モリヤ書房

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。書籍紹介記事多め。

「勝間式 超コントロール思考」を読んでまとめと感想を書いた

勝間和代さんの新刊「勝間式 超コントロール思考」を読みました。

いきなり驚いたのは表紙。これ、勝間さん本人ですよね・・・

なんか、すごく若くなったというか綺麗になったというか。

だいぶ昔とは印象が違った写真に見えます。

そして、内容もとても魅力的。

「仕事時間が1日4時間になる」「一生お金に困らなくなる」「人間関係の悩みから自由になる」

この3点だけでも、大抵の人は喉から手が出るほど欲しい結果ではないでしょうか。

私も、フリーランスという立場ではありますが、1日の仕事時間が4時間くらいだと「今日は4時間しか仕事ができなかったな。」とやれなかった感が残ってしまいます。

でも、本当は1日4時間くらいの実働時間で十分に仕事が成立する毎日だったら、それは理想だなと。

会社員の方の場合は、少なくとも会社にいる時間は仕事をしているので、1日4時間の仕事時間というのは、なかなか想像しにくいかもしれません。

それでも、本書は「仕事」「お金」「健康」「人間関係」「家事」「娯楽」の各分野でのコントロール思考が紹介されているので、いろんな立場の方に役立つはずです。

超コントロール思考とは何なのか?

そもそも「超コントロール思考」とは何でしょうか?

その定義は、本書の中にバッチリ書いてあります。

「自分も他人も大事にしつつ、時間やお金を効率的に使いながら、自分のイメージどおりに物事を進める方法」

これが、「超コントロール思考」の目指すところというわけです。

まさに、こういう生き方ができたらいいなと思ったので、それを実現すべく読み続けることにしました。

多岐の分野にわたって書かれている本ではありましたが、いくつか気になった箇所を紹介したいと思います。

ダニエル・ピンク氏の『When 完璧なタイミングを科学する』について

まずは仕事のコントロールについて。

仕事のコントロールは基本的にスケジュールを入れすぎず余裕を持ちつつ、効率化できるところは極限まで効率化していく。

というのが原則でした。細かなテクニックは色々ありますが音声入力はもう少し積極的に使うと楽になるのかなと感じました。

その中で、「タイミング」を変えることで効率化をする方法が興味深かったです。

勝間さんが翻訳した本でもありますが、ダニエル・ピンク氏の著書『When 完璧なタイミングを科学する』が紹介されていました。

そこで大切だと言われているのは、「何をやるか」より「いつやるか」ということ。

例えば作業効率を上げるためには基本的には、集中力が必要な仕事は午前中に行い、やや意志力が弱まってもできるルーティンワークを午後に行う、というのが最適なタイミングです。

これは聞いたことがあったのですが、もう1つ、

「集中力のやる気のピークが一日のうちでいつピークを迎えるか?」については個人差があるという話が興味深かったです。

「クロノタイプ」と呼ばれる理論ですが、このサイクルの個人差によって必ずしも午前中が集中できるとは限らないそうなのです。

私も「クロノタイプ」の話はTwitterでちらっと目にしたことはあるのですが、タイプ診断の検査をWEBで受けてみても、なんとなく「そうなのかな?」という感じてピンときませんでした。

1度、書籍などで深く知っておきたいところだと感じました。


「収入の8割以内で生活」が大前提

次にお金のコントロールについて。

収入の8割以内で生活して、残ったお金を長期投資にまわすということが推奨されていました。

収支をきっちり確認して、余計な出費はカットする。

でも、本当にお金を使うべきところには使う。

基本的ですが、ある程度の収入があるなら、それに見合った生活をしていけばお金は残るはずという話。

たしかに、お金が残らないのは稼ぐ金額が足りないのではなく、お金が残らない生活習慣をしてしまっているから。

という人は多いし、自分にも当てはまる部分はありそうです。

ちなみに、勝間さんの使っている携帯電話の料金体系として、

①電話を受けるための通話SIM:エキサイトモバイル

②電話をかけるための発信SIM:G-Call

③データ通信のためのSIM:FUJI Wifi

が紹介されていました。


このあたりは、

・自宅でWifiをどのくらい使うか?

・外出時にスマホでどのくらいネット接続をするか?

・電話をどのくらい使うか?

