モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK

知人の高草木陽子さんが新刊「心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK」を発売したので読んでみました。

正直、知り合いじゃなかったら多分読まないんじゃないかと思うくらいに凄いタイトルの本です(笑)

ただ、この「心が折れそうな夫」「モラハラ妻」というのはパワーワードですね。


本書の特徴は、女性を4タイプに分類してそれぞれのタイプの特徴を解説。

さらに、タイプ別の対応方法を紹介していくという流れです。

モラハラ妻とは?

相手に精神的な苦痛を与えることを「モラル・ハラスメント」といい、略して「モラハラ」。

近年、妻から夫に対してのモラハラが増えているそうです。

その背景は働き方の変化であり、結婚や出産をしてからも仕事を続ける女性が増えていること。

それによって、妻の家事・育児の負担が高まると同時に、夫に対する家事・育児の要求レベルが高くなってきたことである。

と本書の中では原因が推測されています。

最近では、「妻のトリセツ」という本も売れているそうで、夫婦関係で悩む人は非常に多い時代なのかもしれません。

実際、私も結婚生活をしていて基本的には幸せだと思いますが「心が折れそう」と感じたり、精神的に苦痛を感じることもないわけではありません。

どうしてそうなるのか?どうすればいいのか?が示されている本書は、おおいに参考になります。

モラハラ妻の4タイプ

女性は4タイプの中のどれかに当てはまるそうです。

とはいえ、複数のタイプが混合している人もいるとのこと。

このタイプ分け、ウェルスダイナミクスの周波数とかなり対応しそう。

ですが、このテーマで周波数ごとの分析をするというのは、あまり好ましくないと思いますので私はやりません。

気になる方は直接私と会ったときに聞くか、メッセージなどで個別に聞いてください。

さて、具体的な4タイプは以下の通り。

GPS型

常に夫の行動を把握していないと気がすまなかったりする、猜疑心の強い怖がり屋がGPS型

夫や過去に付き合った男性に裏切られた経験があったり、子供のときに母親からの愛情をうまく受け止められなかったり、与えられずに大人になると、GPS型になるそうです。

特に、母親に対しての愛情の欠乏を認識している人が多いとのこと。

マイペース型

このタイプの人は家族の予定を台無しにする気まぐれ屋で、そのときの気分や感情で言動が変化するとのこと。

「かわいいワガママ」ともとれる行動で収まる人もいるようですが、いわゆる自己中の度合いが強い人が多いようです。

ちょっと人のことを考えるのが苦手なタイプが、マイペース型にあたるようですね。

上司型

自分の思う通りになって欲しいこだわりやがこのタイプ。

否定的な言葉を多く使ったり、一気にやる気が失せてしまうようなダメ出しをしたりするそうです。

幼少の頃から厳しく躾けられた高学歴な人が少なくないとのこと。一方で、自分自身に対しても要求が高くてセルフイメージや自己評価が低めな人も多いとのこと。

私の妻も多分このタイプですね。当たってるなと感心してしまいました。

暴発型

一番攻撃性の高いタイプで、ぶったり蹴ったり、物を投げつけることで人を傷つけるケースもあり、夫の人間性を否定する暴言を吐く人も少なくないそうです。

本人も親から暴力を受けて育ったり、両親の夫婦喧嘩が絶えない家庭だと、このタイプになる傾向が高いそうです。

当事者にとっては笑いごとではないと思いますが、とにかく暴発型のインパクトの強さが面白いです。

夫婦とはなにか?に対する暴発型の人の考えは→「夫が黙って耐えるもの」だと思っている。

理不尽になるときはいつか?→いつも理不尽

キレるときはいつか→突然キレる

などなど。

このタイプの奥さんじゃなくてよかったと思います。実際に、あの人このタイプっぽいなという人はいますね。

女性との付き合い方がわかる

読み物として読んで楽しむこともできるし、「当たってるなー」「あの人、このタイプっぽいなー」という楽し方もできる1冊。

夫婦関係のみならず、「女性との付き合い方がわかる」1冊になっています。

一番実用的に使える項目は第3章の「4タイプとの付き合い方と対策」のところですね。

それぞれのタイプごとに、どこに気をつけたらいいか分かるので解決に向けて動きやすいです。相手に響きやすい言葉の例もいくつか紹介されています。

違う人間ですから、対応方法を学んだところで、その摩擦をゼロにすることは難しいとは思います。

とはいえ、精神的に(人によっては肉体的にも)苦痛を受けていた理由が、本書を読めばわかると思いますし、解決の糸口も見えてくる可能性が高いです。

私は、第3章の対策のところを参考にコミュニケーションをとりつつ、「響きやすい言葉」をなるべく使っていこうかなと思います。

ウェルスダイナミクスFESTA2019を終えて

ウェルスダイナミクスFESTA2019のイベントをスタッフとしてお手伝いをしてきました。

通常イベントにスタッフとして関わるときは、仕事に手いっぱいで内容などなかなか頭に入ってこない場合も多いと思いますが・・・

私は後日イベントレポートを担当する関係上かなり内容を確認しやすい役割をいただくことができました。

ということで、ウェルスダイナミクスFESTA2019を終えて私が学んだこと、感じたことを振り返ってみたいと思います。

f:id:moriya-shinichiro:20190606160914j:plain

ウェルスダイナミクスFESTAって何?

