モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

今年はブログ100記事書いたけどアクセス数と収益の変化は?

年末ですね。

今年2月に「ブログを真面目にやろう!」と決めて、波はあるものの毎月記事を書いてきました。

毎月ブログで発信できていたことが、そもそもここ数年1度もなかったのでそういう意味では今年は頑張りました!

真面目に発信しているブロガーの皆さんから鼻で笑われそうな感じですが(笑)

いいです。意識低くマイペースでいきます。

とはいえ、今年は前回の記事でちょうど100記事目を作成。

ブログ100記事書きました系の報告はよくあって、私の場合は厳密に言えば2015年からブログをやっているので100記事報告ではありません。

ただ、事実上今年2月からブログをスタートしたつもりでいるので、個人的にはこれを「100記事報告」としてデータを公開したいと思います。

・これからブログを100記事書こうと考えているブロガーさん

・すでにブログは100記事以上書いたけど自分のやり方で良かったんだろうか?と感じる方

などに読んでいただき、とある雑記ブロガーのデータとして参考にしていただければ幸いです。

ブログを1年で100記事書いてアクセス数はどうなったか?

さて、1年で100記事を書いてアクセス数はどうなったでしょうか?

推移で言えばこんな感じになりました!

f:id:moriya-shinichiro:20181231160625p:plain

わりと右肩上がりになっていますね。

このペースで引き続きどんどん進めていけば良さそうです。

面白いのは記事を書いたらアクセスが集まる。

というわけではないのですが、記事が増えるにしたがってじりじりと検索エンジンからの集客が増えている感じです。

4月から5月にかけては特に伸びていますが、はてなブログのスターをつけてまわっていたり、ブロガーのイベントに参加していたりと人力で集めたアクセスというのが効いていたであろう時期です。

それを除けば順調にアクセスが積み上がってきている気がします。

ブログを1年で100記事書いた収益の変化は?

さて、アクセス数が伸びていますが肝心の収益の変化はどうだったでしょうか?

ほとんどAmazonとアドセンスしかこのブログではやっていませんでしたので、その数値の比較になります。

わかりやすくするために2017年と2018年の数字を比較してみましょう。

Amazon:2017年は1964円→2018年は15670円

アドセンス:2017年は256円→2018年は3823円

少ないながらも順調に伸びていますね。

良かったこととしては、Kindleのセールに合わせておすすめの本を紹介するのは良かったようです。

また、KindleUnlimitedも比較的申し込みが増えているので、収録本を中心に来年もたくさん読書感想記事を書いていこうと思います。

ASPのアフィリエイトにも来年は取り組んでみたいですね。

ブログ更新のペースは?

ブログの更新頻度はそれぞれの月の更新数を見てみると・・・

2018 / 12 (1)
2018 / 11 (12)
2018 / 10 (12)
2018 / 9 (9)
2018 / 8 (8)
2018 / 7 (4)
2018 / 6 (3)
2018 / 5 (9)
2018 / 4 (17)
2018 / 3 (10)
2018 / 2 (13)
2018 / 1 (2)

となっていてだいぶ波があります。

2月から4月にかけては、オンラインサロンのファーストペンギン大学でブログ系のゼミに入っていて、ある程度書くことに対するプレッシャーがありました。

blog.shinichiromoriya.com

その後、5月以降はブログ以上にTwitterなどほかの分野のことに手を出していて、ブログに割く時間が減っていたように思います。

そんな中、10月から11月にかけて習慣化のコーチングを受けました。

少ない時間でも毎日ブログを書く習慣をつけることで、更新頻度を回復させることができました。

blog.shinichiromoriya.com

12月になると、今度はインスタやTwitterにフォーカスが向いて、やはりブログがおろそかになることに。

そもそも私は複数のことをいろいろやるのには向いていないようですね。


ブログを3ヶ月で100記事書けという通説

どうもブロガー界隈(特に雑記ブログ)に関しては、ブログ開始後に3ヶ月で100記事書いたほうがアクセスが集まりやすい。

という通説があるようです。

これは、私の経験からするとたしかに分からなくはない。

2017年の7月から8月にかけて約60記事書いたけど伸びがすごかったです。

そのときに書いた記事が今でも上位表示されていてアクセスを集める主力記事になっているという面もあります。

とはいえ、なんでもいいから記事を書けばアクセスが集まるのか?

