モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

「才能の正体」で学んだ教育とマネジメントの違いとは?

坪田信貴さんの著書「才能の正体」を読みました。

ビリギャルこと「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の書籍をミリオンセラー書籍にした坪田さんの新刊です。

元々学習塾を経営されていた坪田さんですが、現在は著者としての活動のほか、人材育成・組織構築の専門家として社会人向けの教育を行っているのですね。

そんな坪田さんは「才能」に関する本を何冊か出しています。

2016年、2017年とエニアグラムに関するタイプ診断系の本を出版されていますね。

2018年に出版した「才能の正体」はタイプ診断本でこそありませんが、個々人の才能を伸ばしていくための全体的な考え方がまとめられています。

子供の教育はもちろん、大人が自分の才能を発揮していくためにもおおいに役立つ1冊だと感じました。

そこで、「才能の正体」から学んだ才能を活かすポイントを3つ紹介します。

「才能の正体」で学んだ教育とマネジメントの違い

「教育」と「マネジメント」の違いを理解しないことで、指導方法を誤るから伸び悩んでしまうという話。

知らない人に知識を与えるのが「教育」 です。そして、 知っているけれどやれない人をやれるようにするのが「マネジメント」 なのです。(才能の正体より引用)

今、やっていることがどちらなのか分からず、「教育」が必要なのに「マネジメント」をしてしまったり、逆に「マネジメント」が必要なのに「教育」をしてしまうと効果が薄れてしまいます。

「なぜ勉強するのかをわかっていない状態の子」にマネジメントをしようとするから、うまくいかない(才能の正体より引用)

まず、何かをしたい場合は「なぜ、やるのか?」を理解した上でやらないと、やり始めることができないというわけですね。

このあたりは性格として、やりたいと思ったことはすんなりやれるというタイプの人もいるとは思います。

人それぞれのモチベーションのスイッチはあると思うので、それが「なぜ、やるのか?」と結びついたときに行動ができるようになるわけです。

そうして、やるべき行動がわかったときに、できるように導いていくのが「マネジメント」なんですね。

一般的なマネジメントの定義と比べたら、かなり噛み砕いてはいますが、とても分かりやすいですね。

さらには、、効果的なフィードバックの仕方も印象に残りました。

「どうして勉強しないの?」「どうして言った通りにしないの?」と言うのは、相手をコントロールするのと同じことです。コントロールされることに気持ちよさを覚えることは、あまりないはずです。

言うべきことは、「今日は1時間勉強したね」「○○を覚えたね」「○○は間違えやすいね」という客観的で中立的なフィードバックです。

会社であれば、「今日も笑顔ですね」「いつも頑張ってるね」「今日は白いシャツなんですね」「今日はこれから社長が来るけど、君は一番上座に座っているんだね」といった具合。(才能の正体より引用)

ここはマネジメントのコツですね。

「やるべき理由もわかった」「やり方もわかった」それでも、やらない場合は動かないことにフィードバックするのではなく「事実」に関してフィードバックをするということ。

あとは、その事実に対して相手が必要性を感じていたら修正をかけて行動を変えていくことができるということですね。

アドラー心理学でも似たような考え方で相手に接していた気がします。

自分の思ったとおりに相手に動いてもらえたら楽だなと感じることはあると思います。

まして、自分の子供であればなおさらコントロールしたくなるのかもしれません。

しかし、アドラー心理学では相手の課題に対して必要以上の介入はしないのが原則です。

アドラー心理学に関しては「ストレスを減らす方法は「人は変わらないもの」だと思うことだった」の記事にも書きました。
blog.shinichiromoriya.com

「やればできる」ではなく「やれば伸びる」

「才能の正体」の中では「やればできる」という言葉を「結果至上主義」として注意すべき言葉だと書かれています。

「やればできる」という思考は「結果至上主義」なんです。その結果が手に入らないとわかった瞬間に、やることそのものをやめてしまう。(才能の正体より引用)

「やればできる」という思考は裏返せば「できないのであれば、やらない」ということにもなってしまうわけですね。

「やればできる」と言われても、モチベーションにつながらない人は、そこで言っている側と言われている側の感覚に違いがあるのかもしれません。

では、どう考えればいいか?

こういうときに使うべき正しい言葉は「やれば伸びる」です。何事も、やらないよりもやった方が絶対にいいのは間違いありません。(才能の正体より引用)

才能を伸ばしていくためには、行動することは必要です。

勉強にしても仕事にしてもスポーツにしても、自分の選んだ分野について知識や実績を深めたり積み重ねたりする必要があります。

「できない!」と思うかもしれませんが、やったら伸びていくと考えることが大切ということですね。

伸び悩んだときにすべきこと

「才能」は自分の中にあるものであって、勉強にしても何にしても、やっていけば能力は必ず伸びていきます。しかし、どこかで「壁」にぶつかってしまう場合も必ず出てくるでしょう。技能や学習は、やればやっただけ伸びていく、上達していくものですが、あるポイントで急に伸び悩むことがあるものなのです。

壁にぶつかってしまうと、伸びが鈍化します。 そういうときに必ず抱くのは「もうこれ以上は無理なんじゃないか」という気持ち。しかし、その壁を突き抜けないと、あなたの〝尖り〟にならず、才能として結実しません。(才能の正体より引用)

「やれば伸びる」ということで行動をしていったら、ある程度のところまでは伸びていく場合が多いと思います。

しかし、やっていると伸び悩むこともあります。そんなときにはどうすればいいでしょうか?