など、生活のスタイルによって、また時々の各社の料金プランによって最適な選択は違うはずです。

勝間さんの選択を参考にしつつ、自分の生活スタイルに合わせてお得に使えるプランを選ぶことで、適当に大手キャリアと契約するよりも大きな節約になることでしょう。

多くの人は、格安SIMを使った方が携帯料金を下げられるのではないでしょうか。

コントロールするのは自分

「勝間式 超コントロール思考」で一貫して伝えているのは、「自分自身をコントロールする」ことです。

決して、他人をコントロールするようなことは推奨していません。

自分をコントロールするためには、意志の力に頼らずなるべく習慣化していく。

そして、最新のテクノロジーや機器、最新の知識をアップデートしてより効率化を進めて自由に使えるお金と時間を増やしていく。

さらには、自分をコントロールをした先により深い幸せな状態が維持できるようにする。

そんな世界を見せてくれた1冊でした。


どちらかといえば、内向型の研究者肌の人におすすめですね。

外向型の人には、ちょっと窮屈に感じられるメソッドのような気がしました。

参考までにどうぞ。

→「勝間式 超コントロール思考」のKindle電子書籍版はこちら

落合陽一さんの日本進化論のまとめと感想

落合陽一さんの新刊「日本進化論」を読みました。

日本の人口減少社会、少子高齢化が進み年金や社会保障費の財源が不足してくる可能性が高い。

その課題にどう対処していくかというのは、大きな問題になっています。

というか、問題になっていることすら多くの人は認識していないように思えるのですが、実際は相当やばい状況だと思っていました。

そんな、日本の抱える問題を独自の視点から議論していくのが「日本進化論」の1冊でした。

ポリテックという考え方

本書の中で大きなテーマとなっていたのが「ポリテック」という考え方でした。

ポリテックとは「政治」を意味する「Politics」と技術を意味する「Technology」を掛け合わせた造語です。

この、「ポリテック」という考え方が、今の日本が抱えている様々な課題を乗り越えていくために必要だと落合陽一さんは考えているそうです。

冒頭の章では、落合陽一さんと小泉進次郎さんとの対談の中で、ポリテックに対する考え方が示されていました。

小泉進次郎さんは、人口減少を前提とした社会を作っていこうという提言を各所でされていた記憶があります。

それだけ現状の認識をしっかりされている政治家の方だとは思うのですが、「じゃあどうやって?」という部分は本書を見てもよく見えてこなかった部分はあります。

AIの活用によって人口が減っても労働力をカバーすることはできるかもしれません。

一方で、人口が減れば確実に消費は縮小していきます。企業の売上も国外に活路を求められる会社は良いと思いますが・・・

そうではない事業に関しては人口減少は悪影響しかありません。

テクノロジーによって、どれだけ変化に対応していけるかは興味深いところです。

落合陽一さんのようにテクノロジーの開発や活用ができる人、企業が民間からいろいろな企画を立てつつ、政治家の方にもテクノロジーに関する理解が深い人がもっと増えていくと良いですね。

「AI+BI」的な働き方お「AI+VC」的な働き方

未来における働き方を考えたときに、「ベーシックインカム」というキーワードが出てきます。

ベーシックインカムは、あらかじめ一定の金額を国民全員に配布しようという政策です。

これまで実施された政策で言ったら、地域振興券とか子ども手当のもっと充実したものというイメージですね。

AI・人工知能の普及によって職を失う人が増えた場合、その数があまりにも多い場合は政府の対策としてこのベーシックインカムが実現する可能性があるということです。

今までの常識だと、生活できるだけのお金を政府がばら撒いてしまったら、そもそも働く意欲がなくなってしまうのではないか?

といった懸念もあるとは思いますが、AIの普及によって仕事ができない人が増えた社会においては、昔の価値観とは大きく変わったものになるかもしれません。

そんなAIの発達した社会に残された仕事は、

「AI+BI」的な働き方と、「AI+VC」的な働き方だと落合陽一さんは予想します。

「AI+BI」的な働き方はベーシックインカムを受け取りながら、AIを使って比較的簡単な仕事をやっていくという生き方。

「AI+VC」的な働き方は、新しいテクノロジーを開発したり、開発された技術の活用方法を考えるような仕事をしていくこと。

この「AI+VC」の働き方ができる人は、AIの開発や活用についていくことができる難易度が高めかつハードワークになることが予想される仕事で、従事するのはごく少数の人になると予想されます。


「AI+BI」的な働き方に比べると、難しい「AI+VC」的な働き方の方が得られる報酬も多くなる可能性が高いです。

とはいえ、例えば今ある仕事だとユーチューバーなどは「AI+BI」寄りな働き方だと定義するそうです。

数は少ないものの、それなりの収入を得られる人も出てくる働き方ではあるので、テクノロジーを駆使したさまざまな働き方は注意深く見ておくと良いですね。

最近の働き方で言えば、Uber Eatsの配達なんかも、「AI+BI」寄りの働き方と言えそうです。

テクノロジーの進歩によってネット副業の種類もさまざまなものが登場してきています。

アンテナを立てて、新しく出てきたサービスや機能をどう活用していけるかを考えていくことが大切になりそうですね。

ニコニコ動画のタイムシフトで「平成最後の夏期講習」は視聴可能

「日本進化論」の内容は、ニコニコ生放送で行われた「平成最後の夏期講習」でのティスカッション内容をまとめたものだそうです。

それぞれの分野で「ポリテック」で解決案を見つけるために、

1、今までの分野の課題

2、今後の分野の課題

3、問題解決の指針 何をどうしたらいいか?

4、ポリ:政策的に解決するには?

5、テック:技術的に解決するには?

