好ましいことではない。

「ちゃんとやらなきゃ」が行動を遅くし、行動を止めているものだと思う。

ちゃんとやってもうまくできるか分からない

でも、考えてみると、

「ちゃんとやる」とうまくできるものなのか?

実は、時間や労力をかけたところで良いものができるとは限らない。

いや、実際はもちろん時間と労力をかけたほうが良いものはできるんだと思う。

でも、それって費用対効果としてどうなんだろうと考えると、あまり時間をかけずにとにかく完成まで持っていったほうがいい場合も多い。

特にブログはあとから修正をかけることができるので、まず出してしまうというのでも良いと思う。

メルマガとか動画だったら、あとから修正ができないので、最初からクオリティを上げておく必要性はある。

(それでも、ちゃんとやろうとして行動が止まるよりも質を落としてでもスタートしたほうが良いとは思うけど。)

特に初心者の人は時間をかけて、クオリティを上げようとしても、そもそも良いものができるとは限らないので早く完成させることの方が大切。

まずは一歩踏み出してみる

まずは、やりたいことがあったら一歩踏み出してみる。

そこが大切。

「ちゃんとやらなきゃ」

と完璧主義になっては行動が止まります。

もちろん、ミスをしてはいけない仕事の場合はちゃんとやったほうがいいです。

でも、ブログなんてミスをしてもたいしたことにはなりませんので、スピード感を持って早く行動したほうがいいと思うんですね。

量を質に転換させる

雑に量だけこなせばいいってわけじゃなくて、いずれは質の良い作業をしていくことは大切だと思っています。

でも、そもそも量をこなさないことには練習にならないので、まずは量をこなすことが先決。

量をこなしていけば、試行錯誤がたくさんできて、結果的に何がよくて何が悪いのかというデータもたくさん集まってきます。

そうすることで、いよいよ質を量に転換できるだけの材料が揃ってくるのです。

なので、やりたいことがあったら、「ちゃんとやらなきゃ」をちょっと手放して、スピード感を持ってまずは一歩を踏み出してみる。

そして、数を徹底的にこなすことで行動することに慣れていくのがいいですね。

そうすることで、いずれ質も高まっていくのです。

うまくいくのは分かっているけどやりたくない

先日、あるビジネスをしている人にアドバイスをしたら言われたひとこと。

「多分、それをやるとうまくいくのはわかってるんだけど、面倒だからやりたくない。」

たしかに、うまくいくことと、やりたいことは別物。

どうやったら行動できるようになるか?

行動をすることはたしかに必要。

しかし、行動をするためにはエネルギーが必要です。

やればうまくいくことであっても、それをやるエネルギーがないと結局続けられないんですよね。

楽しんでやれることじゃないと続かない。

いや、人によっては楽しむ必要はないのかもしれないけど、とにかく無理なく続けられることじゃないと続かない。

続けられるかどうかって、結局その人が続けたいって思える動機があるかどうかだと思うんですよね。

だから、うまくいくであろうことでも、たしかにやりたくないと思ってしまったら続かないでしょう。

やりたいことをやるしかない

人が行動する動機としては、

・メリットを追求する

・デメリットを避ける

この2つのバランスではないでしょうか。

どっちが強いかは人それぞれ。

「◯◯したいなぁ」という欲求から行動する場合もあるし、「怒られるのは嫌だ」と思って行動する場合もあります。

幸せなのは「◯◯したい」という欲求から行動することじゃないかなとは思いますが、嫌なことを避けるためにする行動もまたパワフルでもあります。

結局、やりたいことをやるしかない。やりたくないことはできない。

その人にはその人のペースがあるから無理にやらせることはできないよなと思いました。

人は変えられない

人間は変わることができる生き物だと思っています。

しかしながら、人を無理やり変えることはできないんです。

「こうすればいいのになー」

とアドバイスする側は思っても、相手がそれを求めているとは限りません。

また、相手がアドバイスを仮に求めてきたとしても、正しいアドバイスをして相手が動くかどうかはまた別問題。

なんだか、せっかく良いアドバイスができても、実行されないんじゃもったいないと思うかもしれませんが、現状を変えるというのはそれだけエネルギーがいることなんですよね。

