陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

億万長者の秘密をきみに教えよう!

ウェルスダイナミクス読書会に参加してきました。

スタッフですが、ほとんど参加者のような形で皆さんに混じって勉強させていただきました。

 

講師は平尾岳士さん。しつもん読書会プロデューサー &マスタートレーナーであり、ウェルスダイナミクスは私と同じロードのプロファイルの方です。

 

「しつもん読書会」と呼ばれる、マツダミヒロさんが考案した方式の読書会として今回、企画されました。

 

読書会のテーマになった本はウェルスダイナミクスを作ったロジャー・ハミルトンの著書「億万長者の秘密をきみに教えよう!」。

 

なかなかどぎついタイトルなんですが、書いていあることはとても柔らかい感じで、だけど凄く深いことが書いてあります。成功法則を小学生にも分かるくらいに簡単に物語風に伝えてるんですね。

 

ウェルスダイナミクスは適性診断のテストなのですが、この本の中には診断テストは一切出てきません。しかし、ウェルスダイナミクスの根底にある考え方はおおいに本書の中で表現されています。

 

普通に読んでも、真意を読み取ることがなかなか難しいのがこの本なのですが、しつもん読書会の手法を使うと、自分に必要なメッセージをすっと本の中から取り出すような体験ができて不思議でした。

 

本を全部読んでいるわけではないし、速読という感じでもないのですが目的を持って本に向かい、十分に準備をしてから必要なキーワードや学びを本の中からまさに「取り出している」という感覚。

 

本当に、分かりやすいビジネス書であればこの読書会の方法を使うと、とても効率良く必要なことを吸収できるのではないかと思います。

 

私にとって、「億万長者の秘密を君に教えよう!」という本は「5つ星の人生」の生き方を教えてくれる本だということを感じ取れました。

 

「学んだことを書き、実行し、復習する」「極め続ける人になる」「自分のために時間を投資する」「オンとオフのバランスを考える」「選んだことに集中する」などのキーワードが浮かんできて、それが「5つ星の人生」を生きていくためのヒントになりそうです。

 

学んだことを実際に行動してみて、それをやり続けていくというシンプルなことが「億万長者の秘密」なのかもしれない。

 

そして、その決めたことをやり続けるためには、毎日時間を決めて実践し、そのフィードバックを振り返りをして行っていくという、PDCAサイクルをまわしていくことが私にとっては大切なことなのだと思います。

 

PDCAサイクルをまわしていくことは、たしかに私にとってはこれまで挫折してきた大きな課題です。ですが、それができないとなかなか安定して成果をあげることは難しいようにも感じます。

 

取り組むべき分野を決めて、その分野のことを学ぶというのはすでに始めていることではありますが、そこで行動量を一段と増やし、さらに取り入れたことで良いことはずっとやり続けて効果のないことは辞める。

 

その繰り返しなんだなと思います。

 

なかなか昼寝しない子供の寝かしつけに成功した方法

昨日は子供が熱を出してしまい、保育園を休ませました。

熱はあるし咳や鼻水は出るんだけど、元気いっぱい。

 

午前中は妻に任せていましたが、午後から出かけるということで私がおもりをすることに。仕事できねー。もっとも、こういうときに対応できるのが自宅で仕事ができる良いところなんですけど。

  

うちの子は保育園では毎日お昼寝しているみたいだけど、家にいるときはなかなか寝ないことが多い気がします。

 

昨日も例によって寝ませんでした。

テレビでYouTubeを見るのが大好きで、やれトーマスだアンパンマンだドラえもんだ電車だと、いろんなものを見たいと要求してくる2歳児。

 

そろそろ寝てほしーなーと思って、こんなオルゴール動画をYouTubeで見つけて流しつつ寝かしつけてみました。すると・・・

www.youtube.com

 

寝たーーー!!!

 

見事にグッスリお昼寝してくれました。

良かった良かった。

 

そのまま3時間くらい熟睡です。ちょっと長くない?

