モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

【書評】新デジタル時代で勝つためのヒューマン・マーケティング戦略

f:id:moriya-shinichiro:20200831112148p:plain
ダイレクト出版の月刊ビジネス選書に数年ぶりに申し込んでみました。

というのも、新刊の「新デジタル時代で勝つためのヒューマン・マーケティング戦略」の本が気になったからです。

本書で扱っているテーマは、とても興味深いもので、「もっと知りたい!」と思えるものでした。

そんな、ヒューマン・マーケティング戦略についてお伝えします。

ヒューマン・マーケティング戦略に書かれていた衝撃の一言

本書には衝撃的な一言が書かれていました。

「セールスファネルは死んだ」

この一文です。


セールスファネルは顧客がどのような道筋を通って自社の商品を買ってくれるかを示したものです。

まずは、ブログやSNSに訪れて無料プレゼントに申し込み、そのあと低額のセミナーに申し込み、そのあと高額の講座に申し込む。

といった、顧客がたどる流れのことをいいます。

そんな、従来であれば常識とされていたマーケティング手法をヒューマン・マーケティング戦略では否定します。

今や、顧客はさまざまなところから商品のことを知り、それぞれの都合によって購入をするので、セールスファネルの設定は意味がないというのです。

とはいえ、ビジネスを存続させていくためには売上は必要です。

どのようにして売上を維持拡大していくのか?

そのための戦略が今後変わっていくということなのです。

ロイヤリティが希薄になった世界に適応するための3つの重要な戦略

では、そんな変わりゆく時代に私たちは何をしていけばいいか?

3つの戦略が提案されていました。

1.真のロイヤリティを持つ13%の顧客を特に大切にする

ヒューマン・マーケティング戦略の中で大切なことは、買う前よりも買ったあとの顧客のことを大切にするということ。

買った人も、全員が協力的なわけではありません。

特に、協力的な顧客というのは全体の13%程度だというのです。

ずいぶん少ないなと思われるかもしれません。

では、あなたはその13%の人の名前を挙げることができるでしょうか?

顔を思い浮かべることができるでしょうか?

まずは、上位13%の大切にすべき顧客を見極めて、そして優遇していきます。

新規集客がどんどん難しくなっていく中で、何度も購入してくださるお客さんや、ほかの人に口コミを広めてくれるお客さんの存在が重要になってくるのです。

そういった人が誰なのかを事業者が知っておくことは武器になります。

その、上位13%の優良顧客にどんなことができるのか?

手紙を送る、気にかけていることを示すメッセージやSNSのコメントをする、特別な割引キャンペーンやイベントへの無料招待を行う・・・

などなど、顧客から見ても「気にかけてくれてるんだな」「特別扱いされてるんだな」とわかってもらえるようなコミュニケーションをしていけるといいですね。

2.消費者が購入を検討するときに真っ先に頭に浮かぶブランドであり続けるためのマーケティング活動を優先的に行う

新規集客をしなくても良いわけではありません。

新規顧客の全員がリピートするわけがありませんから、ある程度は新規集客をしないとビジネスは行き詰まってしまいます。

そんな中、マーケティング活動としては「今すぐ買う」という人でなくても、記憶に残しておけるような存在になることが大切です。

SNSやWEBサイトを通じての継続したメッセージの発信をしていくことはもちろん、その内容も相手の記憶に残るものにしていきたいものですね。

3.推薦、口コミ、ソーシャルメディアへの投稿、紹介、レビューなど販売後に行われる消費者主導のマーケティングを重視する

これまでのビジネスでは購入前の顧客に対して広告を見せたり、メールやSNSを通じて信頼関係を構築して購入に結びつけることが重視されてきました。

今後、その流れがすぐに無くなるわけではないでしょうが、そうではない口コミマーケティングの重要性が増してくるようです。

そのために、商品購入後に推薦をしやすいキャンペーンを行ったり、仕組みを導入して、消費者主導で行われるマーケティングが機能していくようにすることが大切です。

紹介したくなるような商品やサービスを用意して、紹介しやすいような形で展開をしていくと広まりやすくて良いですね。

selfish 2019年に読んで1番良かったビジネス書

樺沢紫苑さんのFacebookを見ていて、紹介されていて購入した本。

まさに、意識高い系の極みとも言える一冊です(笑)

f:id:moriya-shinichiro:20191231230930j:plain

正直、これ一冊をまともに実践しようとしたら、息苦しくなってしまうと感じます。

しかしながら、少しでも生活に取り入れていくことで、凄く人生が良くなっていきそう。

そんな希望を持てた1冊でした。

その証拠に、重要だと感じたところにふせんを貼ったら、こんなにふせんだらけになりました。

f:id:moriya-shinichiro:20191231231028j:plain

率直に言って、2019年に読んだビジネス書の中で1番いいなと思える本だと感じました。

人生を豊かにする28の戦略

本書に書かれているのは、人生を豊かにする28の戦略です。

戦略の1つ1つの概念について、まず冒頭で定義付けを行い、実際に実践をしていくためのポイントを1点1点解説していく構成になっています。

項目によっては、実践のためのチェックリストなどもいくつか用意されていて、非常に骨太な内容になっています。

パーソナル・コーチングの父、トマス・レナードが1989年に出したベストセラー『THE PORTABLE COACH』の完全日本語訳ということで、20年以上前に出版された本ではあるのですが、今に通じる考え方が学べます。

