モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

【書評】僕たちは、地味な起業で食っていく。

どこかのWEBサイトを見ていたら、ふとこの本の広告が表示された。

僕たちは、地味な起業で食っていく。

えらいてんちょうさんの「しょぼい起業で生きていく」に似たものを感じるタイトル。
(どことなく、表紙のデザインも似ている気がします。)

どうやら今月発売の新刊らしい。著者は田中祐一さん。

仕事で田中さんとは以前少しやりとりもしたことがあったので、お世話になっているし、気になったので読んでみることにしました。

結果、これは凄く良いところに目をつけた本だなと感心しました!

・副業をしたい人

・起業をしたいけど、何をしたらいいか分からない人

・好きなことで起業しようとしたけど、うまくいってない人

などには、うってつけの1冊です。

私自身、知らずにこの「地味な起業」にあたることを、実践してきたので、「まさに自分が今までやってきたことだ!」と感じました。

さらに、その再現方法をとてもわかりやすく文章化してて凄いです。

そんな、「地味な起業で食っていく。」の要点と書評記事を書いてみます。

起業するのに肩書はいらない

個人でビジネスをやっていこうと思ったら、普通は専門性を持って自分が何者であるかを発信していくことが大切です。

WEBデザイナーとか、ライターとか、行政書士とか・・・

何者なのかわからなければ、どんな仕事を頼んでいいか分からないですからね。

ブロガーやアフィリエイターだとちょっと事情が違うかもしれませんが、それでもやはり得意なジャンルとか、稼ぎ頭の紹介可能な商品というのを持ってる人が多いと思います。

ですが、この「地味な起業」では、肩書きや専門性はなくても良いのです。

これって、起業したい人にとっては革命的なことだと思うのです。

発信力もゼロでいい

その上、ブログやTwitterでの発信力もゼロでいいのです。

別に発信をしても良いのですが、インフルエンサーになる必要はないってことです。

個人で情報発信をしてビジネスにつなげていくのは、有力なビジネスモデルではあります。

でも、やっぱりそこには高いスキルが必要なんですよね。

人を惹き付けるコンテンツ力だったり、検索エンジンで上位に表示させる技術だったり、SNSでフォロワーを増やすコツだったり・・・

さらに、集まった人たちに自分の商品を売ったり、アフィリエイトで他人の商品を紹介して申し込んでもらったり・・・

とにかく、やることが多いのです。この実現はある程度能力が必要です。

できるようになれば、いつでもどこでも仕事ができて、まとまった収入が自分一人でも手に入る、なかなか良い仕事だとは思います。

しかし、そこまで至るまでが人によっては途方もなく遠い道のりなのです。

そんなことをしなくても、早く確実に収入になるのが「地味な起業」です。

私自身、「地味な起業」を始めてから、ほとんど自分の情報発信をビジネスのためにすることは辞めてしまいましたが、それでも「地味な起業」によって、収入を得ることができています。

自分の発信を辞める必要はなかったなと今考えれば少しもったいなくもありますが、お金を稼ぐために無理して情報発信をする必要はないということです。

地味な起業とはなんなのか?

地味な起業とは、そもそも何なのか?

早い話がうまくいっている起業家の人のお手伝いをして報酬をいただきましょうという話です。

EXCELを使った顧客管理や、メール配信の管理、各種サイトの設定などのマネジメント系。

動画編集やLP作成、コンテンツ作成などのクリエイティブ系。

営業代行や、カスタマーサポート、リサーチなどに協力するコミュニケーション系。

など、必要とされる仕事は山程あります。

これらの仕事は、一流のエキスパートである必要はなく、独学で勉強して技術を身につければ、普通にアルバイトと同程度かそれ以上のお金がいただけるだけの収入になるんです。

うまくいっている起業家の人にヒアリングをして、お手伝いすることでその起業家の人の負担が減ったり、売上を伸ばす貢献ができればOKです。

起業家から一瞬で信頼を勝ち取り仕事を依頼される方法

そうは言っても、

「そんな稼いでいる起業家から仕事がもらえるわけないじゃないか?」

と、あなたは思うかもしれません。

実は、ちょっと行動をするだけで、仕事は意外ともらえます。

うまくいっている人は、やりたいことがたくさんあるので、ちゃんと仕事を任せられる人だったら喜んで仕事を振りたいという人も多いのです。

実際に、どのように起業家の人と出会っていくのか?

