陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

「窓から飛び降りろ」って言われてた悪ガキは昔もいた

少し前にニュースで話題になっていた、教師が「窓から飛び降りろ」と生徒に向かって言ったことで事件になった話。

 

すずかけさんのこちらの記事

blog.edunote.jp

 

で話題にされていたので、そういえば私が小学生のときも「窓から飛び降りろ」って言われてた悪ガキがいたなって思い出しました。

 

小学3年生か4年生くらいだったかな。

 

前後の文脈としては、先生に注意された子供が●●君に言われたからやりました!」って言い訳をしていて、それを聞いた先生が、

 

「人に言われたことは、何でもやるのか?じゃあ、先生が窓から飛び降りろって言ったら飛び降りるのか?飛び降りてみろ!」

 

みたいな流れになった気がする。

 

要は、人に言われたことを鵜呑みにして何でもやっていいわけじゃない。

自分の意志で、良いと思うことを行動して、良くないと思ったことは言われたことであっても断る勇気を持ってほしい。

 

それを当時、先生は伝えたかったんだろうと思います。

 

「飛び降りてみろ」だけを切り取ったら、そりゃあとんでもない事件になってしまいます。

 

実際のところ、このニュースで取り上げられている学校がどうだったのか知らないので、何とも言えないですけど。

 

しかし、この記事を書いたすずかけさん、本当に優秀な先生だなとブログを見ていてつくづく思います。

 

すずかけさんのことはこの記事

blog.edunote.jp

 

で知って、凄い先生がいるもんだと思ったのですが、今回の記事での「飛び降りろ」の事件に対する考察。

 

そして、自身の経験での「学年で一番のやんちゃ君」をどうしたのかという話。こんな先生ばかりではないだろうなぁ。

 

って思いました。それとも、私が子供の頃も先生は裏でそういうコミュニケーションを保護者の方々と、とっていたのかな?

 

ほんと、自分の子供も小学生になったら、すずかけさんみたいな先生が担任だったらいいよなぁと思えてきました。