モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

学び効率が最大化するインプット大全

樺沢紫苑さんの新刊「学びが最大化するインプット大全」を読みました。
f:id:moriya-shinichiro:20190802235927j:plain
樺沢さんは、私が情報発信をする際におおいに参考にしている方の一人です。

前作の「アウトプット大全」は40万部を超えるビジネス書としては異例のベストセラーに。

新刊の「インプット大全」はその続編とも言える内容です。

そんな「インプット大全」での気づきと、私が実際にやってみたこと。

そして、これからやろうとすることを紹介したいと思います。

インプット大全を読んでの3つの気づき

まず、インプット大全を読んでみての感想として「これまでの樺沢さんの情報発信ノウハウの総まとめ的な内容だな。」ということを感じました。

私は樺沢さんの本はほとんど読んでますし、セミナーにも何度も参加したことがあるので、すでに聞いたことのあることも多かったです。

とはいえ、「知っていることとやっていることは違う」というのは、本当にそのとおりです。

「知っているけどやっていなかったこと」があるなという気づきがありました。

例えば、3つほど紹介しますと・・・

1、AZで行こう

まず、最初の気づきが「AZで行こう」ということ。

AZというのは「アウトプット前提」の略です(笑)

インプットの本ではありますが、前提にあるのはアウトプットなのです。

インプットする目的を定め、インプットしたことは何らかの形でアウトプットしていく前提があるからこそ、学びが最大化するということ。

その事例が次の「月3冊を深く読む」ということです。

2、月3冊を深く読む

月3冊の本を読むことと、月10冊の本を読むこと、どちらが学びになるか?

と言われると、月10冊に決まってるじゃないかと思われるかもしれません。

ですが、月3冊の良書を読んでしっかり仕事や生活に役立てているのと、月10冊を読んだけど内容を忘れてしまいほとんど何にも活かしていない。

この違いだったらどうでしょうか?

それだったら、月3冊の読書の方が効果的です。

読書家の方であっても、せっかく読んだ本を何にも使えていないのは、非常にもったいないことです。

いくらビジネス書を読んでも使わなければ、ゲームやネットサーフィンに時間を使うのと大して変わらないかもしれません。

私も、月3冊以上は本は読んでいますが、そのアウトプットは今年3月以降は3冊未満です。

ほとんど本を読んでないのと、同じ状態でしたね。

3、3+3の学び

本やセミナーで学ぶときの、おすすめの学び方が「インプット大全」では書かれていました。

そのキーワードが「3+3」です。

気づきを3つ書いて、行動すべきToDoを3つ書く、さらに足りなければ翌週もう1度復習して、気付き3つとToDo3つを追加する。

これを毎週繰り返していけば、1冊の本から大量の気づきと行動計画を引き出せるというものでした。

良書であればあるほど、取り入れたいことは多いものの、その内容が充実していればいるほど、一気に全部を取り入れることは難しいです。

だからこそ、まずは3つをやってみるということ。

この3という数字の根拠は、脳のワーキングメモリの性能が根拠にあるそうです。

1度に脳が処理できることは3つ程度。それ以上欲張ろうとすると、脳が疲弊したり抜けや漏れが出てくる可能性が高いのです。

だからこそ、まずは3つを着実に行動する。

「インプット大全」についても、この「3+3」の学びを意識して、実践記を書いてみることにしました。

それがこの記事です。

インプット大全を読んで最初に実践したこと3つ

1 、小説を読む

まず、最初に実践したことは「小説を読む」ということ。

私は一時期小説を読むことはあったのですが、最近はあまり読んでいませんでした。

数年前に村上春樹の本を読んだのが最後かもしれません。

そんな中、インプット大全では小説を読むことによる良い影響が7つもあると書かれていたのです。

ストレス解消にいたっては、6分の読書をするだけでストレスが7割軽減するというデータも出ています。

散歩をしたり音楽を聴くことよりも、小説を読むことの効果は高いという印象もあるようです。

ちょうど、気になる小説があったので、少しずつ読んでみることにしました。

読み始めると6分で止めるのが難しいというのは、やや難点ではありますね(笑)

