フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

ウェルスネットワーク実践会

f:id:moriya-shinichiro:20181104182538j:plain
11月のウェルスネットワーク実践会のファシリテーションをVXL六本木にてしてきました。

ウェルスネットワーク実践会って何?そもそもウェルスネットワークって?

と思われますよね。ウェルスネットワークとはなにかといいますと・・・

ウェルスネットワークって何?

ウェルスネットワークは適性診断テスト「ウェルスダイナミクス」を考案したロジャー・ハミルトンに考えた人脈に関する考え方をまとめた教材です。

人間関係をリソースネットワーク、サポートネットワーク、生産ネットワーク、貧困ネットワークという4つのカテゴリに分けて考えます。

リソースネットワークは、アドバイザー、機会提供者、出資者というカテゴリで、自分に無いもの、欠けているものを提供してくれる人のことです。

サポートネットワークは、推薦者、支持者、同志と呼ばれる人たちが当てはまり、ビジネスややりたい事を継続していく力を提供してくれる人たちです。

生産ネットワークは、マネージャー、チームからなり、実際に自分の仕事の実務をやってくれる人たちを指します。

そして、貧困ネットワークは懐疑論者、妨害者、悲観論者、コバンザメからなる、自分を富から遠ざける原因となる人達になります。

各カテゴリの協力者を増やしていき、貧困ネットワークの人とは適度な距離を保っていくのです。

良質なウェルスネットワークに囲まれて毎日を過ごせるようになると、人を通じてチャンスが次々引き寄せられる状況になります。

毎日のようにお客さんを紹介してくれる人が現れたり、新しいビジネスを一緒にする相談を持ちかけられたり。

そんな、チャンスと楽しさにあふれた毎日を過ごせるようになります。

ウェルスネットワーク実践会とは?

ウェルスネットワークは「究極の自己投資」とも名付けられる強力なノウハウです。

まわりの人間関係を通して、チャンスが次々に舞い込んでくるって凄いことですよね。

ただ、実際にそこまでの状態に持っていくには時間の投資が必要です。お金も多少はかけたほうがいいことも。
(人と会うには交通費や飲食費など必要な場合もありますよね。)

結果が出るのに時間がかかるので、そこまで継続するだけのモチベーションを維持しずらいことも。

そんなわけで、実践していくにあたって、継続できる環境づくりの一環として作ったのがウェルスネットワーク実践会です。

今のところ、ウェルスダイナミクスを提供している(社)日本適性力学協会が提供しています。

11月はウェルスネットワーク購入者と、ウェルスダイナミクス実践者であるプラクティショナーの人たちと一緒にウェルスネットワークの教材に付属しているワークを実践していきました。

「参加してよかったです!」

と言ってくださった方もいらっしゃり、お役に立てたようで良かったです。

どういうポイントで活動していけばいいかの指針をウェルスネットワークの教材が教えてくれます。

私を経由して、教材を購入していただけたら、継続していくにあたっての個別フォローアップを1ヶ月させていただきます。

zoomで1回お話したあとで、メッセンジャーやメールを使って継続できるようサポートします。

→私からの購入はこちらのリンクからどうぞ。

すでにウェルスネットワーク購入済の方は、ウェルスダイナミクスの診断セッションに申し込んで頂ければ同じサービスをセッションの代わりに提供することもできます。

→私の診断セッションに申し込むにはこちら

イシューから始めよ

今さらながら、「イシューからはじめよ」の本を読んだ。

前から本屋さんなどではよく見かけていた本ではありました。

17万部突破のベストセラー本だそうです。

数万部売れればビジネス書はベストセラーと言われますから、17万部突破と言えば相当なものです。(100万部超えのビジネス書というのは異次元のヒットですね。)

そんな「イシューからはじめよ」の表紙を見て1番目を引いたのは「やるべきことは100分の1になる」ということ。

そりゃー、やるべきことが100分の1になったら、めちゃくちゃ凄いことじゃないですか。

1時間40分(100分)かけてやっていたことを、1分で片付けることができてしまうことになります。超人です。

そんなわけで、「イシューからはじめよ」の極意を身につけるべく本を読んでみたのです。

イシューとは何か?

そもそも、「イシューからはじめよ」と言いますが、イシューとは何でしょうか?

イシューとは「何に答えを出すべきなのか」を明確にすることだと本書では定義しています。

「論文を書くときに、そもそも何から考えることなんだろう?」
「問題解決のプロジェクトって、どう進めていくんだろう?」

などビジネスマンと研究者の両方を経験した筆者の方が、両者に共通する考え方として「イシューを明確にすること」から始めることを推奨しています。

イシューを見極める

世の中にある「問題かもしれない」と言われていることのほとんどは、実はビジネス・研究上で本当に取り組む必要のある問題ではない。世の中で「問題かもしれない」と言われていることの総数を100とすれば、今、この局面で本当に白黒をはっきりさせるべき問題はせいぜい2つか3つくらいだ。

つまり、やみくもに行動するのではなくて、何に対して行動すべきなのかを明確にすることが大切ということです。

行動の量で勝負するのではなく、行動の質にフォーカスしていく感じになるのでしょうか。

一読しただけでは、このイシューの見極め方がいまいち入ってきませんでした。

「イシューからはじめる」アプローチを1週間(5日)でやるとしたら

もし、「イシューからはじめる」ことを実際に仕事の中でやろうとしたら次のような流れになるそうです。

1、イシュードリブン 今本当に答えを出すべき問題=「イシュー」を見極める

2、仮説ドリブン1 イシューと解けるところまで小さく砕き、それに基づいてストーリーの流れを整理する

3、仮説ドリブン2 ストーリーを検証するために必要なアウトプットのイメージを描き、分析を設計する

4、アウトプットドリブン ストーリーの骨格を踏まえつつ、段取り良く検証する

5、メッセージドリブン 論拠と構造を磨きつつ、報告書や論文をまとめる

残念ながら、何をどうしたらいいのか、見えてきませんでした(汗)

やみくもに行動する前に、何が重要なのかを最初に考えること。

そうすることで、無駄な99の行動をしなくても重要な1だけの行動にフォーカスできる。

そういう理屈なんだと思いますが、その重要なところだけを見つけて、アウトプットに結びつけるイメージがいまいちできないんですよね。

とても魅力的なコンセプトでしたが、実現するにはもう少し自分の実力を上げる必要があるような気がします。

質を生み出すための量は必要なのではないか?

