モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

子供にYouTube見せる?3歳の息子にYouTubeを見せたくないときにすること

f:id:moriya-shinichiro:20180309235220p:plain
昨年、「2歳の子供がYouTubeを見すぎて悪影響を感じた話」の記事を作成しました。

この記事では3歳の誕生日をきっかけに子供にYouTubeを見せるのは辞めたと書いたんです。

実際しばらくは、子供にYouTubeを見せない生活が続きました。

意外となんとかなるもんだなと思ったのもつかの間、ひょんなきっかけから、また子供がYouTubeを見たがることになり、見せないのが難しくなってしまいました。(何がきっかけだったか忘れましたがユーチューブユーチューブとうるさく言ってた気がします。)

結局、もうすぐ4歳になる息子ですがYouTubeをよく見る生活に戻っています。

YouTubeのことを書いた記事から1年近くたってますが、少し私の考え方も変わったところがあるので書いてみたいと思います。

目次

YouTubeを見るのはそんなにいけないこと?

この1年で調べていく中でいろんな人の意見を見かけました。

その中には、「YouTubeを見るのはそんなにいけないこと?」というものがありました。

昔だって、「テレビは良くない」「ゲームはよくない」といった子供が楽しいと感じるものを大人は禁止してきました。

YouTubeだって同じようなものじゃないかという話です。

これは、たしかにそうかもしれない気がしてきます。

実際、YouTubeを見ることがそこまで悪いものだというエビデンスは今のところないと思います。

もちろん、見すぎたら目が悪くなるとか睡眠に影響が出るとかはあると思いますよ。

でも、それはテレビやゲームだって同じことです。依存症だってゲームにもありますからね。

・明らかに有害だと思われる動画は見せない
(幸い、あまりそういう動画にはお目にかかりません。)

・夜寝る前には見せない

ということは意識して楽しくYouTubeを見てもらうようにしています。

ただ、やはりどうしてもYouTubeは子供にとって良くないという直感が抜けきらないので、可能な限り子供がYouTubeを見る時間が減るような工夫はするようになりました。

その工夫とは・・・

子供にYouTubeを見せたくないときの工夫

外で一緒に遊ぶ

これは究極のYouTubeを見せない対策かもしれません。

休日の日などは、子供と一緒に外で遊ぶようにしています。

いざ遊び始めてしまえば、子供は楽しく遊べるもんです。

YouTubeのことも忘れてくれるので、時間の許す限り外で遊んでいます。

ただ、外で一緒に遊ぶのはずっと遊んでいるわけにもいきません。

夜は遊べないですしね。

自宅に戻ったときに子供に自由時間ができたときに、やはりYouTubeは見たがります。

そんなときに何を見せるのかを次は紹介します。

絵本やプラレールなどに室内遊び

外で遊べない場合は室内での遊びをします。

夜寝る前は絵本を読むことが多いですね。

あと、創作するのが好きなのでしょうか。粘土で遊ぶのも好きです。

100円ショップとかで粘土を買ってくると喜んでやってくれます。

電車が好きなのでプラレールで遊ぶことも大好きです。

いろんな遊びがありますが、それでもやっぱり「ユーチューブ見たい!」とねだられることは多々あります。

Amazonプライムビデオの番組を見る

Amazonのプライム会員であれば無料で閲覧できる機能の1つに「Amazonプライムビデオ」があります。

ものすごくたくさんのコンテンツを無料で見ることができるので、とても便利に使っています。

子供向けの番組もたくさんあるので、ノートパソコンで息子の気に入った番組を見てもらうようにしています。

いまのところ、息子が好んで見ているのはこの4つですね。

新幹線変形ロボ シンカリオン

f:id:moriya-shinichiro:20190115182553p:plain

新幹線とエヴァンゲリオンが混じったような作品ですね。
父親との関係が良好なエヴァンゲリオンとも言われています(笑)

電車好きの息子はシンカリオンは大好きですね。
最近はシンカリオンごっこもするようになりました。

→ 新幹線変形ロボ シンカリオンの視聴はこちら

仮面ライダーの映画

f:id:moriya-shinichiro:20190115182728p:plain

最近見た映画の正式名称は「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」ですね。長い・・・

3歳になると特撮モノにいよいよ興味を持ち始めますね。そういえば、私も4歳くらいの頃から戦隊モノを見始めた気がします。

保育園に行ったら友達から情報も入ってくるでしょうしね。

なかなか集中力がつづかないのか、少し見たらすぐ違うのを見たいと言ってきます(笑)