ウェルスダイナミクスFESTAというイベントは、通常1年に1回行われます。

ウェルスダイナミクスという才能診断テストを開発した起業家、ロジャー・J・ハミルトンが来日して講演を行うのが主な内容です。

ほかにも、日本の起業家を交えたパネルディスカッションなども同時に開催されることが多いです。

今年はコンサルタントラボラトリーの北野哲正さん、Peatixの藤田祐司さん、Personal purpose発案者のアレクサンダー・インチボールド氏がゲストとしていらしていました。

今年のウェルスダイナミクスFESTAの内容は?

毎年、新しいテーマが何かしらあることが多いウェルスダイナミクスFESTAですが、今年の大きなテーマは「Society5.0」でした。

「Society5.0」は、実は日本政府が提案している概念なんです。

ロジャーは昨年、2度の来日をしましたが、そのときに知った概念にインスピレーションを受けて、独自に解釈をして、「Society5.0」の世の中に対応できる起業家として「Entrepreneur(起業家)5.0」の概念を開発しました。

この「Entrepreneur(起業家)5.0」の概念を含む今後、実現していく10のトレンドが今回のウェルスダイナミクスFESTAで紹介されました。

内容は、こちらのマインドマップでわかりやすく、だいちさんがまとめてくださいました。

まず、それぞれのトレンドに対してロジャーが解説をして、そしてそのトレンドに関連した質問を会場に投げかけて、みんなで考える。

という構成になっていました。

その中に、ウェルスダイナミクスなど才能発見・才能活用のコンテンツもいい感じで織り交ぜられていて、

「あー、このトレンドでこの理論を使っていくのか!」

と、ウェルスダイナミクスを知っている人にとっては、その奥深さを痛感できる内容に。

また、知らない人でもそれはそれで、すごいなーと単純に楽しめる構成になっていたように思います。

既存メディアが信用を失いインフルエンサーが信頼を集める

1つ目のトレンドは「The End of Innocence」(無知の終わり)でした。

これは、つまりこれまで信頼されていたものが信頼されなくなっていくというものでした。

フェイクニュースを連発するメディア、あるいは政府なども国によっては信頼されなくなっています。

日本やアメリカは特に政府を信頼していない国だそうです。

それは悪いわけではなく、むしろ世界のトレンドの最先端を進んでいるということ。

SNS等の発達によって、今まで隠していけたようなことも隠せず表に出てしまう世の中になっている感がありますよね。


そして、このトレンドにおいてされた質問は、

「What happens when we lose trust entirely?」
(私たちが信頼を完全に失ってしまったときに何が起きるでしょうか?)

というもの。

このトレンドによって起きる現象として、ニュースよりも特定のインフルエンサーの言うことの方が信頼されることなどがあります。

インフルエンサーによる発言が世の中を動かすことは、すでに起こり始めている事象です。

自分自身がインフルエンサーとして情報を発信していくこと。

そして、既存のインフルエンサーに広めてもらえるような企画を立ち上げていくこと。

などが、この流れに対応していく方法として出てきそうです。

このような形で1日目の講演では7つのトレンドが紹介されました。

そして、2日目の一部の申し込んだ方が受けられた特別セミナーでは残りの3つのトレンドが紹介されました。

このトレンドを元に自分自身が何ができるか?

インスピレーションを元に新たな行動を起こしていきます。

f:id:moriya-shinichiro:20190606160920j:plain

ちなみに、このウェルスダイナミクスFESTA2019の動画版はまだ販売中です。

→ ウェルスダイナミクスFESTA2019の動画版

このブログを見て購入してくださった方は、動画では紹介されなかった残りの3トレンドも教えます。

ご興味あれば購入後にFacebookなどから私まで連絡くださいね。

当日会場にいたけど、残りのトレンドが知りたい!

って方も、ご連絡いただければ何らかの形で情報をシェアできるようにします。

TQー心の安らぎを得る究極のタイムマネジメントの重要なところ

モリヤ書房という書評中心のブログにタイトルを変えたのに、全然本のことを書けていませんでした。

せっかく本を読んでもアウトプットしなければ、読んでないのと一緒!

そんなわけで、読んだ本のことを着実にアウトプットしていければと思います。

今回紹介するのは、ハイラム・W・スミス氏の「TQ 心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」です。

Amazonのセールになったときに、結構レビューの評価も良くてタイトルも気になったので買ってみたものです。

著者のハイラム氏のことを私は知らなかったのですが、目標達成のために便利な手帳として知られているフランクリン・プランナーを作った会社を創業した人だったのですね。

たしかに、これはなんだか凄そうです。


そんなわけで、読んでみてのまとめを書いてみたいと思います。

内容はとても良かったです。とはいえ、軽い作業から重い作業まで、いろんなことが書いてあります。

そこで、このへんのことをまずは取り入れてみたら、時間の使い方が効率良くなりそう!