2、脳内情報図書館を構築する

脳内図書館というのは、自分が興味がある分野をあらかじめまとめておくことで、興味のアンテナが立って効率良く情報が集まり、瞬時に取り出せるようになる。

そんな仕組みの作り方です。

自然に頭の中でやっている人もいるのではと思いますが、それを紙に書き起こしたのが「脳内情報図書館」なのです。

私もわりと自然に頭の中は整理されている方だとは思います。

それでもインプット大全に紹介されている「脳内情報図書館」を構築するためのマンダラチャートを書いてみると、いっそう頭が整理されて、自分が求めていた情報はこういう方向性だったんだ。

ということが明確になって、必要な情報とそうでない情報がいっそう明確になりました。

3、2週間で3回以上のインプット

前作の「アウトプット大全」では、記憶を定着させるためには情報を知ってから2週間で3回以上アウトプットすると長期記憶に残りやすいということが書かれていました。

例えば本を読んだら、知り合いに口頭で読んだ本のことを話して、その後SNSに感想を投稿して、さらにブログにレビューを書いたら3回のアウトプット完了ということです。

しかし、その真意としては、

「脳は何度も使われる情報を重要な情報として記憶に残す」

というもの。

だから、必ずしもアウトプットをする必要がなくて、2週間以内に3回の見直しをしれば、十分に記憶に定着させる効果が得られるということでした。

もちろん、アウトプットをしたほうが良いとは思うのですが、知った情報をすべてアウトプットするのが難しい場合もありますよね。

そんなときは、見直しでインプット回数を増やすことを意識してみると良さそうです。

実際に、インプット大全が届いてから3回程度の見返しをしてみましたが、ずいぶん頭が整理されました。

見返すだけでも記憶は強化されるはずですが、さらにTwitterとブログでのアウトプットまですることができました。

今後も、インプットとアウトプットのサイクルを引き続きまわしていきます。


以上、インプット大全を読んでの3つの気づきと、実際にやってみた3つの行動でした。

3+3の学びを毎週取り入れていく

冒頭の気づきの3つ目で紹介しましたが、ノウハウ満載の本であれば、3つの気づきと3つの行動を毎週取り入れて、学びを深めていくことができます。

インプット大全には80もの項目があり、基本原則や応用まで含めると100個近いノウハウが収録されている分厚い1冊です。

1回学んで終わりではなく、しばらくは毎週実践できることを3つずつ取り入れていきたいと思います。

ずばり、次に取り入れるテーマは、

1、移動する

2、おいしいお店を探す

3、電車で30分の駅から気づきを得る

の3点としてみます。

詳細はこれだけではわからないと思いますので、実践後にもう1度ブログにまとめてみます。

NHKから国民を守る党が躍進した7つの理由を考えてみた

7月21日、参議院選挙が実施されました。

投票率は50%を下回り、戦後2番目に低い投票率とのことでした。

それだけ、日本国民の政治への感心は下がっているのかもしれませんが、そんな中でも興味深い現象がいくつか起こっていると感じました。

その中でも特に面白いなと感じたのは「NHKから国民を守る党」(略称:N国党)の躍進です。

「政見放送がウケ狙いで、ふざけてるんじゃないか?」

と見る人が見たら思うかもしれませんが、なんと1議席を獲得した上で、政党要件を満たしてしまいました。

私自身、今年に入ってから「NHKから国民を守る党」には注目していて、もしかしたら参議院選挙でも議席を獲得するかもしれないとは感じていました。

そこで・・・

なぜ、NHKから国民を守る党が、今回の参議院選挙で躍進したのか?私なりに考えた7つの理由を紹介します。

すでに分析されている方も多いですが、特定の「これをやったから支持された」という単純な話ではなくて、いくつかの理由が複合的に組み合わさっての人気だと思うのです。

理由1、絶妙なテーマのワンイシュー

NHKから国民を守る党とは、どんな党か?