って思いましたが、風邪ひいてるんだから、寝たほうがいいかって思いそのままです。

締切が近い仕事にも着手して終えることができました。(ほっ)

 

すっかり熱も下がって今日は保育園に行ってくれました。

保育園の検温で37度ありましたが、元気そうだったし大丈夫でしょうということでした。

 

YouTubeのオルゴール動画は、凄い威力ですね。

たまたま、昨日は効いただけかな。

 

でも、実家に連れて行ったときに母親が「ゆりかごの歌」を歌いながら寝かしつけしたら、やっぱり寝てくれたので子守唄って効くもんなんですね。

 

そして夜・・・

 

お昼寝をたくさんしたからか、目が冴えてなかなか寝てくれず、夜中の12時まで遊びに付き合わされました(笑)

 

もう遊ぶのが楽しくて仕方ない感じです。元気なのは嬉しいのですが、もはや夜はほとんど仕事になりません。夜に仕事をしなくても良いようなスケジューリングを考えないと本気でやばいなと感じています。

 

子供と一緒に早く寝てしまって、朝早く起きて自分の活動をしていくのが健康的にもパフォーマンス的にも良さそうな感じがします。

 

30分で寝てくれるという「おやすみロジャー」を読んでみても、まったく興味持たず。これはもう少し大きい子向けなのか、うちの子には効かないのか。

 

この本を読むと、さくっと寝てくれる子もいるようなので、試してみる価値はあるんだと思いますが今のところうちの子には効かないですね。

 

何が「たった10分で、寝かしつけ!」だって感じです(笑)

Amazonのレビューでも効かないというレビューが結構多い。

人それぞれなのかなぁ。

 

夜にYouTubeをつけるのも、あんまり良くないのかなと思ったのですが、オルゴール動画で子守唄作戦を夜も試してみようかなと思いました。

 

 

WBSでVALU特集

テレビ東京のワールドビジネスサテライトにてVALUの特集をやっていましたね。

 

VALU以外にもメルカリの新機能とかアメリカと北朝鮮の問題とかもやってましたけど、VALUの話はわりとメインでした。

 

VALUにがっつりハマっている私としては、そこ違うんだけどなー

って感じたところもありましたが、おおむね分かりやすく解説されていて、VALUの認知度がこれによって上がって、参加者が増えていったらそれは良いことだなと思いました。

 

印象に残った点をいくつかまとめると・・・

 

1、個人投資家の方へのインタビュー

20万円ほどお金を突っ込んでVALUにハマっている個人投資家の人へのインタビュー。今後伸びそうな人への青田買いをしているという話。投資家の投資として20万円はそれほど多くない金額だと思うけど、VALUに突っ込んでる金額としてはまずまず大きい金額なのかなと思いました。

 

単に利益を狙うだけでなく、優待によって貴重な体験ができるという話も。

 

2、堀江貴文さんへのインタビュー

VALUの立ち上げにも関わったという堀江さんへのインタビューもされていました。これまでの概念を変える素晴らしいサービスにVALUはなり得るという、とても前向きな話でした。

 

3、VALU本社の訪問

VALU本社を訪問して小川社長にインタビューをしている様子も。

VALUの本社は渋谷にあったんですね。

自分自身が会社員からフリーランスになったときに大変だったので、そういう状況の人を救いたいという理念からVALUを開始したという話でした。

 

4、麻生財務大臣のVALUに対するコメント

「消費者保護」と「新しい産業の育成」を両方考えないといけないというコメント。少し前にニュースになったことそのまま。バランスの良いコメントですね。

 

5、YouTuberの人たちが引き起こした問題について

今後を期待させる発言をしておきながら、全部のVALUを売り逃げして問題になったという話。

売り逃げじゃなくて全放出なんだけど、そのへんの細かい話を仕組みを知らない人にしても仕方ないので、この説明でもやむなしかという感じ。

 

 

全体を通して良いところも悪いところも解説された感じだったけど、ビジネスマン向けの番組としては、中立の立場で客観的な報道をしたという意味で良い番組だったと思う。

 

 

 

私も自分のVALUを公開しています。

時価総額1億円超え。トップ1%には入ってるかな?

今後も価値を高めていきます。

valu.is