仮面ライダーはちょっと話が難しいところがあるかもしれませんね。

私の方が「もっと続きみたいのにー」ってところで番組変更をリクエストされます。

しまじろうのわお

f:id:moriya-shinichiro:20190115182745p:plain

子供に人気のしまじろうも、Amazonプライムビデオだと無料で見ることができてしまいます。

1話あたりの時間が短いので、結構飽きずに見てくれている印象があります。

また、実写版のコンサートもうちの子は気に入っています。

→ しまじろうのわお!(アニメ)はこちら

→ しまじろうの実写版コンサート

タンブルリーフ

f:id:moriya-shinichiro:20190115182807p:plain
海外制作の幼児向けアニメですがAmazonプライムビデオオリジナルの作品のようですね。

なかなか子供の好奇心を刺激しそうな面白いアニメです。一時期、凄く熱心に見ていました。

日本語吹き替え版もあるので安心です。

→ タンブルリーフの視聴はこちら


こういった子供向けのアニメや面白い特撮がAmazonプライム会員に入っていると、無料で見れてしまうAmazonプライムビデオ。

めちゃくちゃお得でありがたいなと思います。

ほとんどの人はAmazonプライム会員には入っていると思うので使い倒していきましょう!

入っていないなら、この機会にぜひ!

プライムビデオだけで十分元とれそうです。

↓ ↓ ↓


子供の集中力は続かない

YouTubeの変わりにAmazonプライムビデオの番組を見せてみると、子供の集中力は意外と続かないことがわかります。

結構早く、「違うの見たい!」と言われることも多々あります。

単純に好みじゃない動画なのかもしれませんが、集中力が続いていない気がします。

YouTubeの場合は比較的短い時間で1つの番組が終わります。

なので、YouTubeだと飽きずに次々と動画を見続けることができるのかもしれませんね。

スマホでYouTubeを見る頻度を減らす

もう1つ意識するのは、スマホでYouTubeを見せる頻度は少なくするということです。

スマホを渡しておけば、勝手に好きなように見てくれるのでメチャクチャ楽です。

ただ、「これでいいのかな?」って感情に凄くなるんですよね。

そして、かなり目をスマホに近づけて見たりしてるので、これを続けていると高確率で目が悪くなりそうです。

いずれ目は悪くなるものなのかもしれませんが、可能な限り視力は良くしてあげたいなってのはあります。

なので、YouTubeを見る場合でもパソコンやタブレットなど大きめの画面で見せるようにしています。

あまり神経質になってYouTubeを禁止するのは辞めました。動画全盛のこの時代、YouTubeを禁止するのは自分の子供時代にゲームを禁止されるのと一緒の感覚なのかもしれませんから。

納得できる育児ができるよう、YouTubeと付き合っていきたいものです。そして、YouTube以外にもたくさん楽しいものがあるという選択肢を常に子供に提示していきたいと思います。

以前書いた、子供のYouTubeネタの記事もよろしければ読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓

blog.shinichiromoriya.com

前田裕二さんのメモの魔力の感想

前田裕二さんの著書「メモの魔力」を読んだ。

f:id:moriya-shinichiro:20190111234818j:plain

前作の「人生の勝算」もメチャクチャ引き込まれる内容でワクワクしなから1冊読み切ることができました。

新刊となる「メモの魔力」は、「人生の勝算」以上に実用的なメソッドをまとめた使える内容になっていました!

今回は「メモの魔力」を読んで印象に残った箇所をいくつか紹介したいと思います。

30冊以上の自己分析ノートに書いた1000の質問

就職活動のときは、自己分析を深めるために内省メモを続け、自己流で作っていた「自己分析ノート」は、最終的には30 冊を超えました。起業のアイデアもノートに書き 溜めて、そこで描いたビジネスモデルの数は100を超えました。(メモの魔力より引用)

「人生の勝算」の中で、就職活動のときに自己分析ノートを30冊以上書いたというエピソードが出てきました。

私は、おそらくこの圧倒的な自己分析をしたことが前田さんの軸を作ったのだろうなと感じました。

ですが、自己分析に感する詳しいやり方は「人生の勝算」では語られることはありませんでした。

まさに、そのやり方をまとめたのが「メモの魔力」なのです。

就職活動のときのみならず、ビジネスアイデアやあらゆることを前田裕二さんはメモにとっているそうです。

そういったメモによって、前田さんが立ち上げたSHOWROOMのサービスは生み出されたし、数々のビジネスモデルやアイデアもメモから生まれたそうです。

やりたいことを見つける方法

講演会などの機会に皆さんとお話ししていても、「やりたいことがわかりません」という質問が一番多いのですが、毎回、「どうすればやりたいことが見つかるか」という答えを具体的に提示することができませんでした。なぜなら、僕自身、本当に心からやりたいことを見つけるのに、30数冊もノートを書いたから。(メモの魔力より引用)

「やりたいことがわからない」という人は多いと思います。

そのための自分探しをしても実際のところピンとくるものが出てくる人は少ないのではないでしょうか?