それは極めてシンプルです。

政見放送でN国党の候補者の方々もたくさん口にしていた「NHKをぶっ壊す!」という言葉。

提案している政策は「NHKのスクランブル放送を実現すること」のみという政党です。

スクランブル放送というのは、つまり受信料を払っている人はNHKを見ることができるけど、払っていない人は見ることができない。

そういうシステムに変えましょうということです。

つまり、NHKの受信料を支払わずにNHKを見ないという選択をできるようにしましょうというもの。

テレビを持っていたら、必ずNHKの受信料を支払わないといけません。

NHKを仮に見ていなくてもです。

NHKを見ている人に受信料を払う義務があるのはわかりますが、NHKを一切見ないのに支払うのはおかしい。

と思う人がいるのも無理はありません。
(実際はルールなのでテレビを持っているなら支払う義務はあります。)

すでに不満を持っている人がたくさんいて、かつ今後も不満を持つ人が増えるであろうNHKの受信料問題。

その1点を政策として選んだのは絶妙なテーマではないでしょうか。

N国党のみならず、今年の参議院選挙では特定のテーマを打ち出した政治家の方が多くの支持を集めていた例はほかにもあります。

オタクの方々に表現の自由を守ることを訴えていた、山田太郎さん。

ネット右翼の方々に支持されやすい政策を掲げていた、和田政宗さん。

ともに自民党の候補者でしたが、特定の組織から支援を受けることなく自民党の中でも上位の票数を集めて当選していました。

特定の属性の人が喜ぶ政策を打ち立てて、ネットでの発信を絡めて拡散させていくことの有効性が示された選挙だったように思います。

理由2、YouTubeの活用

N国党の代表である、立花孝志さんはYouTuberとしても活躍されています。

初めてYouTuberとして国会議員になった人でもあります。

国民を守る党の躍進の秘訣の1つはYouTubeの活用は間違いなくあるでしょう。

立花さんのYouTubeは選挙前は13万人くらいの登録者数だったと思いますが、今は19万人です。

選挙活動を通じて5万人以上、登録者を増やしているんですね。


小さな政党や個人はテレビや新聞などで報道をしてもらうことができません。

自分の想いを伝えるためには、ネットを使うのが極めて有効なのです。

特に、参議院選挙の比例代表は全国が対象なので、日本中に発信ができるネットとの相性は最高なのです。


ちなみに、選挙期間中によくYouTubeを見ていましたが、自民党のYouTube広告(CM)をめちゃくちゃ見かけました(笑)

何パターンもCMを作っていてかなりお金をかけていたようでしたが、自民党もYouTubeの可能性をよく理解していたんだろうなと思います。

YouTubeはユーザー数が多いこともさることながら、実際に映像と音声の両方で見ている人にメッセージが伝わるので、見た人がファンになりやすい媒体だとも言えます。

理由3、代表・立花さんの戦略とキャラクター

N国党の強みは、なんといっても代表である立花孝志さんの存在ではないでしょうか。

YouTubeを通じて、発信をしていく発言力。さらには、さまざまな戦略を考えて実行する力。

非常に代表の力が強い政党であるといえます。

N国党がYouTubeによって躍進したことは先ほどお伝えしましたが、YouTuberとして率先して動画を活用していたのは、まさに代表の立花さんです。

しかし、単なるYouTuberでは終わっていません。

YouTube以外の戦略も立てて、実行していったことが「NHKから国民を守る党」の躍進に繋がったように思います。

一体、どんなことをしたのか?

それを、次の項目から解説していきます。

理由4、選挙区にたくさんの候補者を立てた

NHKから国民を守る党は比例代表で1議席を獲得しました。

得票率は1.97%でした。

しかし、これは政党要件を満たせる数字ではありません。政党要件を満たすためには比例代表で2%以上の得票率が必要でした。

政党要件を満たすことにより、政党として認められて政党交付金を受け取ることができます。

さらには、政党要件を満たしていると、さまざまな権利が得られて活動をしやすくなります。

政党要件を満たせるか、満たせないかはとてつもなく大きな違いです。

この政党要件を満たす条件としてあるのは、

「政治団体のうち、所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を5人以上有するものであるか、近い国政選挙で全国を通して2%以上の得票(選挙区・比例代表区いずれか)を得たもの」

となっています。


今回、N国党は1議席を獲得したので、国会議員の人数は満たしています。

しかし、比例代表での得票率の条件は満たせませんでした。

そこで戦略として、N国党では全国に多くの候補者を立てました。

多くの選挙区は野党の選挙協力によって1人区では与党、野党ともに1人ずつしか立候補していないところが多かったです。

N国党の候補が立候補することで、2%以上の得票率を選挙区で獲得することができるだろうという戦略でした。

実際、選挙区で2%以上の得票率を得ることができて、政党要件を満たせることになったのですから、これは凄い戦略です。

さらに、選挙区に多くの候補者を立てることで、比例代表の票も伸ばすことができると言われているので、政党要件を満たす条件を狙いつつ広報として選挙区に立候補したということですね。