本書の監修者である秦卓民さんは本書と出会ってから、

・本当にやりたいことだけをやりながら、会社の売上規模が6年間で6倍になった
・自分が会社に行かなくても(週に5時間程度)成長し続ける会社になった
・目の前にいる人たちみんなが素敵に見えるようになった
・ずっと前からお会いしたいと思っている人たちと自然と会えるようになった
・ストレスがなくなった

などの変化があったといいます。

もし、同じような結果が得られるのであれば、これはとても魅力的ですよね。

selfish(セルフィッシュ)=自分を大切にする

『THE PORTABLE COACH』という原著を『selfish』と翻訳したところは、非常に思い切ったところだなと感じます。

たしかに、項目の1つ1つはコーチング的な内容です。

その本質として、「自分を大切にする」ことが本書が一貫して伝えていることです。

それを一言でまとめて『selfish』というタイトルにしたものと思います。

最初の章は、

『信じられないくらいセルフィッシュになれ!』

という項目になっています。


そのための実践方法として、まずは「本当はやってみたいけれどできていないこと」を七つピックアップしてみる。

そして、そのことを一週間かけて1日1個ずつやってみることが推奨されています。

私もこのことをやってみましたが、今まで先延ばしにしていた仕事に着手して完了させることができたり、できていなかった体のメンテナンスができたりして、とても有意義でした。

余裕ある人生を送る

もう1点、気になった項目としては4つ目の戦略である『あらゆる領域で「スーパーリザーブ」を構築する』があります。

人生に余裕を持つために、やる価値があることのリストがこの章の末尾には記載されています。

「睡眠」「運動」「水分摂取」といった体にまつわるもの。

時間や心のゆとりにまつわる項目。

PCのバックアップをとったり、クレジットカードを紛失したときの対処法を確認しておくことなど事故や災害への備えにまつわる項目。

あらゆる領域で十分に余裕を持っていくための行動指針が示されています。

たしかに、考えてみれば当たり前のことも多いのですが、できていないことも多々あり、これらを1つ1つ潰していくことは、大きな余裕につながるなと感じます。

selfishの難点

本当に素晴らしい1冊なのですが、本書の中にも難点だと考えられるところがあります。

まず、あまりにも分厚いために、全部を実践するのは至難の業だということです。

完璧主義の方は、かなり高確率で挫折することでしょう。

ですので、1つでも2つでも、これはという項目をまず実践をしていくことが大切です。

また、人によっては本書の内容を実践しようとしても、どうやってやればいいか分からなくなってしまう方もいるかもしれません。

もともと、コーチと伴走しながら使っていくような内容なので、本当にこの内容を実践しようと思ったら、本書のことをよく理解しているコーチの人からサポートを受けながら実践をしていくことが本来であれば望ましいものと思います。

できる人は自力でできてしまうのでしょうが、自力で実践が難しいと感じたら専門家からのサポートは適宜受けながら取り組んでいったほうが良さそうです。




少々高いですが、手に入れておく価値はある1冊。

ピンときた方はぜひどうぞ。

「NHKから国民を守る党」の研究

えらいてんちょうこと、矢内東紀さんの著書『「NHKから国民を守る党」の研究』を読んだ。

f:id:moriya-shinichiro:20191231213746j:plain

ネット上ではえらてんさんと呼ばれていますね。

イベントバー「エデン」をフランチャイズ展開する経営者であると同時に、YouTuberとしても活躍しています。宗教ネタなどが人気コンテンツのようです。

一時期、私もえらてんさんのYouTubeはよく見ていましたが、あまりにも批判の発言が多いので、ここ一ヶ月くらいはやや距離を置いて見ないようにしていました。正直、見ていて嫌になります。

一方で、独自の視点から世の中に切り込んでいく姿勢は、興味深くもあります。

そして、「NHKから国民を守る党」の立花孝志さんのYouTubeも一時期見ていました。

興味を持って見ていた、えらてんさんが「NHKから国民を守る党」を語る本を出すということで、発売が決定したらすぐに予約。

12月になってようやく届いたので要約と感想をまとめてみます。

立花孝志さんとはどんな人なのか?

