陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

読書

情報を活かす力

池上彰さんの「情報を活かす力」を読んだ。 一通り読み終わった感想はテレビ・新聞をずいぶん推してるなー ってところ。テレビや新聞を見る時間は数年前と比べるとかなり減った。 実家にいた頃は家で新聞を定期購読していたし、テレビも食事のときなどには見…

生産性 伊賀泰代著の感想

数ヶ月積読されていた伊賀泰代さんの「生産性」を読了。 マッキンゼー出身のキャリア形成コンサルタントである伊賀さん。 お名前を検索すると、なぜか人気ブロガーの「ちきりん」さんのお名前が。 どういうお関係の2人なんでしょうね?(笑) さて、この「…

超一流になるのは才能か努力か?

おすすめされたので「超一流になるのは才能か努力か?」(アンダース エリクソン , ロバート プール 著 文藝春秋)を読んでみた。 一言で言えば、才能ではなく努力が大切ですよということ。 ただし、単に努力をすればいいというわけではなくて適切な努力をし…

ホリエモンが語る教養の大切さ

「新世代CEOの本棚」の本棚が予想以上に面白い。 堀江貴文さん、森川亮さん、朝倉祐介さん、佐藤航陽さんなどなど、今をときめく若手のCEOたちが読書で学んだこと、そこから来る自分自身の経営やビジネスに対するスタンスを語っている。 あまり知らない人も…

革新的な会社の質問力

今年の4月くらいに、マツダミヒロさんのメルマガの中で絶賛されていて、Amazon総合ランキングでも上位になっていたと思います。 しつもんコンサルタントの河田真誠さんの著書。「しつもんコンサルタント」って何だ?という疑問と、おそらくマツダミヒロさん…

君主論とは?君主論の5つの要点を22ページのマンガからまとめてみた

まんがで読破シリーズを読むと、難解だったり、面白くなかったりして読み進めるのが難しい古典でもスンナリ理解できると聞いて、「まんがで読破君主論」を読んでみました。 君主論はニコロ・マキアヴェッリ(イタリア)が書いた政治学の著作です。 ちょうど…

「脳を本気」にさせる究極の勉強法

昨日に引き続き、文響社の書籍をレビュー。 今回読んだのは16万人の『脳画像を見てきた脳医学者が教える「脳を本気」にさせる究極の勉強法』(瀧 靖之著) 前作『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』は10万部を超えるベ…

ステージを上げるSNS絶対6ルール

文響社という出版社に最近注目しています。 あまり聞いたことのない人もいるかもしれないけど、「うんこ漢字ドリル」を作った出版社だと言えば、「あそこか!?」と思い出す方もいるかもしれません(笑) うんこ漢字ドリルだけでなく、ビジネス書も文響社か…

頑張らずにスッパリやめられる禁煙

川井治之さんの著書「頑張らずにスッパリやめられる禁煙(サンマーク出版)」を読み終えました。 私は1度もタバコは吸ったことないのですが、川井さんとは8年前にとあるセミナーでお会いして、お互い出版を目指しているという状況でした。 幸運にも私はその…

ビジネスも人間関係もうまくいく成功のポジショニング

小楠健志さんの新刊「ビジネスも人間関係もうまくいく成功のポジショニング」を読みました。 ウェルスダイナミクスのつながりでお会いして、たまにお会いしたりメッセージのやりとりなどしている小楠さん。 小楠さんはウェルスダイナミクスのタイプ診断で言…

3つの原理を読んでの感想

ローレンス・トーブ氏の「3つの原理」を読みました。監訳は神田昌典さん。 神田さんの書籍は結構読んでいますが、お恥ずかしながらこの本のことは知りませんでした。 「儒教圏ブロック」という言葉は、どこかの神田昌典さんの本で出てきた記憶はあります。…

人生は楽しいかい?

人生は楽しいかい?ゲオルギー・システマスキー (著), 北川貴英 (監修)をAudibleで視聴しました。 Amazonプライムなので3ヶ月、オーディオ本を無料で聴き放題。 聴ききれないくらい興味深いオーディオ本がたくさんあります。 「人生は楽しいかい?」もそのう…

習慣化に必要な期間は21日なのか?

