モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

【書評】リモート営業の極意〜こんな営業は受けたことない〜

財津優さんの「リモート営業の極意」を読んだ。

大手外資系企業で毎年トップセールスをして表彰され続けてきた財津さんの2冊目の著書です。

f:id:moriya-shinichiro:20210406175610j:plain

財津さんとは以前、何度かお会いしたこともありますが、そのときには具体的なお仕事の話などあまりした記憶がありませんでした。

今回、新刊が発売されて財津さんの凄さを痛感させられました。

こんなテレアポ受けたことない!

アポ取り→商談→クロージング

をリモート営業で行う際の流れとコツが一通り紹介されている本書。

まず、アポ取りのやり方としてテレアポのコツが紹介されているのですが・・・

「こんなテレアポ受けたことがない!」

というのが最初の感想です(笑)

私自身、自分でテレアポをすることはありませんが、他社から電話がかかってくることは時々あります。

正直、

「こんなテレアポで売れるのかな?」

と思えるような、魅力を感じない電話ばかりでした。

営業電話はうっとおしいとしか思えず、出るだけ時間な無駄な気がしてきます。

ですが、本書のテレアポのやり方ですと、

「これだったら、興味持っちゃうかもなー」

と感じられる内容でした。

実際、このやり方をとっている人はほとんどいないと思いますので、テレアポをされている方にはかなり有益な話かと思います。


週1ペースの商談で7〜10回目でクロージング

続いて、商談からクロージングについてのコツですが、週1ペースで商談を行って7〜10回目でクロージングをするのが効果的なんだそうです。

個人向けのビジネスをしていると、結構じっくり時間をかけるものなんだなという感想。

よく考えるとメルマガでの紹介などはたしかに登録してから1週間くらいは情報提供に徹して、7回目〜10回目くらいにかけてセールスをかけることは効果的ですね。

リアルでも、それは当てはまるのだなというのは新たな発見でした。

金額が大きめの案件などの場合、特にこのくらいじっくりと取り組んでも契約できたら大きいですからね。

商品のメリットは質問形式で伝える

これ、やりがちかなぁと感じたNG事例も紹介されていました。

それが、「一方的に商品の説明をしてしまう」ということ。

「この商品はこんないいところがあるんですよ!」

とメリットを連発して、

「いかがですか?」

とセールスをしても、なかなか反応がとれません。

そうではなくて、商品のメリットを伝える中で質問を織り交ぜていくこと。

例えば、

「私の取り扱う商品が御社のお役に立てると申し上げましたが覚えていらっしゃいますか?」

「そのお話をすこしさせていただいてもよろしいですか?」

「その商品を使うと、こんなことができるんですが、そうするとだいぶ楽になると思いませんか?」

「それができると、どのくらい楽になると思いますか?」

といった形で、メリットを質問形式でお客さんに答えてもらっていくんですね。

ちなみに、この質問をうまく使う営業の手法が学べる書籍として『大型商談を成約に導く「SPIN」営業術」という本も紹介されていました。

この手法はかなり役立ちそうなので、興味を持ったら学んでみても良いかもしれません。

リモート営業の極意とは言うものの・・・

結局、書籍のタイトルは「リモート営業の極意」ではありましたが、個人的に興味を持てた箇所はリモート営業以外の営業メソッドの部分でした。

リモートのツールの使い方に関しては、比較的基本的なことが多かったように思います。

もちろん、抑えておくべきことばかりでしたので、これからリモート営業を始めていきたい方はそちらも必読です。

私が特に取り入れたいなぁと感じたのは、最後に紹介したクロージングのときにメリットを伝える方法のところでした。

特に、大きな金額が動く大型案件の場合は本書の内容を実践していくと非常に費用対効果は高そうです。

書籍「リモート営業の極意」のAmazonのページはこちら
↓ ↓ ↓

毎日1万歩以上歩くと、人生が変わる by 勝間式ネオ・ライフハック100

勝間和代さんの著書「圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100」を読んだ。

アフターコロナとなった2020年に発売の本ですが、早くもKindle Unlimitedで無料で読めるようになっていました。お得ですね。

「問題解決・目標達成」「時間管理」「インプット・アウトプット」「お金」「思考法」「人間関係」「片付け・料理」「健康」の8分野にまたがり、合計100個のライフハックが登場します。