また、1度やりたいことが見つかっても、やっているうちに飽きてしまったり、「本当にこれでいいのかな?」と思えてくることもあると思います。

自分の中にある、確固とした軸があれば迷うことも少ないですよね。そのためにもメモを使った自己分析をしていくことは役立つのです。

メモのとり方

メモは果たして、どれくらいとればいいのか。結論から感覚値で述べると、「すごくたくさん」です。その「たくさん」のレベル感を具体的に提示するならば、極端ですが、最初は「聞いたことをすべて書きとる」という勢いでやったほうがいい(メモの魔力より引用)

メモのとり方は本書の中でたくさん解説されているのですが、まず基本になる部分がここなのかなと思いました。

メモをとろうと思ったけど、どこが重要なのがわからなくて結局たいしてメモをとることなくミーティングが終わってしまった。

なんてことはありませんか?

私はよくありました(笑)

結局、頭があまり働いていなかったのかなと思いました。

すごくたくさんメモをする。聞いたことをすべて書きとるくらいの勢いでメモをとると集中力が必要です。

私もこれを意識してメモをとってみたら、たしかにすごく集中できました。

集中しすぎて頭がいたくなりました。

でも、聞く姿勢が格段にとれているなと感じたので効果を強く感じています。

メモは姿勢

何らかの目的を持って、日々、あらゆる情報に対して、毛穴むき出し状態でいられるかどうか。身の周りのあらゆる情報にアンテナを張り、そこから何らかの知的生産を行う意識を持てているかどうか。この、弛まぬ知的好奇心と、知的創造に対する貪欲なスタンスこそが、メモ魔として最も大切にすべき基本姿勢であり、この本に出会ってくださった皆さんにフォーマット以上に身につけてほしい素養(メモの魔力より引用)

「メモの魔力」では、メモのとり方について数々のノウハウが出てきますが、それよりも大切なのはこの考え方なのかなと思いました。

フォーマットがあったり、色分けすることだったり、細かいことはいろいろありますが、まず「メモをとる意識を持つ」ということ。

そこから付随して、情報に対する感度を上げて、考える力を養ってアウトプットをしていくことがメモをとる本当の目的ということです。

やり方にこだわってうまくやらなくてもいいということですね。

自分との約束を守る

僕が夢をかなえるために昔からやっているのは、特に目新しい手法ではないですが、自分との約束をスケジュールにはっきりと書き込むことです。「緊急ではないけれど重要なもの」に対する自分との約束は、よほどのことがない限り、常に守っています。(メモの魔力より引用)

これは、メモの話ではありませんが、「7つの習慣」の本の中にも出てくる重要な考え方ですね。

それでも、意外とできている人はいないのではないでしょうか?

私も知っていたのにやれていなかったことの1つでした。

前田裕二さんは寝る前の1時間を自分の時間としてアポをとって、そこで読書をしたりメモを使って深掘りをして思考の時間に当てたりしているそうです。

物凄い仕事量がありお忙しいはずの前田さんですら、そういった自分とのアポの時間を本業として別に持っているのです。

人とのアポが入れられるなら、自分とのアポも入れることができますよね。

夢や目標を叶えるためには、そこに向かう時間が必要です。

「いつやるのか?」を予定表に入れて、まずその時間に行動することが、特に行動力がネックになっている人にとっては大切なことではないでしょうか。

→「メモの魔力」のAmazonのページはこちら

ちなみに前田裕二さんの前作である、「人生の勝算」も、とても熱くて面白い一冊です。

私が書いた「人生の勝算」の感想はこちら
blog.shinichiromoriya.com



「人生の勝算」は今ならKindleUnlimitedに登録していると無料で購読できます。

お得ですね!

KindleUnlimitedの登録はこちらからできます。

↓ ↓ ↓

西野亮廣さんの「新世界」を読了したので感想とまとめ

西野亮廣さんの著書「新世界」が、WEB上で無料公開されていたので読んでみました。

私は西野さんのことは、そんなに頻繁にチェックしているわけではありませんが、時折動向をチェックしている程度のゆるいファンという感じです。

もともと、テレビ番組の「はねるのトびら」に西野さんが出演していた頃はよく見ていて楽しく見ていました。

今回の「新世界」はこれまでの西野さんの発信を考えると、決して新しいことは言っていないと思います。

とはいえ、これまでの西野さんの考え方や活動についての総まとめ的なコンテンツでしたので、私のようにちょっと興味がある程度のゆるいファンにとっては楽しんで読むことができた1冊だったように思います。