このブログの更新を再開して7日目。 勉強したこと、経験したことのアウトプットをする雑記ブログを書こうと思って開始。 書評を続けていましたが、書評ブログというわけではありません。 ただ、本を読んだらできる限りレビューは書こうと思います。 この7日…

2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版 古川武士著 感想

習慣化コンサルタント古川武士さんの最新刊「2割に集中して結果を出す習慣術」を読みました。 古川さんと言えば、「30日で人生を変える「続ける」習慣」が多分1番有名ですね。ほかにも習慣化をテーマにした本をたくさん出されています。 「2割に集中して結果…

多動力の感想

ホリエモンこと堀江貴文さんの新刊「多動力」は読んで字のごとく、行動することの大切さを伝えている1冊。 そもそも多動力とは何か?それは本書のまえがきに書かれています。 「いくつもの異なることを同時にこなす力」 ウェルスダイナミクスで言えば、ダイ…

半径5メートルの野望の感想

はあちゅうさんの「半径5メートルの野望」をAudibleで聴いた。 Audible、Amazonプライムだと3ヶ月無料でお試しできるそうなのですが、良いですね!結構、有名な本や良い本を無料で聴くことができます。 Amazonプライムではない方も1ヶ月無料でお試しできるの…

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教えの感想

先日参加した読書会にておすすめされた本の1つに「夢をかなえるゾウ」があった。 この本の名前はそれほど本好きではない方でも、聞いたことがある人も多いのではと思う。ミリオンセラーとなった自己啓発書です。水野敬也さんという方が書いた本になります。 …

マネーの公理 リスクを取ってエキサイティングな人生を!

今週はとある読書会に参加して、面白い本をたくさん知ることができた。 たくさん注文したので読むのが大変です! まずは1冊目、「マネーの公理」を読み終えました。 この本、Kindle版を注文したのですが、ポイント還元率が高いので実質約半額で買えます。ス…

自分に暗示をかけると、いいことが起きる

サンマーク出版から発売されている、「自分に暗示をかけると、いいことが起きる」を読んだ。 内容は自己催眠をテーマにしたものだった。 催眠かぁ・・・と思ったけど、たまにはこういうのもいいかなと思って読んでみることにした。 サンマーク出版の本は結構…

201冊目で私が一番伝えたかったこと

苫米地英人さんの「201冊目で私が一番伝えたかったこと」を読んだ。 苫米地さんの本はこれまでにも何冊か読んできたけど、真理をついているように思えます。 まさか、これまで200冊もの本を出しているとは思わなかったですが、たしかにそのくらいは出してい…

スキマ時間の活用で本を読む

先月、樺沢紫苑さんの「読んだら忘れない読書術」を読んで読書をするモチベーションが凄くわいた。 これまでも、本を読むこと自体は好きだし読んできたつもりではあった。 でも、実際のところは読んだだけで内容をすぐ忘れてしまうことも多かった。 ビジネス…

こもる力

「こもる力」というインパクトのあるタイトルの本を読んだ。 市村よしなりさんの本で、市村さんとはお会いしたこともあったのですが、この本を出していたことは存じておりませんでした。 見るからに内向的な人向けっぽい本だなと思いましたが、まさにそうい…

習慣化の不安定期

本日でブログ更新7日目。 『30日で人生を変える「続ける」習慣』によると、明日から習慣化の不安定期に入ります。 これまでの7日間は、内容にはこだわらず、とにかく「続ける」ことを第一に考えてきました。8日目以降は、内容にも意識を向けつつ継続す…

3日坊主にならない方法

ブログを1ヶ月毎日書くと宣言して4日目。 もうすぐ日付が変わりそうです。 このまま更新できないと3日坊主になってしまいます。 3日坊主っていうのは、あまり良い響きではありませんし、せっかく続けたいと思って始めた習慣はずっと続けていきたいですよ…