と言われたらそんなわけはありません。

需要のあるテーマで一定以上のクオリティの記事を書くから評価されるのであって、なんでもいいから書けばいいというわけではありません。

収益に関しても、記事数を書けば収益が上がるというわけでもありません。

きちんと収益になる仕組みを持った記事を作って、そこにアクセスが集まるからこそ収益化が可能になります。

もちろん、書けるなら毎日記事を書けばいいのですが、できる範囲でやっていけばいいと思います。

記事を書かないのはもちろんダメ

できる範囲で記事を書けばいいと言っても、もちろん記事を書く本数が少ないとだんだんアクセスは下がっていきます。

少なくとも、ブログを気に入って読んでくださっている方が、せっかく訪問したときに何も更新されていなかったらガッカリしてしまいますよね。

常に新しいコンテンツを発信していくということは基本です。

毎日は無理でも、できる範囲で発信することがファンを増やしたりアクセスを増やしたりという目的であれば望ましいと言えます。

そもそもブログをなんのために書くのか?

ただ、1つ考えたいのが、「ブログをなんのために書くのか?」という動機です。

別に趣味だったら、本当に好きにすればいいと思います。

気が向いたときに書けばいいし、無理して書く必要もありません。

書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなくてもいいです。

文章もネタも、好き勝手書いてなんの問題もありません。


しかし、ビジネスとして自分の商品やサービスを売っていくために集客したい。

副業でアフィリエイトをしたい。

といった目的であれば好き勝手やったら伸び悩むことになります。

どういう読者さんを集めて、その読者さんに何を提供したら喜んでもらえるのか?

ということを考えながらコンテンツを作っていく必要があります。


私の場合は自分の考えをまとめたりアウトプットして記憶を定着させる。

というのが、このブログを書く1つの目的になっています。

ですので、ブログを書かないというのは自己成長が止まっている証でもあるかもしれません。

ブログ100記事更新を目指している方へ

この記事は、ブログの100記事更新を目指している人。

あるいは、ブログを100記事更新したんだけど、収益やアクセスが思ったように伸びない。

今後どうしていこうかな。

と疑問に思っている人に書こうと思いました。

やはり、アウトプットの本数として100記事というのは、どんな内容であってもそれなりの量になっていると思います。

1記事1000文字だとしても100記事で10万文字です。

それは、本1冊分にも相当する量ですから、達成した人はよく頑張ったと思います。

その行動をまずは自分で認めてあげましょう。

そして、100記事を書くことでいろんなデータが集まると思います。

どこが良くてどこが悪いのか?

自分の目的と照らし合わせて、改善していけるのが100記事という記事数ではないでしょうか?

そういう意味では、ブログ100記事書いて、いよいよここから面白くなっていくところ!

と言えるかもしれませんね。

ぜひ、ブログを書くことを楽しんで100記事を達成し、さらに本当に自分が求めているものを手に入れるツールとして、ブログを使っていただけたらなと私は思います。

ブログには、それができる可能性があると思っています。

向き不向きはあると思いますが、文章をある程度書ける人であればブログは楽しいですよ!

「ブログは本当にオワコンなのか?」の記事でも書きましたが、ブログはすぐになくなったりはしないですし、アウトプットのツールとして手軽に使える良いものだと思います。

インスタで本を紹介する読書インスタグラマーになりました

f:id:moriya-shinichiro:20181218170804p:plain

ブログの習慣化ができたので、新たにInstagramでも始めるか。

と思って、Instagramを毎日更新するようにしたら、見事にブログを更新することができなくなりました(笑)

限りある情報発信に使える時間にInstagramを使い始めたことで、ブログを書く時間と置き換わってしまった感じです。

昨日はこのブログの記事を書いていたら、Instagramの更新ができなくなってしまいました。

情報発信をするためのスケジューリングと時間の確保は、発信が習慣化できていないうちは必須だなと実感しました。

なぜ、Instagramを始めたのか?

先日、「ブログは本当にオワコンなのか?」をテーマに各種SNSと比較した記事を作りました。

blog.shinichiromoriya.com


そのときに、Instagramの検索数が伸び続けていることに気がついたのです。

感覚的には確かにInstagramのユーザーは増えてはいるけど、数字での伸びが確認できると、これならやってみようかなと思えてきました。

どうせはじめるなら、単なる趣味ではなく何らかの仕事に使える運用をしたいと思い、Instagramのコンセプト決めて投稿を始めます。

コンセプトと言っても、去年Instagramに詳しい人に聞いて、この路線で行こうというコンセプトは決まっていました。

私のInstagramのコンセプトは【おすすめビジネス書を紹介する読書インスタグラマー】です。

自己啓発、インターネットビジネス、ライフハックなどビジネス書に絞って本を紹介していくアカウントです。

すでに去年Instagramを開始して、フォロワーも500人を超えるくらいにはなっていたのですが、そのあと飽きてしまい更新が止まってしまいました。

これを再開してみようと思いました。

読書インスタグラマーは意外といる

実際に再開してみて、ほかの人の投稿もチェックしてみると、日常的に読書記録を投稿する人は結構いるということです。

やはり、アウトプットの手段としてInstagramを使うというのは良い方法ですね。

ブログやTwitterを使ってもいいのですが、Twitterだと過去ログの検索が面倒ですし、ブログの場合は少し投稿をするのに力が入ってしまう感じがします。

Instagramだと、ちょうどいい感じで気軽に投稿できるのと、写真が残るので読書記録が直感的にわかりやすいです。

アウトプットの手段として、読書記録をInstagramに投稿していくのはいい考えだなと感じています。

Instagramをはじめてからの気付き

実際、Instagramへの投稿を再開してみると、着実に読者が増えていくのを感じています。

Twitterの場合は投稿してもなかなかフォロワーが増えないと感じていたのですが、Instagramの場合は1日1投稿をするだけで着実にフォロワーが増えていくのが面白いです。