また、起業家の人と会話をするときに、どのようにその人と会話を進めつつ、相手の価値観を知り、これからやろうとしていることを知り、仕事の獲得につなげるか?

その具体的にすべき質問であったり、仕事をとる提案をするタイミングまで示しているのですから超実用的です。

好きなことをビジネスにするより、好きな人のビジネスを応援する

この言葉は非常に印象に残った一言でした。

好きなことをビジネスにしている人はいますが、それは誰もが実現できることではありません。

その「好きなこと」というのが、世の中に求められていて、お金を払う人がいる市場でないと、稼ぐのは難しいのです。

雑記ブログで稼いでいる人も、結局稼ぎ頭は転職とか投資の広告だったりします。

それ、たまたま好きなジャンル・書けるジャンルがお金の動く市場だっただけじゃない?って気もします。

だからこそ、好きなことをビジネスにするのが難しいなと感じたら、「好きな人のビジネスを応援する」ことで、お金を頂くことができる可能性を探ってみてください。

ブロガーやアフィリエイターとして稼ごうとするのも良いですが、平行してこの「地味な起業」を採用すれば、稼げるようになるのは圧倒的に早いです。

また、単なるお小遣い稼ぎで終わらずに、発展させていくことで月100万円、200万円といった単位まで目指せる方向性も示されています。

すでに私自身、「地味な起業」を実践していると同時に、自分の仕事のさらに先のビジョンも見出すことができました。

まだまだ、やれることがたくさんあります。

それぞれのステージで、一歩を踏み出していきましょう!

「僕たちは、地味な起業で食っていく。」

おすすめです!

ラベンダーアールグレイのタピオカミルクティー飲んできた 二子新地MaysDinerにて

今年に入ってからタピオカのドリンク飲んでる人多いですよね?

ブームになってるなーと思いながら見ていましたが、そんな中でタピオカのドリンクを飲もうとは思っていませんでした。

タピオカブーム?知らねぇよ!

と思っていました

あのカエルの卵みたいなのがたくさん沈んでるミルクティーのどこがいいんだろう?

そんな感じでした。

でも、飲まずに否定するのも、食わず嫌いみたいな感じで良くないかなと思ったんですね。

むしろ、ブームになっているくらいだからなにか理由があるだろうと思ったんです。

なので、機会があったらタピオカのドリンクを注文してみようかなと思っていたこの頃でした。

二子新地のMaysDinerさんにて

三連休の2日目となる日曜日、午前中は息子と仮面ライダーゼロワンを見て、そのあと息子はずーっとテレビでドラえもんのビデオを見ていて、私は横で本を読んでました。

でも、ずーっとドラえもん見せてるのも、良くないなと思ったので出かけることにしました。

妻はその日セラピストとしてイベント出店のお仕事をしていたので、ちょっと様子を見に行くことにしました。

妻の仕事について書いた記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com


カフェの中に出店していたので、普通にお客さんとしてお店に入る分にはなんの問題もないのです。

今、カフェでは地元で作ったジェラートを売っているということだったので、良かったら食べにきなよと言われていました。

場所は二子新地のMaysDinerさん。

二子新地駅を降りて改札を出たら左に曲がり、大山街道に突き当たったらさらに左折して、大山街道を高津・溝の口駅方面に向かってまっすぐ歩いていきます。

セブンイレブンやカレー屋さんを過ぎたあたりで右側にあるお店がMaysDinerさんです。

ハンドメイド雑貨&ワッフルのお店ということで、おしゃれな雰囲気のところです。

f:id:moriya-shinichiro:20190916222658j:plain

ちょうど、今は川崎市内にある小泉農園さんのわがままジェラートというアイスを売っている時期だったので食べてみました。

f:id:moriya-shinichiro:20190916222726j:plain

私はちょっとめずらしいパクチーハーブのジェラートを、息子はスタンダードにイチゴを選びました。

f:id:moriya-shinichiro:20190916222751j:plain

パクチーハーブはたしかにパクチーの味!

