フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を無料で読んだので要約と書評を書いてみる。

山田真哉さんの著書『さおだけ屋はなぜ潰れないのか 身近な疑問からはじめる会計学』の書評を今さらながら書いてみたいと思います。

以前読んだことあったのですが、だいぶ内容を忘れてしまっていました。Kindle Unlimitedで無料読みができることが分かったので、改めて読んでみたのです。

2005年に発売の『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』ですが、会計学を扱った著書としては異例の160万部の大ベストセラーになりました。

分かりやすい切り口と気になるタイトルが売れた原因でしょうね。

さおだけ屋って、なんで潰れないのかって知らない人にとっては謎だと思います。

その疑問をタイトルに入れて、気になる内容に仕立て上げた1冊になりました。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の要約

そもそも「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」というのは、本書の最初の章であるエピソード1のテーマになっていることです。

この章は企業の売上と経費の話がメインテーマになっていました。

それぞれの章によって、会計学的なテーマが設定されていて、それを身近な疑問を題材にして疑問を明らかにしながら会計についても学んでいくという形式です。

第2章は「ベッドタウンに高級フランス料理店の謎」として、ベッドタウンの中にある高級なフランス料理店がテーマに挙げられています。

住宅街の中にたたずむ、あまりお客さんが入っていなさそうな高級フランス料理店。

著者は、このお店やっていけるのだろうかと疑問に思い、実際にディナーに訪れます。

やはり、想像通りの高級なディナー。しかし、めちゃくちゃ美味しいわけでもなく、お客さんも少ない。

おかしいなと思っていたところでトイレにいったら、なぜこのお店が利益を出せているのかが判明します。

この章のメインテーマは「連結決算」について。

相乗効果が期待できる2つ以上の事業を行っていくことによる、メリットが触れられています。

その応用として、会社員が週末起業をしたり株式投資をするときに有利になれるワンポイントメソッドにも触れられていました。

エピソード3は「在庫だらけの自然食品店」の話。この章のテーマは「在庫と資金繰り」がメインテーマ。

在庫があるとなぜ損をするのか?という話から始まり、では在庫だらけの自然食品店がなぜやっていけるのかという謎に迫ります。

エピソード4は「機会損失と決算書」が、エピソード5は「回転率」、エピソード6は「キャッシュ・フロー」、そしてエピソード7では「数字のセンス」をテーマにそれぞれ具体例を出しながら分かりやすく解説がされます。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の答えと理由

本のメインタイトルになる「さおだけ屋がなぜ潰れないか?」の答え、潰れない理由を書いてしまします。

当然、ネタバレなので未読で読んで確認したいなって方はここは飛ばしましょう!

なんで潰れないかという理由ですが、1つは「2本で1000円のさおだけ」は客寄せ用の商品であり、実際は買おうとすると5000円の良いさおだけをすすめられたり・・・

あるいは、家の修理など10万円以上の高額商品を仲介されて、その紹介手数料によって利益を得ているさおだけ屋が存在するという話。

もう1つは、さおだけ屋というのは実は金物屋などすでに別の実業のあるお店の人がやっていて、注文をお客さんの家まで届けるついでに、さおだけ屋をやっているという話。

お店からお客さんの家までを往復するのであれば、その間にさおだけ屋をやって、売れればラッキーだし売れなくてもどうせ車での移動はするものだからなんの損失もありません。

さおだけ屋として、それだけで稼ごうとすると人件費やガソリン代など経費がかかってしまい、元をとるのが難しくなる可能性があります。

でも、もともとの金物屋の仕事のついでにやるのであれば、経費がかからないのでお得というわけです。

つまり、1つは高額商品を売ることで売上を上げてることができるということ。
もう1つは経費を少なくすることで、売上が少なくても黒字にできるということ。

そういった、さおだけ屋の潰れない理由を会計的に分析することで、効果的な企業経営の戦略も学べてしまうという1冊だったのです。

ほかの章もこのように、「なぜ、そんなことがおこるのか?」というエピソードが最初に紹介されて、それを会計学的に切り込んで謎を解いていくという方式です。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の書評

主な内容は上記のとおりなのですが、この「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」は単に会計学の知識を学ぶだけに終わらず、その知識を活かしてどう自分の仕事に活かしていけるのか?

という実用的なメソッドまで提案しているのが、凄いところだなと思いました。

例えば、エピソード5では「回転率」について扱うのですが、その応用として人脈作りの話が出てきます。

回転率を高める話から、リピーターの話に広がり。

人脈作りというのは、名刺交換をして知人の数を増やすだけでは意味がなくて、それよりも少ない人でも背後にたくさんの人がいる人とじっくり付き合って仲良くなったほうが結果的に多くの人と良い関係ができる。

そんな、人脈作りのコツまで提案されています。

エピソード3の在庫と資金繰りの話では、企業の商品の在庫だけではなくて、自宅に置いてある洋服などの物に関しても「使わないもの」=「在庫」とみなし、在庫があることの弊害を説いています。

結果的に自宅にある在庫も、捨てたほうが長期的に見たら得であるという話になるようです。

会計学の基本がすーっと入ってくるので、「会計学って興味があるんだけど難しそう!「会計学の本を読んだけど挫折しちゃった」って人は、改めてこの本を読んでみると会計学を学ぶ導入になりそうです。

普通に知識として知っておいて役立つ話満載なので、読んだことなかったり、昔読んだけど内容忘れちゃったって方は読んでみると面白いかも。


Kindle Unlimitedで無料で読めるようになっていますので、登録している人はタダで読めます。

Kindle Unlimitedの登録はこちら。初めての登録だったら30日間無料体験ができます。
↓ ↓ ↓

スマホやPCからでもKindleの電子書籍は読めますよ。

溝の口の回転寿司『せぶん』では500円でにぎり盛り合わせのお寿司が食べられる!