その中で、特に印象に残ったライフハックを今回は紹介します。


毎日1万歩以上歩くと、人生が変わる

文明の発達によって歩かなくなったら万病が発生し始めた、昔の人のような鋭敏な感覚を取り戻すには歩くといい

そんな説を知ったことで1日1万歩以上、歩くことに決めたという勝間和代さんのエピソードが書かれていました。

もともと1日5000〜7000歩は歩いていたけど、それを1万歩以上にすると世界が変わったそうです。

夕方になっても疲れを感じなくなり、洋服のサイズも小さくなり、行動力もアップ。

私自身、たしかに歩いたり運動の時間を十分にとっていた時期は体の調子が良くて仕事のパフォーマンスも高くなっていた気がします。

「みんチャレ」という、ほかの人と一緒に挑戦するアプリを使うことで三日坊主を防止していたそうです。

行動パターンを変えると、体型のみならず考え方も変わるので、自ずと人生も変わるからです。

普段からデスクワーク中心なので運動はしないとなーとは思っていたものの、1日1万歩以上というのは、到底できていませんでした。

まずは、万歩計のアプリをスマホに入れて、歩数を測定しつつ1万歩以上目指してみることをやってみます。

毎日、ほんの少しずつでもいいから運動する

「いや、1日1万歩以上はムリだよー」

って思うかもしれませんね。私も、ちょっとだるいかもと思います(笑)

別にムリにやることじゃないですよね。

とはいえ、

国内外のさまざまな疫学調査で、適度な運動が肥満や糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管疾患、ガン、認知症など、ありとあらゆる病気のリスクを下げることが明らかになっています。その適度な運動というのは、例えば、アメリカ国立がん研究所とハーバード大学の研究者の調査によると、週に2時間半(150分)、1日平均20分強です。(勝間式ネオ・ライフハック100より)

こんな調査もあるので、1日20分程度の軽い運動はやったほうが良いでしょう。

まったく運動してなかった人が毎日1万歩以上歩こうと無理して運動を始めても続かないと思うので、まずはできるところからやっていきましょう。

8時間働くのは当たり前ではなく、8時間寝るのが当たり前

8時間働くのは当たり前ではなく、8時間寝るのが当たり前だと考えてください。運動時間も2時間とって、残った14時間を家事や家族の団らん、労働時間に割り振る、という考え方をしてみてください。きっと、今後の社会全体の流れと一致すると思います。

運動と同時に睡眠の大切さにも本書では触れられています。

十分に寝ましょうというのは、多くのビジネス書でも提案されていることですね。

8時間働くのは当たり前ではない。勝間さんは1日3時間以内の労働時間を目指しているそうです。

会社員の方にとっては難しいことかもしれませんが、フリーランスであれば決して無理ではない目標ではないでしょうか。

もっとも、フリーランスの方だとこの労働時間の定義は考えたほうがいいことだなと思いました。

会議をしたり、執筆をしたり、コンサルをしたりといった時間を拘束されて、なんらかのアウトプットを求められるのは労働時間と考えて良いでしょう。

では、将来のための勉強や、他者との交流は労働でしょうか?

私は、この未来への投資は労働には含めないと思います。

働く時間は8時間だと多いですが、労働時間を減らしてその分、ダラダラ遊んでしまっては意味がありません。

余裕ができた時間を勉強や大切な人との交流の時間に使っていきたいものですね。

もちろん、睡眠や運動の時間も確保しましょう。

睡眠と運動の時間を十分に確保して土台を作る

いろんな仕事術や稼ぎ方はありますが、そのすべてに関係し、効率化につながることが睡眠と運動の時間を確保することです。

わかってはいたことだけど、これだけ結果を出している人たちが推奨しているとなれば、本格的に生活改善をしていかないとなと感じました。

あなたも1日1万歩以上歩いて、人生が変わるかどうか確かめてみませんか?

ほかにも、勝間和代さんの「圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100」には役立つライフハックや仕事を効率化するメソッドが満載です。

今ならKindle Unlimitedに加入していると無料で読むことができるので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか?

→ Kindle Unlimitedの初回30日間無料体験はこちら

書籍「圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100」のAmazonのページはこちら
↓ ↓ ↓

マナブさん著書「億を稼ぐ積み上げ力」の要約と感想

Kindle Unlimitedで無料で読めるようになっていたので、マナブさんの著書「億を稼ぐ積み上げ力」を読んでみました。

全体的に高いレビューながら「ブログやYouTubeと一緒!」という酷評レビューもAmazonでは見受けられました。

私もマナブさんのYouTubeやブログは結構見ていたので、少しの不安をいだきつつ読んでみました。

実際、読んでみると凄く勇気づけられたし、良い本だったと思います。

いくつか、気になった点の要約と感想をまとめてみます。

マナブさんの実績

マナブさんはブロガーやエンジニアを目指す人が参考にすべき発信者として絶大な支持を得ています。

マナブさんのTwitter
twitter.com

マナブさんのブログ
manablog.org

2016年にはわずか月収5万円だったところから、2019年には個人ビジネスで年商1億円を達成。経費のかかるビジネスモデルではないので、その多くは利益になっているはずです。

