モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」を無料で読んだので要約と書評を書いてみる

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」という気になるタイトルの本がAmazonプライムの会員だと無料で読めたので読んでみました。

哲学って好きなんですよね。

「ソフィーの世界」という本を中学生くらいのときに読んで、哲学ってなんかいいなーと憧れを持っていました(笑)

かといって、あまり日常生活に役立てていることもなく、教養として一応知識だけは少しあるという感じでした。

そんな哲学の考え方を、仕事や普段の生活の中に活かしていくための教えが語られていたのが本書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」なのです。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」の要約

本書では、さまざまな悩みを取り上げて、「その悩みはすでに哲学者が過去に答えを出していることですよ」と該当する哲学者の理論を紹介していく流れになっています。

例えば・・・

仕事の分野の悩みへの回答

・将来、食べていけるか不安

・忙しい。時間がない

・お金持ちになりたい

・やりたいことはあるが、行動に移す勇気がない

・会社を辞めたいが辞められない

自意識・劣等感の悩みへの回答

・緊張してしまう

・自分と他人を比べて落ち込んでしまう

・ダイエットが続かない

・人の目が奇異なる・・・

人間関係の悩み

・友達から下に見られている

・嫌いな上司がいる・上司とうまくいっていない

・家族が憎い

恋愛・結婚の悩み

・恋人や妻(夫)とけんかが絶えない

・不倫がやめられない

・大切な人を失った

人生の悩み

・やりたいことがない

・毎日が楽しくない

・夜、孤独を感じる

死・病気に関する悩み

・死ぬのが怖い

・人生がつらい

・重い病気にかかっている

などなど・・・

これらの悩みについて、すでに哲学者たちが過去に悩みへの回答を見出しているということなのです。

特に、個人的に印象に残った解決方法について紹介してみたいと思います。

ジョン・スチュアート・ミルの功利主義をダイエットに応用する

f:id:moriya-shinichiro:20191014191225j:plain

「ダイエットが続かない」という悩みの解消方法をジョン・スチュアート・ミルの思想から解決に導くという項目がありました。

これは、ダイエットに限らず、やりたいことがあるのに続けることができない。勉強たいとは思っているけど、ついつい遊んでしまう。

そんな、向上心と怠惰とのはざまでラクな方に流されてしまうことの多い私にはとても響いた考え方でした(笑)

産業革命期のイギリスで提唱された、「功利主義」という哲学を考えたのがミルです。

「功利主義」とは「生み出される幸福の量が増大する行動こそ正しく、苦痛の量が増大する行動はまちがっている」と考える哲学です。

「ダイエットが続かないこと」「ダイエットをサボること」というのは、その選択をすることで一種の快楽がもたらされます。

「運動をしなくていい」とか「甘いものや夜食を我慢せずに食べられる」といったものかもしれませんね。

ダイエットが成功することの幸福量よりも、目先の楽しみを取る方が幸福を感じやすいとも言えるかもしれません。

しかし、ミルが考えた快楽には「量」だけでなく「質」があると考えました。そして、人は2つの快楽が目の前にあるとき、「質」の高い方を選ぶのです。

「本当に?だったらなぜ、ダイエットが続かないの?」と思うかもしれません。

その理由は、本来「質」が高いはずのダイエットを成功させるという高いレベルの快楽があることを自分自身が知らないからだとミルは考えました。

「尊厳」という言葉を使って、人はひとたび高いとされる快楽を知ると、低い快楽に戻ろうとは思わなくなるのだそうです。だから、誘惑に負けて質の低い快楽を選択してしまうのは、「そもそも自分は質の高い快楽を知らない」と考えるのです。

成功するには成功体験が必要だという矛盾を解消する

この考え方を応用すると、ダイエットが続かないのなら、ダイエットを一度でも、意地でも続けて、やせてみたことがあるという成功体験があることが必要になります。

その成功体験が自分に「低級の快楽」を我慢させ、ダイエットを続けさせることになるプライドを与えるのです。

「いやいやいや!そもそもダイエットに成功できないから悩んでいるのに、ダイエットを続けるコツがダイエットを成功させることだなんて、どうにも解決できないでしょ!」

と、思われるかもしれません。

その場合、ダイエット以外で「目の前の誘惑を我慢して、何かをやり抜いた成功体験」を持っていれば良いとしています。

最近、ビジネスマンにとって筋トレや運動が大切だということや、早起きをすることが大切だというノウハウがよく言われていますね。

これもまた、ビジネス以外の分野でなにかをやり遂げる成功体験を積むことが、ビジネスそのものの成功に結びつけやすいというものなのかもしれません。

人それぞれ続けやすいことというのはあるものだと思います。

「続かないことは、そもそもやりたくないから続かない」そんなふうに言う人もいるし、たしかに一理あることでしょう。

ですが、ミルの言うように、「成功した先にある快楽が想像できない」から、やり続けることができずに、ほかのことをしてしまうのもあるのではないでしょうか?