スッキリしてて美味しかったです。

もう少しゆっくりできそうだったのでなにか飲むことに。

普通にコーヒーでいいかなぁと思ったのですが、ふと気になるメニューが・・・

f:id:moriya-shinichiro:20190916222816j:plain

ここでもタピオカですか!

しかも、ラベンダーアールグレイのタピオカミルクティーですか。

タピオカミルクティーだけでも、なんかブームに乗っておしゃれな感じするじゃないですか。

アールグレイもなんとなく、オシャレ感のあるお茶だと思うんですよね。

さらにラベンダーって・・・

もう、おしゃれなキーワード3連発の飲み物で、これは飲んでみてブログに書いてやろうと思わずにはいられなかったので注文してみました。

ラベンダーアールグレイのタピオカミルクティー

注文をしてからタピオカを茹でるということで、少し作るまでに時間がかかりました。

タピオカのドリンク・・・

多分、昔どこかで飲んだことはある気がするのですが、今年飲むのは初めてでした。

タピオカブームが来てからは1度も飲んでなかったです。

ここにきて、まさかタピオカのドリンクを飲むことになるとは思いませんでした。

しかも、ラベンダーアールグレイのタピオカミルクティーという超絶おしゃれネーミングなタピオカミルクティーを飲むことになるとは・・・

f:id:moriya-shinichiro:20190916222911j:plain

さて、ラベンダーアールグレイのタピオカミルクティーの完成です。

f:id:moriya-shinichiro:20190916222933j:plain

おー、沈んでる沈んでる。

タピオカの原料は「キャッサバ」というイモの一種なのだそうで。

トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンがタピオカなのです。

太めのストローで吸って食べてみると、もちもちしてて歯ごたえがありますね。

ナタデココに近い感じかもしれません。

タピオカブームのピークはもう過ぎた?

そんな、令和元年に一世を風靡したタピオカドリンクですが、Twitterで都内のタピオカドリンクを飲んでいる人の定点観測によると、タピオカのブームは過ぎたんじゃないか?

とのツイートを見かけました。

原宿でタピオカのドリンクを飲んでいる人の割合は、だんだん減っているとのことです。

googleトレンドで見ても、タピオカの検索数は8月中旬くらいで、その先の検索需要は下がってるんですね。

なので、まだまだ注目はされてるものの、あとはだんだん需要も減っていって、ナタデココみたいに普通に食べられることはあるけど、そこまで人気でもなくなる。

って感じになるのかなと思って見ています。

インスタ映えをするので、インスタグラムでいい感じの写真をアップしたい人には引き続き人気なのかもしれませんね。

普通にタピオカのドリンクは美味しかったです。つぶつぶのモチモチ感は悪くないですね。

おしゃれなお店でいい気分になれた日曜日でした。



最近書いたお店レポートの記事。
今回、ご紹介したMaysDinerさんとは対極の雰囲気な男らしいお店です。
blog.shinichiromoriya.com

子育てでアドラー心理学を使いたいときにおすすめな本

アドラー心理学を知っていますか?

アドラー心理学の解説本として「嫌われる勇気」がベストセラーになりました。

「嫌われる勇気」はアドラー心理学を大人が使うことを意識して書かれた本だと思いますが、子育ての場合でもアドラー心理学の考え方を使うことができます。

今回、『アドラー式「しない」子育て』を読んでみて、アドラー心理学を子育てに活用する方法を学んだのでまとめてみます。

『アドラー式「しない」子育て』は、その名のとおり、普通だったらやってしまいそうなことを「しない」ことによって子育てをしていこうというものです。

今回は、いくつかある中で、3つの「しない」について学んだことをシェアしたいと思います。

子供を怒らない

まず最初は「怒らない」こと。

いきなり難易度高いですね(笑)

そもそも、なぜ「怒る」のか?

