フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

手帳好きな人とゆるくつながる会に行ってきました。

f:id:moriya-shinichiro:20180505175926j:plain

去るゴールデンウイーク中の平日にあたる日に、佐々木信人さんが主催する「手帳好きな人とゆるくつながる会」に行ってきました。

佐々木さんとは、強み診断テストを使ったツール「ウェルスダイナミクス」のコミュニティで出会いました。

佐々木さんが得意とするテーマの1つが「手帳」の活用方法について。

今回のお茶会は、手帳好きな人だったり手帳に興味のある人で集まって情報交換することを目的とする、タイトル通りのゆるい企画です。


私自身、あまり手帳は使わない年も多いのですが、今年は手帳に対する情熱は結構高くなっていました。

というのも、この記事に書いたように、手帳に体調を記録するということをやって、かなり体調がよくなった体験をしたのです。
blog.shinichiromoriya.com


そうなると、せっかく手帳を使うからには、もっと使いこなしていきたいと思うようになりました。

そこで、「手帳好きな人とゆるくつながる会」に参加したのですが、そこでの気付きがあったので3つほど紹介します。

1、収束する記録は手帳へ、発散する記録はノートへ

「情報は1箇所にまとめるべき」という話をたまに聞きます。

その方が、参照するのが楽ですし、何をどこに記録したのかも分かりやすいので便利なように感じます。

とはいえ、1箇所にまとめることにより、ごちゃごちゃしてしまうデメリットもあります。

そんな中、今のところベターだと感じた使い分けが、今回のイベントで佐々木さんがシェアしてくださった、

「収束する記録は手帳へ、発散する記録はノートへ」というものです。

収束する記録というのは、そもそも記録として残して蓄積していくデータのことです。

・どんな本を読んだか?
・その日に何があったのかという日記

など、簡単に書けて、ためこんでいくことに価値があるという情報。

これは、手帳に書くことによって、効率が良くなる気がしました。

一方で、セミナーや打ち合わせでノートをとるときなどは、手帳ではなくノートやパソコンのテキストファイルに記録する方が良いように感じます。

収束と発散は数学用語ですが、こういうふうにも使えるのは面白いですね。

2、自分のエネルギーが高まる行動を手帳に記録しておく

もう1つ、佐々木さんがシェアしてくださったのが、「自分のエネルギーが高まる行動」を一覧にして、手帳のページにまとめておくことです。

やる気がでないときや調子が悪いときに「これをするとエネルギーが回復する」という行動って、人それぞれあると思います。

そして、調子が出なくなったと感じたときは、その一覧を見てエネルギーが回復する行動をとってみるのです。

なんとなく、調子の悪い状態でダラダラ過ごすよりも良いですよね。

私がエネルギーが高まる行動の1つは、「毎日この行動をやると決めて、それを実践し記録する」ということです。

好ましい行動の習慣化をすることで生活にリズムが出てきて、ほかのことも良くなってくる気がします。

どういう行動が良いかというと、例えば過去にやってみてよかったのは、

・できたことノートを書くこと
blog.shinichiromoriya.com


は良かったですね。ブログにも過去に書いたので参考までに。

あとは、読書をすることだったりブログを書くことも習慣化には最適ですね。

3、人と会った記録を手帳にしておく

これは、会に参加してみて、個人的にやってみたら面白そうだなと思ったのが「コミュニケーションした人を記録に残しておく。」ということです。

別に普通に生活している限りではそれほど必要性のない行動ですが、自分の人間関係を拡大していくステージにあるときには、この記録が大きな意味を持つ気がします。

これは、「ウェルスネットワーク」という考え方を知り、活用していくにあたってのサポートになりそう。ウェルスネットワークについては、またの機会に書いてみたいと思います。


この3つを着実に実行していくことで、手帳を使うことが仕事にも良い影響を与えてくれそうなので、試してみます。



前回紹介したKindleUnlimitedには、手帳にまつわる本も多数対象になっています。

私も手帳の使い方に興味を持ったときに、手帳関連の本を何冊か読んでみて役立ちました。

特定のテーマの本をまとめて読んで、そのジャンルの知識を深めていくのはおすすめです。

特定のテーマの本を3冊くらい読むと、かなりそのテーマについて詳しくなれます。

KindleUnlimitedのおすすめ本などを紹介したページはこちら。
blog.shinichiromoriya.com



佐々木さん、素晴らしい企画をありがとうございます。

今回のイベントを主催した佐々木信人さんのブログはこちら
ameblo.jp

手帳の使い方に関する記事が、かなり充実しています。

KindleUnlimitedで無料読みできる、おすすめ本10選をまとめてみた

KindleUnlimitedを知っていますか?