これはN国党代表の立花さんのYouTubeで選挙が始まる前に、事前に公開されていた戦略ですので、まさに事前の作成通りにことが進んだということで驚きです。

ちなみに、もし参議院選挙で議席が獲得できなかった場合、無所属の国会議員にN国党に参加してもらうことで、政党要件を満たすプランも事前に代表の立花さんのYouTubeではシェアされていました。

理由5、政見放送で面白いことを言って目立つ

多くの人がN国党に注目したきっかけは、参議院選挙の政見放送で面白いことを言って目立ったことではないでしょうか?

しかも、政見放送の内容はネットで拡散してもOKという特性を利用して、YouTubeやニコニコ動画に投稿して拡散してもらうことを推奨しました。

その結果、代表の立花さんをはじめ、何人かの候補者の政見放送は多くの人に閲覧されることになりました。

・立花孝志さんの政見放送(300万再生超え)

・佐藤恵理子さんの政見放送(60万再生超え)

・門田節代さんの政権放送(120万再生超え)

この3つの動画が特に目立っています。

しかも、それぞれ立花さんのアカウントに投稿されたものだけの数字なので、ニコニコ動画やほかの人が転載したものも含めると、実質の再生数はもっと増えていることでしょう。

政見放送としてどうなんだという気はしますが、少なくとも印象には残りますよね。

まず、覚えてもらって認知を得るということは確かに大切です。

覚えてもらえないことには、存在していないのと一緒ですからね。

理由6、地方議員を事前に増やしていた

NHKから国民を守る党は、今回の参議院選挙前に突然出てきた政党ではありません。

私が記憶にあるのは、小池都知事が誕生した2016年の東京都知事選挙です。

このときの政見放送で立花さんが「NHKをぶっ壊す」を連発して話題になりました。

その後、葛飾区議会議員の選挙で立花さんが当選し政治家になり、さらには今年2019年の統一地方選挙では、多くのN国党所属の地方議員が誕生することになりました。

比較的当選しやすい選挙区を調査した上で、立候補していたようで、これも戦略的であるといえます。

地方議員が増えると、選挙のときに選挙活動を応援してくれる人も増えるので、地方議員を増やした上で国政選挙に望むことは大きな意味があるのです。

理由7、ネットだけでなくリアルの活動も地道にしていた

YouTubeをうまく活用して当選した政党というふうに、N国党を説明する人も多いですが、私はそれだけではないように思います。

リアルでの活動も極めて地道に行っていました。前に項目の地方議員を増やしたことも1つ。

さらには、実際にNHKの受信料に関する相談に乗るための電話相談窓口を作ったり、NHK集金人撃退シールを作って無料配布するなど、ネットだけではない地道な活動を続けてきました。

YouTubeをうまく活用しているのは、間違いない事実ではあると思いますが、この地道な活動なくして今回の躍進はなかったように思います。

YouTubeをレバレッジとして活用しつつ、リアルと連動させていくという組み合わせによって、多くの人にメッセージを伝えて気持ちを動かしたことがN国党が躍進した秘訣ではないかと分析します。

私はN国党には投票しなかった

ちなみに、私はN国党には投票しませんでした。

たしかに、面白い活動をしている政党ではあるし注目していたのは事実です。

しかし、国会議員としてふさわしい人は、ほかにいるだろうと思い検討し、別の人に投票しました。

NHKの番組も見ているし、受信料もちゃんと払っていますからね。


今回は、ウケ狙いのふざけた政党が、なぜ議席を獲得して政党要件を得られたのか疑問に感じた人もいらっしゃるんじゃないか?

と思い、少し前からN国党の活動をウォッチしていた私から見た、N国党躍進の理由をまとめてみました。

今後も立花さんのYouTubeチャンネルのいち視聴者として、N国党の動向には注目していきたいと思います。

心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK

知人の高草木陽子さんが新刊「心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK」を発売したので読んでみました。

正直、知り合いじゃなかったら多分読まないんじゃないかと思うくらいに凄いタイトルの本です(笑)

ただ、この「心が折れそうな夫」「モラハラ妻」というのはパワーワードですね。


本書の特徴は、女性を4タイプに分類してそれぞれのタイプの特徴を解説。

さらに、タイプ別の対応方法を紹介していくという流れです。

モラハラ妻とは?

