フリーランスWebマーケッターの日常

大学卒業後、一度も就職することなくフリーランスになったWebマーケッターである私が日々学んだこと、考えたこと、伝えたいことをシェアします。

なかなか辞められないスマホゲームを完全に卒業する方法

子供の頃からゲームが大好きでした。
ドラクエとかファイナルファンタジーとかポケモンとか、いわゆるRPGが好きだったのですが、大人になってからはゲームからは自然と離れていました。

そんな中、ひょんなきっかけでスマホゲームにハマってしまいました。

妹が楽しそうに遊んでいた、「魔法使いと黒猫のウィズ」というクイズ形式のスマホゲーム。
f:id:moriya-shinichiro:20180421093231p:plain

これが、やってみたらついついハマって、気がついたら先に始めた妹よりはるかに高いレベルになるほどでした。

毎日、少なくとも1時間はやってたと思いますし、長いときには1日何時間もやってたこともあったんじゃないかと思います。
2、3年くらいやってたのかな。

いつまでたっても終わりがないのが、スマホゲームの恐ろしいところです。

やってるときは楽しいんですけど、結局ゲームに費やした時間って、その時間をなにかほかのことに使ったほうが有益だなと今では思います。

時間だけではなくお金も使ってしまう

時間のムダだけでなく、ほとんどのスマホゲームはついつい課金したくなるようなしかけがしてあるので、お金も使ってしまうかもしれません。

私も月に数千円ペースで使ってました(笑)

積もり積もって数万円は使ってると思いますし、バカになりません。
使う人だと毎月10万円以上とか使う人もいるし、気持ちは分からないでもない。

そんなふうに、その場限りの楽しみを感じつつ、結局は自分のお金と時間を無駄に使ってしまっていたという後悔がいまではあります。

電車に乗れば、ずっとスマホゲームをしてる人はたくさんいるので、別に特別なことではなかったのかもしれません。

でも、個人的にはこの状態は、絶対良くないなって思いながら抜け出せなくなっていました。

その場限りは楽しいかもしれないけど、別に心からやりたくて、ゲームをやってるわけではなかった。

ついついやりたくなる仕掛けにハマってしまって、やってしまう状況の人も多いのではないでしょうか。

そこで、私がスマホゲームから完全に卒業できた方法をお伝えします。

スマホでゲーム→スマホで英語の勉強に置き換え

実は、スマホゲームを辞めることができたのは偶然でした。
別に辞めようと思って、辞めたわけではないんです。

仕事で1年に1回くらいですが、英語を使って会話をする機会があって、やっぱり英語がある程度使えないと困るなってそのときは感じます。

だから、英語を真面目に勉強しなきゃと思って、電車の中でスマホを使って英語の勉強をし始めたことがありました。

それまでは電車の中ではスマホゲームをしてたんですが、そのときはほとんど英語の勉強に切り替えることができたのです。

その結果、気がついたらスマホゲームをまったくやらなくなっていました!

あとになって、習慣化の本を読んで気がついたのですが、習慣の置き換えをすることによって、無理なくゲームを辞めてほかのことをすることができていたのです。

残念なことに、英語の勉強には挫折しまして(笑)
英語力は上がることがなく今に至るのですが、スマホゲームをする習慣はスマホを使った英語の勉強を辞めても、戻ってくることはありませんでした。

スマホゲームの習慣を辞めてどうなったか?

スマホゲームに費やしていた時間とお金を毎月別のことに使うことができるようになりました。

特に時間の使い方が変わったのは大きかったですね。

その分、自分の成長に使ったり、家族との時間がより充実するようになりました。

そして何よりも、「スマホゲームにハマっている時間をムダにしている自分」という自己認識から抜け出せたことは、大きな自信と充実感につながりました。

やっぱり、この気持ちの変化って、長い目で見たら人生がすごく明るくなると思うんですよね。

そう考えると、英語力こそ身につかなかったですが、あのとき英語の勉強を始めて、スマホゲームを辞めることができて本当に良かったです。

辞めたい習慣がある方へ

もし、あなたがスマホゲームにハマってしまっていて、でも実はそんなにすごくやりたいわけではないんだけど、ついついやってしまっている。

そんなときは、スマホを使ってなにかゲーム以外のことをやってみる習慣を持つと良いかもしれません。

ちなみに、私は偶然スマホでのゲームを英語の勉強に置き換えるテクニックを使っていましたが、悪い習慣を辞めるテクニックはほかにもいくつかあります。

そんな、悪い習慣の辞め方が古川武士さんの「やめる習慣」という本の中で紹介されています。

スマホゲームに限らず、なにか辞めたい習慣があるなら、「やめる習慣」は悪い習慣を断ち切るヒントになることでしょう。

悪い習慣を辞めてから良い習慣を

スマホゲームを辞めて時間を作ることができたので、その後は良い習慣を1つ1つ身につけるようにしています。

悪い習慣を残したまま良い習慣を身につけようとしても、どうしても時間がなかったり、心に余裕がなかったりしてうまくいきません。

ゲームを辞めた時間で勉強をしたり、新しい仕事に挑戦したり、それこそこのブログも更新を再開して記事を書く時間が作れたり。
と、少しずつ良い方向に進んでいる気がします。

今後も自分自身をゲームのようにレベルアップさせていけたらと思います。
きっと長い目で見たら、その方が楽しいです。