Amazonに登録されている電子書籍で対象となっているものが、すべて定額読み放題になるサービスです。
このサービスは本好きにとっては本当にお得で、私もおおいに利用させていただいてます。

KindleUnlimitedは初月無料で参加できるので、興味を持ったらまずは無料で試してみるのもありですね。

・KindleUnlimitedにはどんな本があるの?

いくらお得と言っても、KindleUnlimitedに登録してある電子書籍がイマイチなものだったら、わざわざお金を払ってまで読みたくないですよね。

個人的に、KindleUnlimitedには、かなり面白い本がたくさん登録されていると思います。

そこで、私自身がKindleUnlimitedで読める個人的におすすめだと思った電子書籍10選をまとめてみます。

KindleUnlimitedで読めるおすすめ本10選

1、ソース・セルフ・スタディ・キット【キンドル版】

いきなりマニアックな本を紹介しますが(笑)
これは、お得過ぎてなんでKindleUnlimitedで読めるか分からないレベルの本だと思ったので最初に紹介。

もともと定価12,960円の教材ですし、そもそも4日間で9万円ほどするセミナーの内容と同じものがこの教材で学べます。

「自分のワクワク探し」をサポートするこの教材は単に「好きなことをしてい生きていく」的な、好きなことを仕事にするのとはまったく異次元のレベルの話です。

詳細レビューは以前記事に書きましたので、合わせてご覧ください。
blog.shinichiromoriya.com


なお、この教材の簡易版となる書籍「ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。」も対象になっていて、KindleUnlimitedに登録していると無料で読めます。

教材のイメージをつかむには、書籍版の方が便利だと思うので、最初にそちらを読んでみても良いです。

2、1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

時間管理の本としては、とても分かりやすいものになっています。
1つ1つ実践していくことで、時間の使い方を改善して生産性アップを見込めるのでおすすめです。

3、賭博破戒録 カイジ

有名なマンガですよね。
これ、全巻無料で読めてしまうんです。凄くないですか?(笑)

面白いのでおすすめです。

※【2018年8月29日追記】
⇒ こちら読み放題対象から外れたようです。

4、思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

自己啓発書の古典ですね。
ちょっと、こういうのは最近は受けないコンセプトかもしれませんが、1度読んでおいて損はないです。
目標達成に関する原理原則を学ぶことができます。

5、人生の勝算 (NewsPicks Book)

SHOWROOMの代表取締役社長・前田裕二さんの著書です。
とても熱い1冊で、読んでて楽しめたのでおすすめです。

以前、私もレビュー記事を書きました。
blog.shinichiromoriya.com

※【2018年8月29日追記】
⇒ こちら読み放題対象から外れたようです。

6、1時間でわかるビットコイン入門 【2018年1月最新改訂版】

話題の仮想通貨ビットコイン。
いまさら「ビットコインって何?」なんて、恥ずかしくて聞けない。

でも、ちょっと興味はあるという方におすすめ。

ビットコインがどういうもので、どういう理論から成立して、どういう役割を果たすか?
基本から学ぶことができますので、仮想通貨&ビットコインの第一歩としては最適。

すでに仮想通貨に投資をしているけど、実はビットコインの原理とかあんまり分からないんだよね。って方もぜひ。

7、小説 君の名は。

大人気のアニメ映画「君の名は。」の小説版も無料で読めてしまうんですね。
アニメにハマった方も、まだ見ていない方も楽しめる1冊になりそうです。

※【2018年8月29日追記】
⇒ こちら読み放題対象から外れたようです。

8、すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~

ホリエモンこと堀江貴文さんの著書。
教育論ですね。ホリエモンの著書にしてはレビューが4.3とかなり高め。

※【2018年8月29日追記】
⇒ こちら読み放題対象から外れたようです。

9、さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

ミリオンセラーになった本ですね。
実は、超わかりやすい会計学の本です。

でも、「会計学入門」とかのタイトルだったら絶対ミリオンセラーにはならなかっただろうから、タイトルって本当に大切だなと思わされる1冊。
当時読んだのですが、内容はだいぶ忘れてしまいました。でも、面白かったのは覚えています。