提案はするけど、実際にその人が行動するかどうか?変わるかどうかはその人次第。

そのくらいの軽い気持ちもで接する方が、自分のストレスにもならないので良いのではと感じています。

子供を早く寝かしつける方法

2月28日に子供が4歳の誕生日を迎えました。

誕生日祝いに、こんなオムそばを妻が作りました。

f:id:moriya-shinichiro:20190303224246j:plain

「風の谷のナウシカ」に出てくるオームの形をしたオムそばですね。

なんか、ネットでオームを検索したらこれが出てきて、子供が気に入ってしまったので誕生日パーティーの日に作ることにしました。

そんな我が子ですが、夜になかなか寝なくて困っていました。

今も困ってはいますが、少し早く寝かせる日が増えてきたので、それまでに工夫したことをまとめてみます。

子供が夜寝なくて困る

1、2歳くらいのときは、夜の9時代には寝てた気がします。

ただ、そこからだんだん寝る時間があとにずれ込む日が増えていきました。

3歳のときは、ほとんど22時過ぎに寝る日が多かった気がします。

保育園につれていくので7時半くらいには起きてもらわないと困るのですが、なかなか起きられない日も多かったです。

明らかに寝る時間が遅いだろうなということは感じていましたが、寝かせようとしてもなかなか寝てくれなくて結局遅くなる日が続いていました。

お風呂に入れた1.5時間後に眠りやすくなる

そんなとき、前に感想記事を書いた西野精治さんの「熟睡の習慣」を読んで、お風呂に入れた1.5時間後くらいに体内の温度が下がって眠りやすくなることを知りました。

たしかに、これまで子供をお風呂に入れていた時間はだいたい20時半から21時くらいでした。

そこから1.5時間後って考えると、それは22時超えちゃうなということになります。

お風呂に入る時間をずらしてみる

では、お風呂に入る時間をずらして、早い時間にしてみたらどうだろうか?

と考えてやってみると、これが凄い。

本当に早く眠くなって、22時前に寝かしつけることができてしまうことが増えてきました。

早めに夕食を食べて20時くらいからお風呂に入れるパターンもいいですが、夕食を食べる前に保育園から帰ってきたらすぐお風呂に入れてしまうのも早く眠りやすくなる気がします。

「熟睡の習慣」に書かれていることは本当でした!

ただ、夕食後2時間くらいは消化のために起きていたほうが良さそうなので、夕食を食べたあとお風呂に早めに入れる方がいいのかなとは思っています。

このあたりは、もう少し様子を見ながら最適なパターンを探りたいです。

子供をスーパー銭湯に連れていくと・・・

ちなみに、今日は子供と一緒にスーパー銭湯に行ってきたのですが、帰ってきたらめちゃくちゃ早く寝ました。

ちょっと早く寝すぎてしまった感じなので、お風呂に入れる時間はよく考える必要がありそうですね。

しかし、温泉パワーは凄いです。

2月に温泉旅行に連れていったら、息子もすっかり広いお風呂が気に入ってしまったようです。

楽しんでくれたようで何よりです。

当然YouTubeは夕食後には見せない

YouTubeが大好きな息子ですが、当然YouTubeは夕食後には見せません。

最初は少しくらいならいいかなと思っていましたが、やはりYouTubeを寝る前に見るのは明確に睡眠に悪影響を及ぼしている気がします。

最近は、そこまでYouTubeを悪いものだとは思っていなくて、見ること自体はOKにしてるんですが、寝る前はNGにしてます。

これ、そういう意味では大人であっても寝る前にパソコンやるのは本当は良くないんですよね。

なかなか、仕事が立て込んだりしていると、寝る前までパソコンをやってしまうことは多いですが・・・

なるべく寝る前は画面を見ないで静かにしていたほうが良さそうです。


お風呂に入れる時間を変えるだけで、こんなに寝かしつけやすさが変わるとは、睡眠は本当に奥が深いですね。

まだ、分かっていないこともたくさんある睡眠という分野。

そんな睡眠に関する最新の研究がまとめられた1冊「熟睡の習慣」については感想記事も書いていますので、良かったら読んでみてください。

blog.shinichiromoriya.com