才能を発揮するということは、ある分野で「尖り」を持っていることです。

その「尖り」は伸び悩んでいたら作ることができませんよね。

そのためのヒントも「才能の正体」の中には書かれていました。

もし、才能の「壁」にぶつかったらどうするか? もう〝本当の基礎の基礎〟からやり直すことです。これしかありません。これまでにやってきたことを、もう一回、基礎に戻ってやる。(才能の正体より引用)

ある程度できるようになったら、応用することを考えたくなりますが、そんなときこそ「基礎」に戻ってやり直しをする。

それが壁を突き抜けて「尖り」を作っていくヒントになるということです。

どんな分野にも基本になることはありますよね。そこを徹底してやっていくという非常に地味ではありますが、才能を活かしていくというのは、そんな当たり前のことを着実にやっていくことで磨かれていくものなんだなと感じました。

そして、その地味な努力をやり続けることができるのも、「なぜ、そのことをするのか?」「どうやって、努力をするのか?」という知識にあたる部分があるから、普通なら諦めてしまうところを継続させることができる「教育」の力なんだろうと感じました。

本物の「教育」の力は偉大なものですね。

【書評】人生が変わるメンタルタフネス

昨年の夏に購入して以来、ずっと積読になっていた1冊「人生が変わるメンタルタフネス」をようやく読み始めて読了できました。

読んでしまえば、1日で読めてしまうくらい読みやすい本でしたが、なかなか手がつけられませんでした。

まず着手するという大切さが身にしみました。

著者のピョートル・フェリクス・グジバチ氏はポーランド生まれの方。

Googleを始めとした世界的な企業を渡り歩く、グローバルに活躍するビジネスマンでありながら日本在住17年。

世界最先端のメンタルに関する考え方を日本人向けにアレンジしてくれた1冊でした。

本書の主張していることは極めてシンプル。

「メンタルが大切なんだ!」

ってこと。

その中でも重要で実践してみたいなと感じたことを3つ紹介します。

「超集中」(フロー)を生み出すマインドフルネス

まず、Googleでも実践されている「マインドフルネス」について。

いわゆる瞑想のようなものですが、マインドフルネスは210の研究とのべ12000位上のデータの解析によって

1、集中力を高める
2、ストレスや不安を解消する
3、意思決定のスピードが速くなる
4、安定した高いパフォーマンスを発揮できる
5、アイデアやインスピレーションを生む

といった効果があり、エビデンスも示されているそうです。

「フロー」や「ゾーン」と呼ばれる「超集中」の状態を作り出すこともできるマインドフルネス。

本書ではマインドフルネスの4ステップが紹介されているので、これを習慣化するだけでも大きな効果が得られそうです。

自己開示は怖くても効果的だからやったほうがいい

2つ目の重要だなと思った箇所は「自己開示をすることの大切さ」が書かれていた点。

本書の冒頭では著者のピョートル氏による自己開示からスタートしています。

それだけ、自己開示をすることがプラスの効果をもたらすという著者の想いが本の構成にも反映されているように思いました。

チームで仕事をするときは、チームやメンバーのことをどれだけ知っているかが大切。

そのためには、相手を知る努力、自分自身を知ってもらう努力が大切で、自分自身のことを話していく自己開示をすることがパフォーマンスアップに大きく貢献するという話でした。

また、実際に著者ピョートル氏の著書「0秒リーダーシップ」の中で自己開示を冒頭にしたことで、本の中身の理解度が上がったという事例も紹介されていました。

対面ではなく、コンテンツ提供者という立場でも自己開示は有効であるということです。


私自身、自分のことを話すのがとても苦手で、自己開示をするのはかなり抵抗があります。

「本当にこんなこと言っていいのかな?」「嫌われないかな?」「変だと思われないかな?」

という怖い気持ちをどこかで感じているんでしょうね。

それでも、信頼関係を作るためには自己開示は効果的ということなので、意識してやっていったほうがいいなと思わされました。

パフォーマンスを上げる5つの質問

3つ目に重要だなと思ったのが『パフォーマンスを上げるための「5つの質問」』について。

パフォーマンスを上げるために自分自身に対して問いかけると効果的な質問です。

1.あなたは仕事を通じて何を得たいのか?

2.どうしてそれを得ることが大切なのか?(3回問い返す)

3.何をもって「いい仕事をした」と言えるのか?