相手に精神的な苦痛を与えることを「モラル・ハラスメント」といい、略して「モラハラ」。

近年、妻から夫に対してのモラハラが増えているそうです。

その背景は働き方の変化であり、結婚や出産をしてからも仕事を続ける女性が増えていること。

それによって、妻の家事・育児の負担が高まると同時に、夫に対する家事・育児の要求レベルが高くなってきたことである。

と本書の中では原因が推測されています。

最近では、「妻のトリセツ」という本も売れているそうで、夫婦関係で悩む人は非常に多い時代なのかもしれません。

実際、私も結婚生活をしていて基本的には幸せだと思いますが「心が折れそう」と感じたり、精神的に苦痛を感じることもないわけではありません。

どうしてそうなるのか?どうすればいいのか?が示されている本書は、おおいに参考になります。

モラハラ妻の4タイプ

女性は4タイプの中のどれかに当てはまるそうです。

とはいえ、複数のタイプが混合している人もいるとのこと。

このタイプ分け、ウェルスダイナミクスの周波数とかなり対応しそう。

ですが、このテーマで周波数ごとの分析をするというのは、あまり好ましくないと思いますので私はやりません。

気になる方は直接私と会ったときに聞くか、メッセージなどで個別に聞いてください。

さて、具体的な4タイプは以下の通り。

GPS型

常に夫の行動を把握していないと気がすまなかったりする、猜疑心の強い怖がり屋がGPS型

夫や過去に付き合った男性に裏切られた経験があったり、子供のときに母親からの愛情をうまく受け止められなかったり、与えられずに大人になると、GPS型になるそうです。

特に、母親に対しての愛情の欠乏を認識している人が多いとのこと。

マイペース型

このタイプの人は家族の予定を台無しにする気まぐれ屋で、そのときの気分や感情で言動が変化するとのこと。

「かわいいワガママ」ともとれる行動で収まる人もいるようですが、いわゆる自己中の度合いが強い人が多いようです。

ちょっと人のことを考えるのが苦手なタイプが、マイペース型にあたるようですね。

上司型

自分の思う通りになって欲しいこだわりやがこのタイプ。

否定的な言葉を多く使ったり、一気にやる気が失せてしまうようなダメ出しをしたりするそうです。

幼少の頃から厳しく躾けられた高学歴な人が少なくないとのこと。一方で、自分自身に対しても要求が高くてセルフイメージや自己評価が低めな人も多いとのこと。

私の妻も多分このタイプですね。当たってるなと感心してしまいました。

暴発型

一番攻撃性の高いタイプで、ぶったり蹴ったり、物を投げつけることで人を傷つけるケースもあり、夫の人間性を否定する暴言を吐く人も少なくないそうです。

本人も親から暴力を受けて育ったり、両親の夫婦喧嘩が絶えない家庭だと、このタイプになる傾向が高いそうです。

当事者にとっては笑いごとではないと思いますが、とにかく暴発型のインパクトの強さが面白いです。

夫婦とはなにか?に対する暴発型の人の考えは→「夫が黙って耐えるもの」だと思っている。

理不尽になるときはいつか?→いつも理不尽

キレるときはいつか→突然キレる

などなど。

このタイプの奥さんじゃなくてよかったと思います。実際に、あの人このタイプっぽいなという人はいますね。

女性との付き合い方がわかる

読み物として読んで楽しむこともできるし、「当たってるなー」「あの人、このタイプっぽいなー」という楽し方もできる1冊。

夫婦関係のみならず、「女性との付き合い方がわかる」1冊になっています。

一番実用的に使える項目は第3章の「4タイプとの付き合い方と対策」のところですね。

それぞれのタイプごとに、どこに気をつけたらいいか分かるので解決に向けて動きやすいです。相手に響きやすい言葉の例もいくつか紹介されています。

違う人間ですから、対応方法を学んだところで、その摩擦をゼロにすることは難しいとは思います。

とはいえ、精神的に(人によっては肉体的にも)苦痛を受けていた理由が、本書を読めばわかると思いますし、解決の糸口も見えてくる可能性が高いです。

私は、第3章の対策のところを参考にコミュニケーションをとりつつ、「響きやすい言葉」をなるべく使っていこうかなと思います。