お金を信用で集める貯信時代

まず、大きなトピックとして、「お金」を信用で集める「貯信時代」という章に多くのページが割かれていました。

「貯信」というのは、「貯金」に対する造語だと思いますが、お金を貯めるのではなく信用を貯めておくという意味です。

「恩返し」という言葉が昔からあるように、信用を集めた人に人やお金が集まるというのは、昔からある程度あることのようにも思えます。

ただ、今後の世の中というのは、この「信用」を「お金」に換金していく手段が多様化していって、今まで以上にダイレクトに信用がお金に結びついてくるという話です。

クラウドファンディングがその方法の1つですし、オンラインサロンのような自分のサービスを提供することも信用をお金に換金する方法の1つです。

クラウドファンディングでの資金調達

クラウドファンディングという手段も認知度が広まってきました。

お金が必要であればクラウドファンディングをつのれば、銀行やベンチャーキャピタルの力を借りずともある程度の資金調達が可能な環境が整ってきています。

とはいえ、クラウドファンディングで誰でも資金調達が可能なのかといえば、決してそんなことはありません。

ここで必要になってくるのが「信用」なのです。

「信用度」が高い人は資金調達ができるけど、低い人はできない。

だから、有名人だからといって必ずしもクラウドファンディングではうまくいかない人もいます。

「信用度」を高めるコツは嘘をつかないこと

では、問題の「信用度」を高めるにはどうしたらいいか?

というと、その詳細は西野さんの前著「革命のファンファーレ」に詳しく書かれているとのことでした(笑)

ただ、ポイントを言えばそれは「嘘をつかないこと」が大切。

嘘をつかないなんて当たり前のように感じるかもしれないけど、日々の仕事の中で発信する相手について「嘘をつかざるを得ない」人は意外にも多い。

芸能人などの広告塔になる人であれば、なおさら嘘をつく機会が多くなる。

でも、そうじゃなくても嘘をつかざるを得ない場合も出てくる場合があります。

例えば、WEBライターの仕事をしていると、クライアントの意向で「紹介する商品を否定したりデメリットを言うことは辞めてほしい。」という要望が来ることはたまにあります。

その場合、相手の意向をくんで要望通りに発信してしまう人も多い気がします。

そこで、嫌だと言えるかどうか?

仮に嫌だと言って仕事を切られても困らない環境にできているかどうか?

これが、「嘘をつかないこと」のポイントなのです。

認知度は低いけど信用度が高い人

評価経済社会という言葉も少し前に出てきて、そのときはTwitterなどのSNSのフォロワー数が評価の指標になるという程度にしか個人的には認識はしていませんでした。

ここでいう「信用」は、またちょっと方向性が違うもののようです。

そもそも、「認知」と「信用」は別方向という話が「新世界」の中ではなされていました。

認知度は高いけど信用度は低いという人もいます。

多くの芸能人がそうですし、一般人でも悪いことをしてTwitterで炎上するような人は認知は高くなるけど信用は低いので何も起こらない。むしろ会社や学校にばれて悪影響すら出てくるかもしれません。

一方で認知も信用も高い人は、多くのファンを持ち、その信用力を武器にさまざまな一人ではできないことを可能にしていくことができます。

西野さんやホリエモンなどは「認知度も信用度も高い人」です。

影響力を高めるためには、TwitterやYouTubeなどSNSの力を使う方法もあれば、テレビや書籍などのメディアの力を使う方法もあります。

そして、注目すべきは、そういった信用力も影響力も高い人だけでなく、影響力は少ないけど信用はされている人の存在です。

影響力は少なくても特定のコミュニティで貢献をしていたり、知り合いの間だけでも価値が関係者に伝わっていれば、その人は「信用度が高い人」となります。

コミュニティそのものの質・量がともなったものであれば、コミュニティの中から仕事をとってきて生活ができるレベルのビジネスが成り立ったりする可能性が出てきます。

お金を稼ぐか?信用を稼ぐかを選択できる時代

これは、お金に価値がないという話ではありません。

「新世界」でもお金は大切であり必要なものだという話は最初に提示されています。

ただ、お金の稼ぎ方というのが、

【価値の対価としてお金を受け取る】

以外にも、

【価値を信用に変えていつでも換金できるようにしておく】

というやり方も選択することができる時代になったのです。

一見、タダ働きのように見えても、その行動によって信用が積み上がっているのであれば、損はしていないことになります。

この感覚の違いを自分の仕事にも反映させていきたいと思います。

必ずしも報酬をお金で受け取らなくても良いと考えると、できることの選択肢が増えそうな気がします。

西野さんの著書「新世界」は下記のページで無料で読むことができます。
r25.jp

たしかに、WEBページでの閲覧はちょっと読みずらいとは言えるので、紙の書籍や電子書籍で読みたい場合は、こちらのAmazonのページなどで書籍を入手しましょう。