フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

沈黙のWebライティングをブロガーが読むべき理由

昨日、紹介をした「沈黙のWebマーケティング」の続編となる、「沈黙のWebライティング」を読みました。

一見すると「沈黙のWebライティング」は企業のWeb担当者や中小企業の社長さんが読むような内容かな?とも思える内容です。

しかし、私はこの本は個人のブロガーも、読むべきだなと感じました。

個人のブロガーというのは、ここではブログを使って集客をしてアフィリエイトをしたり自分の商品の販売につなげたい目的がある人のことを想定します。

なぜ、「沈黙のWebライティング」を個人のブロガーが読むべきなのか?

それは、本書が伝えている内容が、まさにブログにアクセスを増やして収益化していくための本質を突いているからです。

具体的に書かれている内容としては、
・検索意図を考えたコンテンツづくり
・USPを活かしたコンテンツづくり
・わかりやすい文章を書く方法
・論理的思考と感情の両方に訴えかけるライティング
・オウンドメディアの作成について
・インタビューとライター育成について
・バズにつながるコンテンツ作成

が主なテーマになっています。

これって、個人のブロガーであっても、大切なことばかりなんです。

ブログに新規のアクセスが来る経路というのは、基本的に検索エンジン経由かSNS経由のどちらかになります。

あとは、新規に来た人がまた訪問してくれるリピーターにすることも大切です。

そのために必要となる要素が「沈黙のWebライティング」には詰まっています。
まさに、それは個人のブロガーさんが必要とすることなんです。

ブロガーにとってのUSPとは?

USPとは「Unique Selling Proposition」の略で、ほかにはない独自の強みのことをいいます。

「USPを活かしたコンテンツづくり」に関しては「沈黙のWebライティング」の第2章で扱われているのですが、十分な収益をあげているブログには、ほかのブログにはない独自のUSPがあります。

例えば、なにかの機会に参照されるようなコンテンツを持っているブログってありますよね?

「●●のことを知りたかったらこのページ or このブログを見ればいい」

と多くの人に認識されるようなコンテンツを持っているブロガーさんには、USPがあると言えます。

あるいは、特別な経歴があったり、特別な経験をしている人が運営しているブログは、そのブロガーさん自身がUSPになっていると言えます。

とあるブロガーさんがおすすめしていた1冊

たしかに、凄く役立つブログ集客やWebライティングに関するノウハウを、無料で提供してくれている人もいます。

あえて、この本で学ぶ必要があるのか?

と思われるかもしれません。


それでも私は、「沈黙のWebライティング」を読んで活用していくことをおすすめします。

というのも、実際にうまくいっているブロガーの方で「沈黙のWebライティングを読んでブログの書き方が大きく変わって稼げるようになった。」と言っている人がいたからです。

私も実はその言葉を聞いて読んでみることにしたのです。

そして、実際に読んでみて「これは本当に使えそうだ!」と思ったから紹介することにしました。

そもそも「ライティング」だけを扱っている本ではないんですよね。

検索意図を考えることや、USPを明確にすることなんて、ライティング以前の本当に本質的なところです。

書く前に考える必要があるところ。

でも、それを考えるからこそ効果的なライティングができるし、具体的なライティングの話についても、わかりやすく書くコツから、人の心を動かすWebライティングまで扱われています。

しっかり実践すれば元はすぐに取れそうです。

ブログを使って収益を生み出すブロガーになりたい!

と思っているなら、ぜひ「沈黙のWebライティング」を読んでみてください。

↓ ↓ ↓

前作の「沈黙のWebマーケティング」も合わせて読んでみると、役立つこと間違いなし!

前作に関して書いた記事はこちら。

blog.shinichiromoriya.com

ブログにアクセスを流す起点として、Twitterを育てておくことはおおいに役立ちますので、合わせて読んでみてください。