溝の口にある回転寿司『せぶん』でランチに500円の「にぎり盛り合わせ」のお寿司を食べてきました。
f:id:moriya-shinichiro:20180911160600j:plain
前から、お得な価格の回転寿司の店があるなーと、何度もお店の前を通り過ぎていたのですが、結局お店に何年も入ることがありませんでした。

せっかくだから、たまには入ってみようということで入店。

食べログだと3ちょっとの評価ということで、悪くはなさそうだ。

回転寿司『せぶん』の「にぎり盛り合わせ」を注文

単品で頼んでも1番安いネタだと80円からというお得な『せぶん』ですが、ここはお得な500円の「にぎり盛り合わせ」を頼んでみました。

消費税は別なので、正確に言えば支払うのは540円ですね。

訪問したのが平日の2時近くということで、お客さんの数もまばらで、それほど時間がかからずお寿司が出てきました。
f:id:moriya-shinichiro:20180911160636j:plain

うん。普通(笑)

500円ですからね。高望みはできません。とはいえ、普通に美味しかったです。

スーパーで500円くらいのお寿司を買うよりも美味しかった気がしますね。

味噌汁もついてきますし、ランチにはちょうどいいと思います。

量が足りない人は、ついかで単品のネタを2、3頼んでも1000円以内に抑えることは可能です。

普通に美味しかったし店の雰囲気も良かったと思いますが、食べログの評価3近辺というのは納得です。

溝の口でお手頃価格でお寿司が食べたいということでしたら十分に行く価値ありだと思います。

お店の情報

回転寿司せぶん

住所
神奈川県川崎市高津区溝口1-9-6 丸屋ビル 1F

営業時間
11:00~23:00

定休日 年中無休

和食で豪華な気分になれるのは、前に紹介したところだと「梅園」ですね。

500円では食べられませんが1000円前後で満足できる味とボリュームでした。
blog.shinichiromoriya.com

まんがで読破シリーズKindle版の10円セール第二弾

先日、「まんがで読破」シリーズの電子書籍のKindle版が10円で販売するセールを紹介した記事を書きました。

そのセールは現在終了しているのですが、前回のセールとは別の10冊を対象にした10円セールが再び始まりました!

まんがで読破シリーズKindle版10円セール第二弾で対象の10冊

今回はどんな10冊が対象になっているのでしょうか?

一挙に紹介したいと思います!

資本論

マルクスの代表作ですね。
難しいことで有名ですがマンガで概要がわかるといいですよね。

マンガで概要を理解して物足りない場合は、池上彰さんの書いた『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』あたりを読んでみると良いかもしれません。

私も前に読んでみましたが、読みやすかったです。


旧約聖書

聖書は、もしかしたら世界一売れている本かもしれませんが、日本人だと読んだことない人も多いと思います。
この機会にどんな内容なのかマンガで見てみてはいかがでしょうか?

私は大学がキリスト教系のところだったので、昔授業で読んだとは思うのですが、今はほとんど内容が記憶にありません(笑)

1984年

名前くらいしか聞いたことがなかったのですが、概要を読んでみて面白そうだったのでポチリました。

学問のすすめ

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云えり」の名言で有名な福沢諭吉の名作。
が、この名言しか知らない人も多いのでは。というか私がそうですのでポチリました。


武士道

旧5000円札に描かれていた新渡戸稲造の著書ですね。
これも原著が難しいので、マンガで内容を知っておくといいかもしれません。

カラマーゾフの兄弟

ドストエフスキーの名作なので名前くらいは聞いたことのある人が多いと思いますが、読み切った人はどのくらいいるんでしょうか?
気にはなるけど読めてない人はぜひ。

共産党宣言

これもマルクスの代表作ですね。
原作は誰かに勧められて読んだのですが、あまり記憶に残っていません。

蟹工船

小林多喜二さんの有名な小説ですよね。

破戒

島崎藤村の代表作ですね。私は名前しか知りませんでした。

失われた時を求めて

ちょっとこの本は名前も知らなかったですが、挫折者続出の名作の漫画版ですね。

と、上記の10冊が対象です。気になる本はありましたか?
全部手にしても100円って、破格ですね。

凄い時代です。

ホリエモンこと堀江貴文さんも教養が大事だと言っています。

とはいえ、教養を学べるような著書は読書に慣れていない人には難しいものも多数。

こういったマンガで概要を理解したり、その上で原書に当たることで無理なく教養を身につけることができるのではないでしょうか?

blog.shinichiromoriya.com