そもそも、本書の著者の方も、若い頃はずいぶん無駄な作業をして上司に指摘をされたそうです。

その無駄な作業というのは、実は無駄ではなかったような気がします。

たくさんの量を行動するからこそ、その中で何が無駄であり、何が重要なのかが見えてきて最終的に「イシュー」となるものが見えてきて、重要な行動のみにフォーカスできるようになる。

ですので、まずは初心者は量をこなすことを考えるのが楽な気がするのです。

でも、最終的にはその大量行動の中で本当に重要なポイントは100分の1くらいなのかもしれない。

そこさえ抑えておけば、大幅に作業時間は短縮できるのかもしれない。

そういう可能性もあるということを知っておくと、将来の生産性アップにつながりそうですね。


私にとって、すぐに落とし込める内容ではありませんでしたが、非常に魅力的なコンセプトであり、大きな可能性を見せてくれた1冊でした。

Amazonのレビューにも落とし込むには時間がかかるという記述がちらほら。

よかった、そう感じたのは私だけではなかった。

じっくり時間をかけて何度も読んで実践していく価値がありそうです。

習慣化にかかる期間は66日?ブログ記事作成の習慣化はできるのか?

f:id:moriya-shinichiro:20181101003853j:plain

10月はブログ記事の作成を習慣化すべく、習慣化のコーチングを受けていました。

受け始めて約1週間後に書いた記事がこちら。
blog.shinichiromoriya.com

毎日、記事を作成する時間をとって作業をすることを習慣化していった結果・・・

毎日1000文字程度は執筆できるようになりました!

ブログを毎日執筆することができた

もともと、習慣化コーチングを受ける前は、一切ブログを書かない日も多くありました。

そこで、まずはブログの管理画面を開いて最初の100文字を書くという小さな行動からまずはするように心がけていきました。

そうすると、意外と作業時間というのはとれることがわかりました。

今までは、やろうとしてなかっただけだなということを痛感したのです。

結果的に1日に1000文字程度の執筆はコンスタントにできるようになりました。

今までの作業量から考えると、凄い進歩ではあります。

理想の作業量はまだまだ

毎日ブログの記事作成ができるようになったのは大きな進歩ではありました。

しかしながら、理想となる作業量には実は遠く及びません。

アフィリエイターとしてコンスタントに結果を出すには1日に10000文字以上は書けたほうがいいという話もあります。

blog.shinichiromoriya.com

1日に10000文字というのは、原稿用紙にすると25枚分ですよね。

そのペースで文章が書けたら、約1週間でビジネス書1冊が完成してしまうくらいのスピードです。

それだけのアウトプットができるようになるのは、まだまだ難しそうだなと感じます。

とはいえ、まずは1日2記事程度1000文字くらいの記事をサクッとアウトプットできるのを次の目標にしていきます。

ちょっと、これまでは1記事あたりにかける力が多すぎた気はします。

習慣化にかかる期間は66日?

習慣化にかかる期間は21日(三週間)という説や、1ヶ月説、3ヶ月説など諸説あります。

古川武士さんの著書によると、行動習慣は1ヶ月、身体習慣(早起きや運動)は3ヶ月、思考習慣は半年が習慣化にかかる時間の目安だと書かれていました。

blog.shinichiromoriya.com

約1ヶ月、ブログ記事作成の習慣化に取り組んでみましたが、1ヶ月終わった現時点だとまだまだ習慣化を途切れさせようと思ったら、簡単に辞めることができそうだなと感じます。

1ヶ月では習慣化しきってない感覚はあるのです。

もちろん、慣れてきたかなという感覚もあるのですが、歯を磨くくらいの感覚でのブログ記事作成とまではならないのが現状です。

そんな中でも「習慣化にかかる期間は66日」という説があります。そのくらいの期間はちょうどかかりそうなんじゃないかなと感じます。

締切のある作業の前に習慣化する作業を持ってくる

今はブログ記事の作成を習慣化していて、たしかに毎日作業時間はとれているのですが、作業時間が夜寝る前になりがちです。

かなり眠い状態で作業しないといけないことも多く、もう少し集中力のある時間帯に作業をしたい気がします。

そのためにできることの1つは、「締切のある作業の前に習慣化したい作業を持ってくる」ということを意識する方法はありそうです。

結局、日中は締切のある仕事をするのに時間を使ってしまい、ブログ記事の作成はあとまわしになってしまい、でもコーチとの約束があるからと最後になんとかやる。

という行動パターンになっていました。

11月からはいったんコーチの監督からは離れて独力での作業になるので強制力が弱くなります。

記事作成の時間の前倒しをすることが望ましそうです。

理想の目標として1日1万文字の作成を意識しつつ、まずは1000文字程度の記事を1日2回更新というのを11月の目標として、しばらく書いてみます。