私自身も、締切のある仕事は締切に間に合うようにやろうと意識が働きますが、いつでも良い仕事は後回しにしがちです。

本当は、やったほうが将来的に良い状態になることは分かっているつもりでしたが、実際はそれが想像できてなかったんだろうなと思います。

その場合は、そのことを続ける努力をしようとするよりも、ほかのことに挑戦して別の分野で小さな成功体験を積んでいくことが大切だと考えるようになりました。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」の書評

哲学は、とても興味深い学問だとは思うのですが、学んだことを実際の生活に落とし込むことが難しい学問でもあるように思います。

さらには、多くの哲学の入門書などでは古代から時系列に沿って哲学を学んでいく構成のものも多いです。

それだと、自分に必要な学びに到達するまでに飽きてしまう可能性も高いでしょう。

その意味で、それぞれの悩みに対して、解決のヒントになる理論を考えた哲学者を取り上げて、回答していくこの形式はとてもわかりやすく実用的なように思います。

私自身も、自分自身が悩みを抱えていることに対するヒントが、それぞれ見えてきたので読んでみて非常に良かったです。

興味を持った哲学者の教えについては、その哲学者の著書をさらに読んでみて学びを深めていくのも良いですね。

各項目の最後には、取り上げた哲学者の著書の中から推薦図書として紹介をされているので、その一冊を手にとってみるのも良いでしょう。


本書はAmazonプライムリーディングで無料で読めるようになっていますので、Amazonプライムの会員になっているとタダで読めます。

→ Amazonプライムへの登録はこちら

駒沢オリンピック公園でこまざわコッペを食べてきた

f:id:moriya-shinichiro:20191004225225j:plain

日曜日、いい天気だったので4歳の子供を連れて駒沢オリンピック公園に行ってきました。

オリンピック公園というだけあって、走っている人やスポーツをやっている人がたくさん!

緑もたくさんあって良いところでした。まだまだ残暑が残っていて暑かったですね。

特殊自転車(ペアペア)をレンタルして公園を周回

f:id:moriya-shinichiro:20191004225322j:plain

「チリリンコース」というサイクリングコースが公園の中にあるのです。

子供用の自転車をレンタルできる場所もあるということなのですが、まずは公園を一周できる家族みんなで乗れるファミリー用の特殊自転車(ペアペア)をレンタルして公園を周回しました。

2周するのに210円、1周追加するごとに100円追加。

2周は少ないかなーと思いましたが、そんなことはなく十分でした。

結構暑い日だったので、少し汗ばむくらいでした。

ちなみに、昔は大人用の普通の自転車も貸し出していたようですが、今はもう貸出はしていないようです。

複数人で乗ることができる特殊自転車と、子供用の自転車のみレンタルできます。

駒沢オリンピック公園でランチをするならこまざわコッペ

公園を2周したらだいぶおなかが空いてきたので、ランチにすることに。

どうやら、駒沢オリンピック公園ではコッペパンが食べられるということだったので探してみました。

そういえば自転車で公園をまわったときに、あそこかなーと思える場所があったので行ってみることにしました。

たしかに、ここだった。「こまざわコッペ」というコッペパン屋さん。

f:id:moriya-shinichiro:20191004225400j:plain

コッペパンだけでなく、ランチやおやつに飲み食いできるものがいろいろ売ってました。

コッペパンのメニューがとにかく豊富

f:id:moriya-shinichiro:20191004225423j:plain

私は厚切りハムカツとあんホイップの2つのコッペパンをいただきました。

f:id:moriya-shinichiro:20191004225448j:plain

f:id:moriya-shinichiro:20191004225514j:plain

お店の横には椅子とテーブルがあるのでその場で食べてもいいし、公園の芝生などで食べるのも天気が良い日だったら気持ちが良いですね。

コッペパンは美味しかったですが、おにぎりとか持ってきて芝生で食べるのもいい感じです!