そんなマナブさんの原動力となっているのが圧倒的な「積み上げ力」です。

朝起きて、何があっても、絶対にブログを書く

結局、僕の人生を大きく変えたのは、「朝起きて、何があっても、絶対にブログを書く」という行動、これひとつだけでした。

本書の最初に書いてあったことで、一番大事なことだそうです。別にやることはブログじゃなくてもOK。

朝起きたら、何があっても、絶対に◯◯をやる

あなたが達成したいことに近づくための最重要事項を実践するための優先順位を上げるということです。

多くの人がやりたいことをできない理由は、やったけど失敗するのではなく、十分な時間を割くことなく、やるのを辞めてしまうから。

もちろん、継続したからといって絶対うまくいくわけではありません。

でも、やらないことにはうまくいかないので、このハードルを超える必要があるわけですね。

根性論のようですが、結局これしかないんだという感じです。

もちろん、朝起きてすぐに行動するのが難しい場合、仕事が終わったあとにカフェに駆け込んでブログを書くとか、通勤時間に勉強するとか、自分にできる範囲に応用してOK。

一番脳が働いているのが朝なので、朝にできれば一番良いでしょうね。

毎日改善することが重要

ただ継続するだけであれば、誰にでもできます。成果を生み出すには、毎日改善することが重要

いや、誰にでもできるわけではない(笑)

とはいえ、Twitterなどを見ていると「今日の積み上げ」のハッシュタグをつけて、コツコツ行動の報告をしている人はたくさんいます。

しかし、彼らが全員結果を出しているかというと・・・

もちろん、途中で辞めちゃう人もいるのでしょうが、毎日行動しているのにうまくいってない人も意外といるわけです。

その理由は、行動することそのものが目的になってしまっているから。

大切なのは行動することではなく、行動することで得たい結果を出すことですよね。

なので、行動をしたあとはその結果どうなるかを評価して、改善していく必要があります。

場合によっては別の道を探したほうが良いかもしれません。

マナブさんもFXトレードに挑戦をするも、方向転換をしてやらなくなったりと、始めたことをすべて継続しているわけではありません。

一定期間の毎日の実践と改善を繰り返して、だめだなと思ったら撤退するのもありなのです。

「感情的にキレる人」と関わってはいけない

本当にそうだったなぁと思ったのがこの項目。

「感情的にキレる人」と関わってはいけない

私は過去に一緒に仕事をした人で「感情的にキレる人」というのが3人いました。

彼らとは今は一緒に仕事をしていませんが、それなりの時間一緒に仕事をしていた人たちでした。

正直、仕事をするかどうかは自分で選ぶことができて、キレることはあるけど良いところもあって能力もあるから・・・

ということで、一緒にいたというのがあります。

でも、結果的には一緒にやっていた仕事はいずれもうまくいかなくなり、彼らとは離れることに。

キレられた時点で、関わることをやめるべきだったなというのが本書を読んで反省したことです。

大切なのは「知っているか」ではなく「できているか」

私自身、マナブさんのブログやYouTubeは結構見ていて、たしかに本書の内容は被る部分がほとんどでした。

では、意味がないのかというと、私はおおいに参考になったしモチベーションも上がりました。

一度、見るだけでは腑に落ちないことってありますし、そもそも大切なのは『「知っているか」ではなく「できているか」』ではないでしょうか。

本書の内容が実践できているなら、億を稼げるかどうかは別として、それなりに自分の選んだ道で結果を出しているはずです。

本は情報がまとまっていますし、読みたいところを飛ばし飛ばし読むこともできるので、ブログやYouTubeよりも情報を吸収する効率は良いと感じます。

そういう意味で、読んでみてよかったと感じました。

Kindle Unlimitedで無料読みできます

本書「億を稼ぐ積み上げ力」はKindle Unlimitedで無料読みできます。

・副業や起業をして稼ぎたい人

・稼ぐモチベーションを得たい人

・個人で億を稼ぐ人の考え方を知りたい人

などは、読んでみる価値ありです。

すでに個人ビジネスで年収1000万円以上稼いでいる人は、別に読まなくてもいいかなと思います。

決して楽に成功できますという話ではなく、地に足のついた現実的な話ではあります。

だからこそ、本当に実践すれば人によっては人生が変わるレベルの内容ではないでしょうか。

→ Kindle Unlimitedの初回30日間無料体験はこちら

書籍「億を稼ぐ積み上げ力」のAmazonのページはこちら
↓ ↓ ↓