ただ、これはInstagramでの発信のテーマをビジネス書の紹介に特化したので、属性に合った人が集まりやすいという可能性は考えられました。

Instagramをハッシュタグを経由して新規のアクセスが集まりやすいというのはあるのですが、拡散力はTwitterに比べて劣ります。

ある程度Twitterの規模が大きくなって、拡散されるようなツイートができるようであれば、Instagram以上にTwitterの拡散力が高まっていくのではないかと思います。

そこで、Twitterのアカウントの方も属性特化をしたプロフィールと投稿内容にしてツイートの数を増やしてみたところ、たしかにフォロワーの伸びが増えてきました。

内容を特化することと、興味を惹く内容にするということは非常に大事なんだなという基本を改めて痛感したInstagramの再開でした。

インスタでビジネス書を紹介するアカウントを作りました

そんなわけで、インスタでビジネス書を紹介するアカウントを作りました。

読んでみて、これは役に立つなと思うビジネス書を定期的に紹介していこうと思います。

この機会にフォローしてみてください。
www.instagram.com

読書の秋に買ったおすすめビジネス書7選

今週のお題「読書の秋」

今週のお題になっている「読書の秋」について書いてみようと思います。

今月買った本を紹介します。

基本、ビジネス書にはなります。まだ読めてない本も多いです。

選んだポイントと何に期待をしたかをまとめたいと思います。

1.マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人

この本は樺沢紫苑さんのメルマガで激推しされていたので購入。

年収1億円稼ぎたいじゃないですか。

導入部分の引き込まれる部分。

そして、「AIに仕事を奪われる」と言われている未来に向けて具体的に収入を増やしていくために何をすればいいのか?

その具体的な行動指針が示されているというところに魅力を感じました。

2.SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

SNSマーケティングの全体像。

特に各SNSの使い分けについて詳しく書かれているということで購入。

まだ半分くらいしか読めていませんが、これは実践してみたいなということがいくつも書いてあったので良書でした。

全部読んだら感想をまとめたいと思います。

3.人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている


まだ読めてません。

はてなブログで人気のふろむださんの著書。

この人のコンテンツは非常に骨太なので、本も楽しみです。

書店でもよく見かけるので売れてそうですね。

「勘違いさせる力」というのが具体的に何なのか気になりますね。

4.ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために


少ないファンの人から売上を作っていくにはどうすればいいか?

売上のうち8割が濃いファンの人から売れるような、熱狂的なファンの作り方について触れた1冊とのことで購入。

そういったファンを作っていくためにはSNSの活用も重要とのこと。

これから読みます。

5.Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]


ツイッターなどでアフィリエイター系の方が複数話題にしていたので購入。

GoogleAdSenseに特化した書籍というのは、たしかに最近見かけない気がします。

アフィリエイトとAdSenseはまったく別物といっていいくらいに違うところがあるので、そこに特化した本というのは興味深いです。

まだ届いていないので早く読みたいです。いまのところKindle版は発売されていません。

6.自分を最高値で売る方法


こちらは数少ない読了本。

ゼロから3ヶ月で収入月100万円を突破することを目的にする。

という凄いコンセプトの本。

高額サービスを作成して、売っていくといくというのが基本の流れになります。

「代行はしない。」「4つのコンセプトを組み合わせる」「まずは仕事を極限まで増やす」といった、具体的に自分を安売りしないための方針も書かれていて勉強になりました。

実際に実践して月100万円のビジネスが作れるかどうか?

と考えると、これまでの積み重ねによって、できる人とできない人は出てくるかと思います。

とはいえ、どこまでやれば達成できるのかもおおよそ分かるので、方向性が明確になるように思います。

7.サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方


単発ではなく月額課金によって継続収入を得るビジネスモデルであるサブスクリプションモデルについて学ぼうと購入。

まだ未読なので、読んだら感想書きます。


以上、11月に買ったビジネス書は7冊でした。

あと、番外編としてビジネス書ではないライトノベルも買ってますが、そちらは前に記事に書きました。

りゅうおうのおしごとのKindle版ライトノベルの感想」の記事を詳しくはご覧ください。