と感じたことをまとめてみます。

1、後回しを克服する

なにかをやろうと思ったときに、後回しにしてしまうことってありませんか?

それが、いずれやらなければいけないものだとしたら、後回しにしたものが締め切り直前になって猛烈なプレッシャーとして襲いかかってきます。

また、別にやらなくてもいいんだけど、やったほうがより良いこともあります。

そういうものを後回しにしてしまうと、日常生活に支障は起こらないものの、長い目で見ると好ましくない方向に向かっていく可能性が高いです。

本書の第1章のテーマが、【「時間」をコントロールすることにより「人生」をコントロールする】ということ。

そして、その方法の1つが後回しを克服することだと言います。

数あるトピックの中から、この後回し克服法を最初に持ってくるあたり、やはり重要なことだということですね。

2、自分の価値観に根付いた目標を決める

本書の2章では「価値観を発見する」というテーマで自分の価値観と向き合うことが推奨されています。

価値観は目標よりも先に考えるべき土台で、5~7時間かけて価値観と目標を考える時間を最初に設けると良いとされています。

5~7時間というのは、なかなか重い作業です。1度で済ませる必要もないのかもしれませんが、2~3時間の作業を3回する必要があります。

本書の中でも2章~5章までが、価値観を作り目標と計画を立てることについて書かれています。

計画を立てても実践されることなく、計画倒れになってしまったという方も多いと思います。

その理由は自分の価値観が明確になっていなくて、価値観から外れたことをイヤイヤやろうとしていたから、行動できなかったのかもしれません。

価値観を決めるということに関しては、いくつかの事例が本書の中で紹介されていました。

私も自分の価値観を決めてみましたが、一から作るのではなく、まずは事例の中にある価値観で良いなというものを選んで並べてみました。

その上で、順位付けを自分なりのものにして、さらにもっとこれが必要だなというものを追加することで価値観が決まりました。

あとは、日々の目標をこの価値観に沿ったものにするというところをやっていきます。

3、自由な時間を創る工夫

最後に、より多くの時間を効果的に使う工夫について。

いくつか紹介されている方法はあったのですが、個人的に気になったものをまとめてみます。

・朝のプランニングタイム 10~15分

これは、早朝かもしくは寝る前でも良いのですが、1日のプランニングを10~15分くらい時間をとって行うということです。

この本で初めて知った話ではないものの、なかなかプランニングを習慣化できていませんでした。

毎日の習慣にすることなので、習慣化していこうと思います。

・魔法の三時間

魔法の三時間というのは「一切の邪魔が入らず、1日の忙しい仕事や活動から離れて集中できる時間」のことをいいます。

著者は朝5時~8時までを魔法の三時間に設定しているようです。

これは、人によってどの時間帯が魔法の三時間に近いのかを考える必要はあると思いますが、多くの人にとっては早朝か深夜がまとまった時間とりやすそうですね。

プランニングの時間もこの3時間の中に含めると良いとのこと。

仕事をする時間というよりも、「緊急ではないけど重要なこと」をする時間として確保する感じですね。

いきなり3時間を確保するのが厳しい方でも、まずは早朝か寝る前に30分〜1時間程度とるところから始めてみてはいかがでしょうか?

・使える時間の半分でできることを実践計画に入れる

立派な計画を作っても、その計画通りいかないというのは、よくあることです。

それは、やるべきことを詰め込みすぎてしまっているかもしれません。

ここでは、まず1日の時間のうちに食事や人とのアポなどですでに時間が使えないとわかっている時間帯は外します。

そして、残っている時間の半分で「立てた計画のことをやる」とすると、うまくいきやすいとのことです。

なるほど、1日のToDoリストを作っても結局終えることができずに、やれなかった感が残ることは多いものです。

時間の使い方については、自分を過大評価してしまう傾向が私にはあるようですが、きっとそういう人が多いから、このテクニックが紹介されているのかも。

実際、この方法をやってみると「これしか1日にできることはないのか」と思ってしまいます。

それでも、実際にできることって本当にそのくらいだったりしますし、全部こなせたら+アルファでやりたいことをやればいいのです。

「できなかった感」を残すよりも、この方法で余裕を持ったプランニングをするのはたしかに良いですね。

・「7つの習慣」の実践にも役立ちそう

「先延ばしの克服」

「価値観と目標の決定」

「集中して重要なことをやれる時間を作る」

についてお伝えしてきましたが、実はこれらのテクニックは、ベストセラー書籍「7つの習慣」にも大きく関わる内容です。

価値観を決めることは「7つの習慣」の第2の習慣でミッション・ステートメントを作ることそのもの。

ただし、実際の作り方に関しては本書の方がわかりやすいと感じました。

さらに、「目標の決定」という一歩踏み込んだところまで本書では紹介されていて、より具体的です。

また、目標設定と時間管理については「7つの習慣」の第3の習慣に出てくる、「緊急ではないけど重要なこと」を具体的に実践していく手法として役立ちそう。

「7つの習慣」を読んでみて、いいなとは思いつつも、なかなか自分に落とし込めていなかった。

という方に、「TQー心のやすらぎを得る究極のタイムマネジメント」は特におすすめです。