4.どうして今の仕事を選んだ(選んでいる)のか?

5.去年の仕事は、今年の仕事にどうつながっているのだろうか?

これを、深く考えていくことで、自分自身の方向性を明確にしていくのだそうです。

自分自身の気持ちを整えてモチベーションを上げていく質問。

これもまた、Googleで採用されている質問のようなので、かなり効果があることが実証されているのでしょう。

普通の人でも採用することで、パフォーマンスが上がる質問になると思うので効果的に使っていきます。

細かいノウハウはいろいろありましたが、特に重要だと思えたのは今回紹介した「マインドフルネス」「自己開示」「パフォーマンスを上げる質問」の3つだと感じました。

私自身、いずれも取り入れてなかった習慣なので、自分の行動の中に取り入れていくことで、どうパフォーアンスが上がっていくかを検証していきたいところです。

【書評】「自分の時間を取り戻そう」を読んで生産性を考える

ちきりんさんの著書「自分の時間を取り戻そう」を久しぶりに読み返しました。

買ったのは多分、2017年だったと思います。

この頃って、生産性アップや時間管理系の本が流行ってた気がします。

そういえば買って読んだはいいけど、記事としてのアウトプットをしてなかったので簡単にまとめたいと思います。

著者のちきりんさんはどんな人?

ちきりんさんはブロガーとして有名です。

「Chikirinの日記」はタイトルこそ平凡ですが、独自性のある切り口でさまざまな社会問題に対して意見を書いていて興味深い記事がたくさんあります。

ここ3年くらいは、かなり更新頻度が減っていますが、2005年から2013年までは年間100〜200本の高クオリティの記事をかなりのペースでアップしていて凄い勢いでした。

最近ではTwitterでの発信をされることが多くなってきているのかなと思います。

Chikirinの日記
chikirin.hatenablog.com

ちきりんさんのTwitter
twitter.com

「自分の時間を取り戻そう」ってどんな本?

一言でいえば「生産性を上げる時間の使い方」について語られていました。

会社員、経営者、ワーキングマザー・・・

それぞれの事例を紹介しながら、生産性を上げていくための考え方が紹介されている1冊。

いろんな立場の人が、時間に追われている様子が冒頭で描かれます。

そして、ちきりんさんからの生産性アップの提言がされ、それらの手法を取り入れることで、冒頭で紹介された時間に追われていた人たちが「自分の時間を取り戻す」というストーリーでした。

「ゆとりも成功も手に入れる」というキャッチコピーが帯に書かれていますが、つまり生産性を高めることで少ない労力で大きな成果を手に入れることを目指す本ですね。

どちらかといえば、バリバリとハードワークをして大成功を目指すよりも仕事の時間を減らして、

「ゆとりある時間を持ちながらもそこそこの成功を目指したい人」

が想定された読者のような気がします。

ちきりんさん自身が、時間の自由を重んじる方のようですからね。

その中でも、個人的に実践したいと思った具体的な考え方を2つピックアップしたいと思います。

お金の上手な使い方

これは家計簿をつけることとセットで考えることになります。

家計簿はお金の節約を目的としてつける人が多いかもしれません。

ですが、本書で注目するのは節約する金額や貯金ではありません。

「一定期間に使ったお金の中で、有効に使えた支出はどれだったか?」

に注目する点が新しかったことだと感じました。

たしかに、支払ったお金が有効に使えているなら、それは生産性が高いといえます。

反対にお金は支払っているのに、支払った金額以上の価値を受け取っていなければお金の使い方の生産性が低いということに。

個人的な支出をざっと見直してみると、積読本の購入金額がずいぶん多いなということに気がつきました。

せっかくお金を払って自己投資だと思って購入した本も、読まずに放置されていたら単なる浪費と一緒です。

本を買うのを辞めるか、本を読む習慣をつけるか、どちらかにしないとなと改めて感じました。

今月から読書量を大幅に増やしているので、このペースでいけば積読本はかなり削減できそうです。

時間の家計簿をつける

お金以上に大切なのが時間です。

そんな時間をどのように使ったのかという時間の家計簿を1週間だけでもいいので、つけることが推奨されていました。

これ、前にやろうと思ったけど結局途中で挫折してしまったんですよね。

とはいえ、時間の家計簿をつけるというのは、やる価値のある行動のように感じます。

いきなり完璧な時間の家計簿をつけるのは諦めて、まずは特定の作業だけ時間を測定するなど工夫することで再チャレンジしてみます。

家計簿はお金の使い方を記録して、無駄に使っているお金がないかどうかを調べて、改善していきます。

同じように時間に関しても使いみちを点検することで、時間の生産性は上げていくことができるということです。

「お金の生産性」と「時間の生産性」

両方を測定することによって、自由に使えるお金も時間も増えていく未来を本書のメソッドを実行することで手に入れていきそうです。

→ 「自分の時間を取り戻そう」のKindle版の電子書籍はこちら