6、その分野の未来のビジョン

というフレームワークの元で議論を進めていったそうです。

このニコニコ生放送の様子は、今でもタイムシフトで公開されていて見ることができます。

blog.nicovideo.jp

本書の中でまとめきれなかったことも、ニコニコ生放送の中では話されていると思いますし、コメントによる視聴者の反応もニコニコ動画の中では見ることができます。

平成が終わる前に、「平成最後の夏期講習」の動画を見て、未来に向けて私達が何をしていけるかを考えていくのも良いかもしれませんね。

なお、ニコニコ生放送のタイムシフト視聴は「ニコニコ動画プレミアム」に加入していないと、見ることができないかと思います。

この機会に、プレミアム会員に登録して、タイムシフト視聴をしてみてはいかがでしょうか?

ニコニコ動画のプレミアム会員登録はこちらからできます。

↓ ↓ ↓



翔泳社&幻冬舎のKindle本セール情報

この2社はKindle本のセールよくやってるなーと思うのですが、お得なので今回も紹介します。

AmazonのKindleコーナーにて行われているセール。

2/15までは翔泳社の電子書籍1000点以上が50%OFF。

2/21までは幻冬舎の電子書籍3700点以上が最大で70%OFF。

電子書籍なので注文したらすぐに読み始めることができます。

三連休のお供に最適ですね!

私が持ってる本もいくつかあるので、この機会に紹介したいと思います。

【翔泳社の注目書籍ベスト3】

翔泳社の本はパソコンやインターネットに関する本が多いです。

とはいえ、非IT本の中にも骨太の書籍がありますので注目です。

個人的にもっとも注目なのがこちら

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

売れ筋ランキングの中でも特に上位にある1冊。

読んだことなかったのですが、この機会に買いました。

「日本の現場」に寄り添った、アジャイル開発の実践!
現場のストーリーで、開発の神髄を学ぼう

【本書の特徴】
・現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる
・1人でも始められる業務改善の手法から、チームマネジメントの手法まで解説
・日本の現場を前提にしているので、実践しやすい
・アジャイルをこれから始める人だけでなく、もっとうまく実践したい人にも最適

とのことですので、基本的にはエンジニア向けの本のようですが、そうではない業種にも使えそうで面白そうです。

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

これは前に読んだことある本なのですが、「デジタルマーケティングやるぞ!」というモチベーションが非常に上がる1冊でした。

ウェブマーケティングの全体像も学べるので、企業のWEB担当などの人は必読です。

私の書いた感想記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com

「デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法」のKindle版はこちら

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

こちらはデジタルマーケティングの中でも、特に「Facebook広告」について書かれた1冊。

具体的な取り組み方が書いてあって勉強になりました。

私の書いたまとめ記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com

だいぶFacebook広告に参入する人も増えてきていると思いますが、だからこそ適当に広告を出していたら、なかなか採算がとれない可能性もあります。

効率の良い広告運用方法を学んだ上で、実際に使っていきましょう。

インフルエンサーを目指したり、検索エンジンからの集客を目指すのも魅力的ですが・・・

実は広告でまわるビジネスモデルを作っていくのは、かなり安定する良いビジネスモデルです。

→「Facebook広告運用ガイド」のKindle版はこちら

【幻冬舎のおすすめ書籍】

幻冬舎の本は時代の最先端を行く本や、人気の著者の本が多いなと感じます。

何冊か持っているので、これはという本をいくつか紹介します。

メモの魔力 -The Magic of Memos-

前田裕二さんの人気の本ですが、もう割引になってるんですね^^;

私は余裕で定価で買ってしまいました。とても熱い1冊だし何度も読みたいと感じる1冊です。

メモと向き合うことでインプット力が強化できるし、自分自身と向き合う手段としてもメモは最適のツールです。

→「メモの魔力」のKindle版はこちら

ブログに書いた感想はこちら。
blog.shinichiromoriya.com

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

キングコングの西野さんの代表作。

なんと73%オフになっています。

西野さんのアイデアや考え方がまとまっている貴重な1冊です。

→「革命のファンファーレ」のKindle版はこちら

多動力

こちらはホリエモンこと堀江貴文さんの代表作ですね。

一般人から見たら、「電話には出るな」とか、結構過激だと思われる発言もあります。

タイプによっては、この本の通りに行動すると苦しくなってしまう人もいるかと思いますが、このエネルギーが良い刺激になる人もいるでしょう。

必要に応じて使っていくといいと思います。

→「多動力」のKindle版はこちら


私の感想記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com

お金2.0

メタップスの佐藤航陽さんによる、お金に対する考え方などが注目の1冊。

お金とは何か?お金に変わる価値観は今後どのようなものが現れる可能性があるのか?

といったことが学べて興味深いです。

私の書いた「お金2.0」の感想記事はこちら
blog.shinichiromoriya.com

→ 「お金2.0」のKindle版はこちら


ほかにもセールで安くなっている本がたくさんあります。

この機会にぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに、Kindleはアプリを導入すればスマホやPCから読むことができます。

専用のタブレットは必要ないですので、ご安心ください。

とはいえ、専用のタブレットがあると効率良いことは間違いなので必要なら適宜使うと良いと思います。

私はFire7タブレットを使っていますが快適です。