10、内向型を強みにする

これも、知る人ぞ知る人気の1冊。
私自身、内向型で学生時代はかなり苦労したし辛いこともあったので、もっと早く知っておきたかったなと思えた1冊です。

人には内向型と外向型の2種類がいて、内向型の人には外向型の人にはない良さがあり、決して劣っているわけではない。
社会一般では外向型の人が評価されやすいが、内向型の人でも大丈夫。

そんなメッセージとともに、内向型の人がどのように生きれば良いかの指針が得られます。
内向型の人にはおすすめの1冊。


と、こういった本が全部無料で読めてしまうわけですから、KindleUnlimitedは凄いのです。


KindleUnlimitedの読み放題サービスは30日間無料体験で参加できるので、この機会に参加してみてください。

↓ ↓ ↓

世田谷線に乗って松陰神社まで行ってきた

前回の記事では松陰神社前駅近くにある、かき氷屋さん「かしや」を紹介しました。

前回の記事はこちら。
blog.shinichiromoriya.com



今回の記事は、いよいよ目的地の松陰神社に行ってきた話。

松陰神社は名前の通り、吉田松陰を祀っている神社です。
f:id:moriya-shinichiro:20180501235438j:plain

吉田松陰は松下村塾という、私塾を開き、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋など幕末に活躍した人を多く輩出しました。

何年もやっていたようなイメージがありますが、わずか2年ほどしか開塾していなかったようです。その間に約90人の人が松下村塾で学んだとか。

吉田松陰自身は30歳で亡くなります。若い・・・

なんとなくうろ覚えではあったのですが、実際に再現されている松下村塾や吉田松陰のお墓を見ると、その壮絶な生涯と大きな実績に圧倒されました。

祝日ですが、その日は人もまばらで落ち着いた感じ。

のんびりお参りができそうでした。と言っても、息子は遊ぶのに夢中で、なかなかこちらはのんびりさせてもらえなかったですが(笑)

子供向けにけん玉や、コマなど昔の遊びができるような小さな机も用意されていて、子供も楽しく遊べるようになっていました。


神社の右脇には松下村塾の再現された建物が。
f:id:moriya-shinichiro:20180501101026j:plain
f:id:moriya-shinichiro:20180501101046j:plain


そして、左脇には吉田松陰のお墓に向かう小道がありました。

松下村塾は山口県にあったのですが、吉田松陰のお墓は東京にあったのですね。

松下村塾では何を教えていたのか?

松下村塾では身分に関係なく、意欲のある若者に教育をしていたといいます。

では、実際のところ松下村塾では何を教えていたのか?

凄い人をたくさん輩出したというけど、何を教えていたんだろうと疑問に思いますよね。

学生のときに習ったのかもしれませんが、正直あまり記憶にありません。


日本と外国との違い(世界史のようなもの?)であったり、道徳的なことは教えていたようなことが、松陰神社の案内には書いていました。

調べてみると、それに限らず多岐にわたる分野を教えていたようですね。

しかも、教えるというより、一人ひとりが違う教科書で勉強することもあったり、塾生同士での討論の時間も多くあったりと、実践的な学びをしていたようです。

そして、塾生一人ひとりの強みを伸ばしていけるような教育方針であったとのこと。

それは現代にも通じる、むしろ今の時代にこそ役立ちそうな教育方針のようにも感じます。

松下村塾のような私塾が現代にもあれば、日本も良い方向に変わっていきそうですよね。

わずか2年たらずで、多くの人と明確なビジョンを共有できる場を作ってきた吉田松陰。本当に凄い。