を考えてみると、

「子供にいうことを聞いてほしいから」

ですね。


普通に言っても子供がいうことを聞かないので、ついつい過去の経験から怒ってしまうのだと思います。

アドラー心理学では子供をコントロールしようとしないのだそうです。

こどもの心を親が変えようともしない。もっとも、人の心を変えることってできませんよね。


考えてみたら、子供に対して怒りをぶつけて、問題は解決したでしょうか?

結局、たいして聞いてなかったり、いったんはおとなしくなるけど、また言うことをきかなかったり。

そういうことが多くないですか?結局、怒ってもあんまり意味ないってことですね(笑)


アドラー心理学的には怒る代わりに「優しく、きっぱりと」した態度で、子供に提案するのだそうです。

提案の内容としては、

「現状のままでいますか?」「違う楽しいことをしますか?」をベースにします。

たしかに、子供を怒りたくなったときに、2択の提案をしてみることをやってみましたが、なんとなくやってほしくないことをやらないことが増えた気がします。

本当は怒りたくはないですからね。

「課題の分離」を意識して子供に介入しない

アドラー心理学の本を読むと、よく出てくる言葉に「課題の分離」があります。

起きていることが「誰の課題なのか?」を考えるのが「課題の分離」です。

例えば、「子供が宿題をやるかどうか?」これは、子供の課題です。

親はやらなくても困りませんからね。

「私は宿題をやってほしい」ということを伝えるのはOK。

でも、「宿題をやりなさい」というのはNGなのです。

子供の課題に親が介入すると、子供が本来自分でするべき課題をしなくなってしまう。

結局、自立ができなくなってしまうという理論なのです。

それじゃあ、将来子供が困るんじゃないか?

と思われるかもしれませんが・・・

例えば私の妻は、偏差値で考えるとかなり上の方にあたる国立大学を出ていますが、「勉強しない」と親に言われたことはないそうです。

私の妹は「勉強しなさい」と親によく言われていましたが、勉強はできない方でした。

私はまあまあ勉強はできる方でしたが、それでも親からの介入は多少なりともあったと思います。

親も「子供をちゃんとした大人に育てないといけない」という責任がありますから、介入したくなる気持ちはよくわかるんですよね。

でも、結局介入をすることで、子供が自立しずらくなっていくというのは、たしかにそういう面もあるのかなという気はします。

子供はほめない

「怒らない」「叱らない」ということは、ほめればいいのかな?

と思ってしまいますよね。

私も褒められると嬉しいし、わりと褒められて育ったような気がします。

でも、アドラー心理学では褒めるのも良いことだとみなさないんです。

なぜか?

ほめられて育った子供は、ほめる人がいなければ適切な行動をしなくなるのだそうです。

しかも、子供をほめるということは、子供を評価することであり、子供と親が対等な関係ではないということになるとアドラー心理学では考えます。

人間として対等であれば、叱る必要もほめる必要もない。

評価するのではなく、「楽しそうだね」「良かったね」と喜びの共有をしてあげるという考え方なんですね。

「すごいね!」「よくできたね!」と、ついつい褒めてしまいたくなりますが、アドラー心理学的にはこう考えるんだということも、頭に入れて子育てをしていきたいと思います。

アドラー心理学の子育て本

アドラー心理学を子育てに活かす本は以下の2冊を読んだことがあります。

今週読んだのは『アドラー式「しない」子育て』でしたが、『叱らない子育て』の方が解説は詳しいと感じました。

一方で、『アドラー式「しない」子育て』では、子供のライフスタイルという、子供のタイプに合わせた声のかけかたというのも紹介されていて、面白かったです。

また、「●●しない」という切り口から、アドラー心理学的に子育てを語っていくのも分かりやすいですね。


そして、大人向けのアドラー心理学の本としては、「嫌われる勇気」が大ベストセラーになりました。

第二弾の続編「幸せになる勇気」も良い本です。大人向けのアドラー心理学を学びたい場合は、この2冊はおすすめですね。


以前書いた、「嫌われる勇気」を紹介した記事はこちら。

「人は変わらないもの」ということを知ったら、ストレスが減るかもしれないという記事です。
blog.shinichiromoriya.com