フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

ソフトバンク光の回線が遅すぎて話にならないと思ったら・・・

f:id:moriya-shinichiro:20180808173549p:plain
私の家のネット回線はソフトバンク光を使っています。

昨年の3月から使っていたのですが、ある日を境に異様に重くなって、普通にネットをするのが難しいくらいで、ストレスでした。

調子の良いときは動画も見れますが、調子が悪いと動画どころか普通にネット閲覧さえも怪しいほどです。

ソフトバンク使えなさすぎじゃね?

と思って、「ソフトバンク光 遅い」で検索してみたところ、やはり遅いという声もあります。

あー、ソフトバンク光に変えたのは失敗だったか・・・

スマホでテザリングする方が早いとか、ありえないよなー

と思っていて、解決方法を探している中で、そんなに遅くないんじゃないかという声もあり、環境次第なのかなとも思う次第。

しかも、回線導入当初は、そこまで遅くなかったような気もするしどうしたんだろうなと思っていました。

テザリングだと容量の関係で、動画をガンガン見たりすると、さすがに容量が足りなくなってしまいます。

さてどうしたものか・・・

ソフトバンク公式サイトを見ながら通信速度をチェック

まず、改善策としてソフトバンク公式サイトのヘルプを見ながら改善方法を模索。
ybb.softbank.jp

通信速度は特に問題なさそう。

光BBユニット、有線と無線で通信速度チェック、セキュリティソフトを切ってみる。

など試してみたけど、通信速度の遅さは変わらず

通信速度チェックでは特に異常がないのに実際に使ってみると遅いのはなんか変だなという感じ。

公式サイト以外のサイトを検索して分かった改善策としては、ルーターをソフトバンクから提供されたものから別のものに変えるというのが有力そうでした。

が、ネット回線のシステムにそれほど強いわけではない私は、この変更のやり方もよくわからずに、なかなか重い腰が上がりませんでした。

ルーターの電源を落として再起動した結果・・・

そんな中、別の解決方法として、ルーターなどの接続機器の電源を落として数分後につなぎ直してみたら回線が早くなる場合もあるとの情報が。

たしかに、ネットがつながらないときとか、この方法で改善すること多かったよなーと思ってダメ元で実践してみました。

すると・・・

普通にストレスなく使えるようになりました。

あー、これわりと基本的な対策でしたね。

ソフトバンク光に限らず、ネット回線がつながらなかったり、重いときにはルーター再起動で治る場合があるというのは定番の改善方法です。

インターネットが繋がらなくなったときは、まずは接続機器の再起動からやりましょうと書いてあるサイトもあったくらいです。

完全に繋がらないというわけではなく、一応つながるにはつながるし、調子のいいときは使える感じだったので、だましだまし使ってしまいましたが、きちんと調べないとだめですね。

というわけで、ネットの回線が繋がらなくなったり、異様に接続速度が遅くなったときには、ルーターなどの接続機器の再起動をすることをまずは試してみましょう。

接続機器の再起動方法

ルーターの電源を切る(コンセントを抜く)

レンタルされているモデムなどの電源を切る(コンセントを抜く)

数分待つ

モデムの電源を入れる

ルーターの電源を入れる

数分待ってから再び接続してつないでみる


これで、治ることも結構あるようなので、というかうちの場合は治ったので困ったときはまずは試してみましょう。

ソフトバンク光の回線がクソなんじゃないかと、疑ってしまい申し訳なかったです(汗)

雑誌読み放題アプリのdマガジンが今更ながら凄すぎて感動もの

f:id:moriya-shinichiro:20180805230057p:plain

先月、池上彰さんと佐藤優さんの書籍「僕らが毎日やっている最強の読み方」を読んだことをブログに書きました。

そのときの記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com

「僕らが毎日やっている最強の読み方」の中で紹介されていたdマガジンという雑誌読み放題のアプリがあるのですが、今さらながらdマガジンのアプリが凄すぎて感動ものでした。