ぶた公園で子供を遊ばせてから帰宅

どこか遊具のあるところで遊ばせようかなーと探してみると、駒沢オリンピック公園では子供が遊べる小さめの公園的が3箇所ありました。

「りす公園」「うま公園」「ぶた公園」の3つ。

それぞれの動物の形をした遊具が各公園にあるんですね。

私たちは「ぶた公園」に行って、子供と遊んでいました。

しばらく遊んだら疲れたようで「もうかえるー!」と言い出したので帰宅。

次は子供向けの自転車に乗って遊ぼうかなーと思っていましたが、そこまで体力が持たなかったようです^^;

また、遊びに来ることにします。

【感想】頭が良くなり、結果も出る! モテる読書術

こんにちは、守屋です。


フォレスト出版で発売されていた石井裕之さんの本をめちゃくちゃ読みまくっていたことが私はあるのですが、その本をプロデュースした方が長倉顕太さんです。

今回は、そんな長倉顕太さんの著書である『頭が良くなり、結果も出る!モテる読書術』を読んで気になった点をいくつかまとめてみました。

そもそもこの「モテる読書術」は、電車の中に掲載されていた広告を見て、以前から知っていました。

気にはなっていたものの、購入するまでには至っていなかったのですが、Amazonプライムリーディングで無料読みできたので、ここぞとばかりに読んでみることにしました。

「モテる読書術」は異性にモテるだけではない

「モテる」というと、異性にモテるということを思い浮かべるかもしれません。

その意味もありますが、本書の「モテる」はかなり広い意味を持ちます。

実際に異性にモテるということも含まれますし、仕事がうまくいくという意味でも「モテる」という表現を使っています。

「本を読んだらモテる」というと、その理由が思い浮かばないかもしれません。

本書で提案しているのは圧倒的なインプットを通して世界を広げていくこと。

そして、インプットしたことをどんどん使って日々の生活に活かしていくこと。

言われて見れば当たり前なんですけど、とにかく長倉さんの語り口が熱くて、これはやらなきゃなと思わされる一冊になっています。

モテる読書術では1日1冊の読書を目指す

まず、本の読み方としては「早く読む」ことを重視。

具体的に言えば、1日1冊ペースで最終的には読めるようになることを理想としています。

もちろん、最初からそこまで早く読めるようにならなくても良いのですが、意識として「早く読むこと」「多読すること」を重視している一冊です。

「インプット大全」では、月3冊で良いので、きっちりアウトプットをする本を厳選して読んでいくといいとしています。

まったく反する意見のようにも見えますが、私は両立は可能なのではないかと思いました。

そもそも、読んだ本がすべてアウトプットするに値する素晴らしい本になるとは限りません。

ハズレの本もあるでしょうし、実践する必要のない小説や知っておくだけで良いような本もあるでしょう。

そういう意味で、月に30冊を読みながらアウトプットするのは数冊という感じにできると良いのではないでしょうか。

読書前に事前リサーチとして検索

まず、本書の中での特徴は本を読む前に事前にリサーチをしておくということ。

本のタイトルで検索をして、10記事くらいWEBページを読んでおく。

さらに著者名でも検索をして、本の著者の人がどんな人なのかを調べてから読み始める。

なんだか、答えを先に知ってしまうような読み方だと感じられるかもしれませんね。

でも、先に予備知識を得た上で読んでいくというのは、理解度が深まりかなり読みやすくなるものと思います。

例えば、私は先日オリエンタルラジオの中田敦彦さんのYouTubeを見て、「人間失格」や「こころ」などの小説を読んでみました。

事前にYouTubeで小説の概要が分かっていたので、小説の内容がすごく頭に入ってきやすいのです。

先に内容を知っていたから、つまらないということもありませんでした。

読書中はメモと検索

読書中は気づいたことをメモしていきます。

電子書籍だったらマーカーを即座につけられるので楽ですね。

分からない言葉や人名が出てきたら、その場でスマホを使って検索して調べる。

読むのは遅くなりますが、そうすることで知らないことを知っていくことに変えて世界を広げていくこと。

それが、読書をする意味であると本書は伝えています。


多読を目指しつつも、事前リサーチとメモ・検索によって内容を深めながら読んで、読書した内容を使える知識に変えていくこと。

いろいろ書いてありますが、伝えたいことは極めてシンプルでした。

「月に一冊の本も読まない」人が全体の60.8%にのぼるということが、楽天ブックスの2018年の調査で示されました。

月10冊以上、本を読む人は全体の約3.9%とのことです。

だからこそ、本を読むことでほかの人との差がつきやすくなる時代と言えるかもしれません。

そんな時代に本を読む大切さを伝えたい1冊だと感じました。



しかも、「頭が良くなり、結果も出る! モテる読書術」はAmazonプライム参加者であれば電子書籍版は無料で読むことができます。

ほとんどの方はすでに参加してると思うので、ぜひお試しください。


もし、Amazonプライムに入っていなければこちらから入ることができます。

※30日間無料でお試しできます。

単に配送手数料が無料になるだけでなく、Amazonプライムビデオ、Amazonプライムリーディング、Amazonプライムミュージックなど、日常生活を楽しくしてくれる特典がたくさんつきます。