モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

早起きを諦めると睡眠の質が上がった

睡眠の記録を取り始めて2週間目。

1週間目の時点で、睡眠の質はそれほど悪くなさそうだなとは感じていました。

一方で、気になったのは朝起きるときの爽快感がないということでした。

早く寝て早く起きようと思ったら無理だった

思えば、去年までは12時過ぎに寝るのが当たり前だったのを22~23時には寝るようになったことで、早起きしなきゃ。

という気持ちになりながらも、いざ早起きしようとしても起きられず結局ウトウトしつつ7時過ぎになって活動を開始することが多かったのです。

これは良くないなという気がしていたので、改善することにしました。

早起きが無理なら早起きは諦めることにした

早起きするのが無理なのであれば、思い切って早起きするのは諦めることにしました。

そもそも、睡眠時間が足りないから起きようとしても眠くなる可能性があります。

6時起床を目指していた目覚まし時計を6時50分にセットするようにしました。

そうすることで23時に寝れば8時間近い睡眠時間を確保できることになります。

睡眠時間が長くなり寝起きも良くなった

早速、3日間早起きを諦めて寝る時間を増やしたところ、睡眠時間が長くなって寝起きもすっきりできるようになりました。

寝る時間を長くしてるので睡眠時間が増えるのは当たり前なんですが、やはり6時に一度目覚ましで起きて、それからウトウト7時までしているよりも、1発で7時近くになったら起きた方がずっと起きやすいし気分も良いです。

ちなみに、3日間の睡眠アプリSleepMeisterで測定した結果がこちら。

2月24〜25日にかけて

f:id:moriya-shinichiro:20190227155043j:plain


この日は日曜日で地元のお祭りに子供を連れていって、かなり疲れていました。

入眠時間も早く理想的です。日中動くことは本当に大切ですね。

2月25〜26日にかけて

f:id:moriya-shinichiro:20190227155125j:plain

この日はミーティングやデスクワーク中心の日でしたが、睡眠効率はなかなか。

寝付きもまあまあ良いですね。寝る前に疲れを感じてすぐに寝付けた感じがしました。

寝起きの体調も十分良かったです。

2月26〜27日にかけて

この日は日中にコーヒーを飲んでしまったのが、睡眠を浅くしてしまった可能性があります。

一方で、朝4時くらいに起きてしまい、それ以降寝付けた感じがしません。

グラフでは一応浅い睡眠はとっている記録にはなっているんですけどね。

目をつぶっているだけでも脳は休んでいるそうなので、寝起きも悪くないし良いのだと思います。

朝スムーズに起きられて睡眠負債も貯めなくてすみそう

このリズムで生活ができれば、朝はスムーズに起きられて気分が良いし、睡眠負債もあまり貯めずにすみそうです。

週末の土曜日か日曜日は朝ゆっくりできそうなので、また思う存分寝てみて睡眠負債が溜まっているかどうかチェックしようと思います。

今、私が実践している最適な睡眠時間の調べ方についてはこちらの記事に詳しく書きました。

blog.shinichiromoriya.com

睡眠負債解消法を試してみた

睡眠の記録を取り始めて2週間目です。

睡眠負債の解消法を試してみました。

自然に目覚めるまで寝てみる

1週間目が終わった時点で、目覚まし時計をかけずに寝てみてどうなるか?

を試してみました。

「熟睡の習慣」の本によると、自然に起きるまで普段より2時間以上寝てしまうようなら睡眠負債が貯まっている可能性が高いようです。

実践したのは2月24日の日曜日。

この日は出かけるので9時には起きる必要があったのですが、果たして自然に起きられるのは何時なのか調べてみました。

9時ギリギリまで起きれないようなら睡眠負債は貯まっているはずです。

普段だったら7時くらいに起きるところを休日に何時に起きたか?

その結果・・・

息子が早起きしてうるさくて7時以降眠れず

結果として、息子が朝7時くらいには起きていて、起こされてしまい、朝7時以降はほとんど眠れませんでした!

「パーパー!おーきーてー!」

と連呼されて起きざるを得ませんでした。いつも起きないくせに、こんな日に限って・・・というやつです。

結局、いつもどおりの睡眠時間という感じなので、睡眠負債が貯まっているかどうかは翌週への持ち越しとなりました。

若干寝足りないかなという気はしていたので、気持ち睡眠時間を増やすようにしてみます。


睡眠時間の測定を始めたきっかけや測定一週間目の記録の記事は「睡眠アプリのスリープマイスターで1週間の睡眠時間を測定」の記事をご覧ください。

スマホ決済サービスのキャンペーンの話

LINEpayから割引クーポンが届いていました。

ローソンなどのコンビニで200円割引になるそうです。

コンビニでの買い物はたまにするので、200円とはいえ安くなるのはありがたいです。

届いている方は2月28日が期限なので忘れずに使っておきましょう。
f:id:moriya-shinichiro:20190226230848j:plain

スマホ決済サービスの乱立

◯◯payと呼ばれるスマホ決済のシステムが乱立しています。

私は

paypay

LINEpay

Origamipay

pring

の4つを入れて使ったことがあります。

あとは有名どころだと楽天payとかドコモのd払いとか、最近だとメルカリのメルペイなどがよく使われているでしょうか。

Apple Payとかgoogle payもありますね。

そして、それぞれのサービスごとに囲い込もうとさまざまな特典をつけて顧客を増やす努力をしています。

LINEpayの割引クーポンもその1つというわけです。

paypayの20%還元キャンペーンは強烈

f:id:moriya-shinichiro:20190226230731p:plain
特にpaypayは20%還元されるキャンペーンを展開中。

20%還元というのは実質20%オフなので大きいですね。

昨年末に行われた第一弾の20%還元キャンペーンは金額無制限だったので、高額なものを思い切って買っちゃおうという人も多かったのではないでしょうか。

そのせいか、すぐに配布予定の金額に達してしまってキャンペーンは予定より早く終了してしまいました。

今回の第二弾のキャンペーンは上限となる金額は1回あたり5000円まで(付与金額1000円)。

付与金額の上限は50000円ということなので、25万円相当の買い物ができますね。

期間も5月末までということで長めです。

還元されるからと、無駄遣いするのは本末転倒ですが、どうせ買い物をするのならお得にしたいものですね。

コンビニで買い物をするなら、還元のあるコンビニでpaypayを使うとかすれば、利用回数の多い人ほど地味に節約ができます。

こんな太っ腹なサービスは導入期の今だからこそでしょうから、今のうちに使い倒していきましょう。