雑誌が定額で読み放題になるアプリがあるって話は聞いたことはあるのですが、そのときは「ふーん」というくらいでスルーしていました。

改めて、dマガジンの情報を知って実際に使ってみると、「これ、やばくね?」ってくらいに便利なものでした。

そもそも、最近はほとんど雑誌を買って読むようなことはありませんでした。

興味のある特集を見つけたら数ヶ月に1冊くらいは買うくらいでした。

今どき雑誌はオワコンかなーくらいに思っていたくらいです。

ですが、dマガジンというアプリ、なんと月額400円でいろんな雑誌がアプリで読み放題になるというのです。

雑誌って1冊400円以上するじゃないですか。

それが、読み放題ってどういうこと?って話です。

dマガジンで購読できる主要な雑誌

もちろん、いくら400円だって、読みたいと思わない雑誌がいくら読み放題でもお金の無駄ですよね。

dマガジンではどんな雑誌を読むことができるのでしょうか?

主要な雑誌を紹介してみると・・・

【総合週刊誌】

FEIDAY 女性セブン 女性自身 週刊新潮 週刊文春 サンデー毎日 週刊女性 週刊朝日 ニューズウイーク日本版 FLASH 週刊SPA! 週刊現代 AERA 週刊ポストなど

【ビジネス誌】

日経マネー 週刊エコノミスト 週刊ダイヤモンド 週刊東洋経済 PRESIDENT ダイヤモンドZAiなど

もうこのへんの雑誌が読めるだけでも、ビジネスマンの人や芸能ニュースが好きな人なら読む価値ありますよね。

あと、個人的には日経エンタテイメントとか結構好きですが、これもラインナップに入っています。

あえて、毎月雑誌は買わないですが、読み放題だったら読んどこうかなと思います。

雑誌読み放題サービスはいくつかありますが、文春砲で有名な週刊文春が読めるのは、dマガジンだけでした。

ファッション誌とかライフスタイル系、趣味系の雑誌も充実してます。

どの雑誌が有名なのかあまり分からないのですが、メンズノンノやCanCam、ananなど男性向け、女性向け共にファッション誌も充実しています。

普通だったら買わないけど、読み放題の中に入ってたら読んでみようかなと思うものもありますよね。

異性向けの雑誌とか、普通はあまり読まないと思いますが、アフィリエイターの人とかは読んでみると、紹介する商品の幅も広がると思います。

dマガジンのデメリット

dマガジンはそんなわけで、ものすごくメリットがありそうですが、デメリットに思えることもあります。

まず、紙の雑誌に比べて意外と読みづらい。

PC、スマホ、タブレット、どれを使って読むこともできますが、どれを使ってもやはり紙の雑誌にくらべたらだいぶ読みづらさを感じます。

また、雑誌によっては一部しか読むことができません。

例えばPRESIDENTなんて、特集部分はほぼ丸々カットされています。

PRESIDENTを読む人って、ほぼ特集部分が読みたくて買う人がほとんどなんじゃないかなってくらいに、特集が強い雑誌だと思うのですが、そこをカットされてしまうのは痛いです。

デメリットはあるものの、まあ月額400円ですから、それでこれだけ読めるのであれば十分読む価値はあると感じています。

dマガジンは自己アフィリエイトできます

ちなみに、dマガジンはafb(アフィビー)で自己アフィリエイトすることができます。afbは旧アフィリエイトBですね。いつの間にか名前が変更していました。

自己アフィリエイトで400円が貰えますので、実質1ヶ月分は無料で購読できてしまうわけですね。

dマガジンを自己アフィリエイトできるafbの登録はこちらからできます。

↓ ↓ ↓

カンファレンスバナー

一応、dマガジンの本サイトもリンクしておきます。
自己アフィリエイトするのも面倒なので直接登録したい場合はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓

magazine.dmkt-sp.jp

ストレスを減らす方法は「人は変わらないもの」だと思うことだった

ストレスを減らす方法について、ツイッターでつぶやいてみたところ、反響があったので記事にしてみます。

このとき何があったか忘れてしまったのですが、なにか自分の思ったとおりにならないなって思うことがあったと思うんですよね。

いや、誰かが自分に対して提案をしてきて、でも自分の意見は全然違ったので言われたとおりにしなかったってことがあった気もする。

とにかく、今は忘れてしまったので、大したことではなかったのでしょう(笑)