本書の第一章では、「NHKから国民を守る党」の党首である、立花孝志さんはどんな人なのかが語られています。

多くの党員が所属する「NHKから国民を守る党」ではありますが、事実上立花さんが独裁をするワンマン運営の政党です。

N国党を知るなら、立花さんのことを知る必要があるというのは間違いありません。

立花さんが学校を卒業して、NHKの職員となり、その後退職してパチプロとなり、YouTuberとなり、議員に至るまでの概要がまとめられています。

本書の一貫して伝えていることとして、立花孝志さんおよび「NHKから国民を守る党」は危険性を持った人物、および団体であるということです。

立花さんのYouTubeを見ていると、とにかく次から次へと新しいことを始めて、面白いなというのがいち視聴者として感じるところです。

立花さんに限らずYouTuberというのは、そうしてどんどん新たなエンターテイメント要素を盛り込みながら発信していくことが、人気を獲得するためには必要になるものです。

だからこそ、しゃべるのがうまい人、独自の考え方を持っている人は支持を集めることができます。

YouTube活用の可能性について

YouTuberでもある、えらいてんちょうさんならではの視点として、YouTuberとしての立花さんについて解説をされています。

この立花さんの活動と「NHKから国民を守る党」の躍進を見る限りでは、YouTubeという媒体の可能性を思い知らされます。

無名の人であっても、検索や関連動画などから動画再生数を増やすことができ、接触頻度を増やして視覚と聴覚両方から訴えかけることでファンが増えていく。

それが、ほとんど無料でできてしまうというのが凄いところです。

たしかに立花さんは頭の回転が早くて、しゃべりもできる人だからこそ、YouTubeに向いていたというのはあります。

「とにかく喋り続ける能力に長けている上、ユーチューブという媒体に残すことによって、「いつでも喋っている」という状態を実現できる。ユーチューブは多くの場合一人で視聴するため、同じ主張、同じ論理を繰り返し長時間聴くことで、立花のコピー人間がつくられていく、という具合である。

本書からの引用になりますが、ここがポイントですね。

YouTubeは大きな可能性を持った媒体ではありますが、「喋り続ける能力に長けている人」に有利な媒体ではあります。

トーク力が弱い人だと、もちろん編集などを入れることでYouTubeを活用していくことはできるでしょうが、その分クオリティを上げていく労力がかかります。

編集ほとんどなしの一発撮りで、ある程度のクオリティの動画が作れてしまう人であれば、それこそスマホ一台あれば見るに耐える動画を量産することができます。

この手軽な発信を継続して、YouTubeを通して集客と信頼構築ができてしまう仕組みというのが本当に革命レベルで凄いことなのです。

正直、私はYouTubeに一発撮りで動画を上げられるほどトーク力があるわけではないので厳しいのかなとも思いますが、これだけの可能性がある媒体ですから、どこかで活用していったほうが良いとも感じます。

他団体、人物との比較

第三章では山本太郎さんの「れいわ新選組」、オウム真理教、ナチスドイツ・ヒトラー、余命三年時事日記、トランプ現象、連合赤軍、毛沢東の文化大革命、イスラム国「グローバルジハード運動」などと比較してN国党との共通点や違いが語られています。

まさに『「NHKから国民を守る党」の研究』という本のタイトルにふさわしい、研究結果とも呼べる章になっています。

結論としては、立花さんやN国党はオウム真理教でもヒトラーでもありません。

ただし、その共通点が一部あるという点で、方向性を間違うと世の中を悪い方向に動かす可能性がある。

それを指摘した章だと言えます。

エンターテイメントと洗脳

多くの人はYouTubeをエンターテイメントとして活用しています。

私の4歳の子供ですら、YouTubeを見せると延々と見続けます。

ちょっとやばいと感じたので、今は動画を見せるのは辞めさせています。

しかし、大人になったら大丈夫かと言われたら、決して大丈夫ではないのです。

動画というのは音声、画像、テロップがある場合は文字という、情報がとにかく入ってきやすい媒体です。

ブログであれば、能動的に読もうと思わないと情報が得られません。

一方で、YouTubeであれば、ただ眺めているだけで情報が入ってきます。

しかも、文字による言語情報だけではなく、しゃべる人物の声、動き、そのすべてが情報として入ってきます。

さらには関連動画として、1つの情報に触れたら、次々と似たような情報に長時間触れることになりかねません。

それは楽しいものではありますが、ハマり続けることの危険性は考えないといけません。

単に時間を浪費しているだけならまだ良いかもしれません。

特定の人物のYouTubeを見続けることで、その人の思想に染めることは決して難しいことではないのです。

その思想が良いものであるとも限りません。

楽しいので、ついつい動画を見てしまいますが、単に視聴者として見るだけではなく、最終的には発信者として発信する側にまわることで、得られるものは多い。

そんな、エンターテイメントとして優れていつつも、洗脳ツールとしても使えてしまうYouTubeの可能性と危険性を、本書を通じて改めて感じました。

情報発信者としては、このYouTubeというツールは発信に活用しない手はありません。

特に、しゃべるのが得意な方は、これほど心強い発信ツールはないと行っても過言ではないでしょう。

「最近話題のN国党ってどうなの?」という方にはおすすめです。

なお、本書の補足として著者のえらてんさん(矢内さん)および、N国党の党首である立花さんのYouTubeチャンネルは合わせてチェックしておくことで理解が深まることでしょう。

えらいてんちょうさんこと矢内東紀さんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com

立花孝志さんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com