でも、「人は変わらない」という前提を持っておくと、いろんな場面でストレスが減ると思うのは変わらないのでブログにまとめておきます。

人は変わる場合もある

ちょっと文字数の関係でツイッターでは言い切れなかったことを補足すると、そもそも、「人は変わる」場合もあるんですよね。

たしかに、変わるときには変わる。

私も、子供の頃と今とで比べてみたら変わったところもたくさんあります。

では、今回でいう「変わらない」とはどういうことかというと、自分の都合で変わってほしいように相手を変えることはできないってことです。

やっぱり、自分の思い通りに物事を動かしたいって誰もが思うじゃないですか。

思わないですか?

自分なりの理想があって、でも実際はその通りにはならない。

特に、仕事でもプライベートでも人が関わることの場合、相手も自分の理想を持っているので、こちらが「こうしてほしい」と思って、そのことを相手に伝えてもそのとおり動いてくれるとは限らない。

「絶対こうした方がいいと思うのに、なんでそうやらないんだろう?」

なんて、思うことありませんか?

そういうときって、言われた相手も「いや、自分はこうしたほうがいい。」って思ってたりするかもしれません。

もしかしたら、単にめんどくさくて行動しないだけかもしれない。

でもそれだって、「わざわざ行動するよりも何もしないほうが楽」という意見を持っていることになります。

提案はするけど変わることは期待しない

つまり、相手が変わってほしいのに変わらないことにストレスを感じるのではなく、もともと「人は変わらないものだ」と思っておくのはどうでしょうか。

そうは言っても変わってくれないと困るんだよねということは、仕事でもプライベートでもあるかもしれません。

それでも、そう簡単に変わるものではないという前提のもとに交渉するとストレスは減る気がするのです。

無理に変えようとするよりも仕事を変えたり、変わらない人と距離を置く方が楽かもしれません。

思ったことを提案するのは、どんどんしても良いと思います。

それで、相手もそうしたほうがいいと思ったら、変わってくれることもあるでしょう。

ただ、それで相手が変わらないとしても、そもそも相手は変わらないものだと思った方がいい。

アドラー心理学でも同じように考えるんだった

よく考えたら、アドラー心理学をベースにした書籍「嫌われる勇気」でも「課題の分離」として、相手の課題には必要以上に干渉しないことを伝えていました。

子供が勉強をしなくても、子供が勉強をするしないは子供の課題なので、親は必要以上に干渉しない。

もちろん、子供を応援をする気持ちと、どういう形でサポートができるかということは情報として伝えておいたほうがいい。

どんな選択肢があるかを伝えた上で、相手がどういう選択肢を選んでも、それは相手の課題なので、そのことについて親は干渉しない。

「他者の課題には介入せず、自分の課題には誰ひとりとして介入させない。(嫌われる勇気より)」

久しぶりに「嫌われる勇気」を読み返してみると、なるほど深い1冊だなと改めて感じます。

特に「人は変わらない」「無理やり変えることはできない。」という前提のもとに「課題の分離」を行うことは、考え方を楽にするのに役立ちます。

逆に言えば、自分がする行動についても、相手の批判や評価を受けることがあっても、それによって行動を変える必要はない。

もちろん、なにか言われたことで、自分も変えたほうがいいと思う行動であれば変えるのはいいけど、そうでなかったら思ったようにやればいい。

要は法律に違反しない限りは好きに生きて良いってことです。

素晴らしいですね。

何気なく思いついてツイートした一言ですが、前に読んだ「嫌われない勇気」の考え方が、自分の中にまだ残っていたのかもしれません。